ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 

~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行<動員>ランキング(2020 7/25 - 7/26)

 「今日から俺は!!劇場版」が2週連続で首位を獲得! 「コンフィデンスマンJP~」が2位でスタートなど新作3本がランクイン。(7月25日 - 7月26日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
▽順位/作品題▽作品情報・コメント

1位 今日から俺は!!劇場版









公開日: 2020年7月17日(金)


[(1)] 2週連続1位に輝いた。 土日2日間で動員38万9000人、興収4億9600万円をあげている。 累計では動員161万人、興収20億円を突破した。

 卑怯者だが仲間思いの三橋と、曲がったことは許せない正義感の強い伊藤のツッパリコンビの活躍を、映画ならではのスケールで描く青春ドラマ。 金髪とトンガリ頭のツッパリコンビが巻き起こす騒動を描いた西森博之の伝説の“ツッパリ漫画”『今日から俺は!! 』を福田雄一監督の演出・脚本で新たに実写映画化。 原作でも人気の高いエピソード[北根壊(ほくねい)編]が描かれる。 2018年に放送されて人気を博したテレビドラマ「今日から俺は!! 」の映画版。 “どんな手を使っても勝てばいい”が信条の三橋貴志役の賀来賢人、相棒・伊藤真司役の伊藤健太郎をはじめ、清野菜名、橋本環奈らドラマ版のキャスト18名が続投するほか、柳楽優弥、山本舞香、泉澤祐希、栄信が新たに出演する。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:114分

【スタッフ・ キャスト】
 脚本・監督:福田雄一  出演:賀来賢人(三橋貴志)、伊藤健太郎(伊藤真司)、清野菜名(赤坂理子)、橋本環奈(早川京子)、仲野太賀(今井勝俊)、矢本悠馬(谷川安夫)、若月佑美(川崎明美)、柳楽優弥(柳鋭次)、山本舞香(森川涼子)、泉澤祐希(森川悟)、栄信(大嶽重弘)、柾木玲弥(佐川直也)、じろう(坂本先生)、長谷川忍(反町先生)、猪塚健太(水谷先生)、愛原実花(山口先生)、鈴木伸之(片桐智司)、磯村勇斗(相良猛)、ムロツヨシ(椋木先生)、瀬奈じゅん(三橋愛美)、佐藤二朗(赤坂哲夫)、吉田鋼太郎(三橋一郎)ほか。

【あらすじ】
 1980年代、軟葉高校への転校を機に金髪にイメチェンした三橋貴志(賀来賢人)は、同じ日に転校してきたトンガリ頭の伊藤真司(伊藤健太郎)と出会う。 周囲の不良たちに目を付けられるが、ひょんなことから意気投合した二人は手を組み、次々に立ちはだかる強敵をたたきのめす。 あるとき、かつて大ゲンカした開久高校の一角に極悪な北根壊高校が間借りする…。

2位 コンフィデンスマンJP プリンセス編









公開日: 2001年7月23日(木)


[(-) NEW!!] 初登場2位にランクイン。 土日2日間で動員28万6000人、興収4億500万円をあげた。 初日から4日間の累計では動員64万8000人、興収9億1200万円をあげ、前作を上回るヒットスタートを切っている。

 香港でし烈なだまし合いを繰り広げた詐欺師たちが、大富豪一族が抱える遺産を狙うサスペンス・コメディ。 世界有数の大富豪の莫大な遺産をめぐり、お馴染みのダー子、ボクちゃん、リチャードの詐欺師トリオが、華麗なコンゲームを仕掛けていく様を描く。 人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾。 テレビシリーズの演出・監督を務めてきた田中亮がメガホンを取る。 ダー子、ボクちゃん、リチャードを演じる長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のほか、竹内結子、江口洋介、広末涼子らシリーズに登場した面々に加え、ビビアン・スー、北大路欣也、デヴィ・スカルノらが新たに出演する。 マレーシアのランカウイ島での海外ロケ、豪華ゲストの出演など見どころ満載。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:124分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:田中亮  出演:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小手伸也(五十嵐)、小日向文世(リチャード)、織田梨沙(モナコ)、関水渚(コックリ)、瀧川英次(ちょび髭)、前田敦子(鈴木さん)、ビビアン・スー(ブリジット・フウ)、白濱亜嵐(アンドリュウ・フウ)、古川雄大(クリストファー・フウ)、滝藤賢一(ホテルの支配人)、濱田岳(ユージーン)、濱田マリ(ヤマンバ)、デヴィ・スカルノ(元某国大統領夫人)、石黒賢(城ケ崎善三)、生瀬勝久(ホー・ナムシェン)、柴田恭兵(トニー・ティン)、北大路欣也(レイモンド・フウ)、竹内結子(スタア)、三浦春馬(ジェシー)、広末涼子(韮山波子)、江口洋介(赤星栄介)ほか。

【あらすじ】
 世界屈指の大富豪として知られるレイモンド・フウ(北大路欣也)が逝去し、彼の子供たちのブリジット(ビビアン・スー)、クリストファー(古川雄大)、アンドリュー(白濱亜嵐)が遺産をめぐってにらみ合うが、相続人として発表されたのは所在のわからない隠し子のミシェル・フウだった。 すると、10兆円とされるばく大な遺産を狙うため、世界各国から詐欺師たちが集まりミシェルを装う事態になり、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)もフウ家に潜り込む…。

3位 もののけ姫







公開日: 1997年7月12日(土)


[(3)] 先週の3位をキープした。 再上映の累計では動員63万3000人、興収7億200万円となっている。 1997年公開当時の日本映画歴代興行収入第1位を記録。 また、アニメーション作品として初の日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

 生きろ。 森を揺るがす人間たちと、森の神々の戦い。その中で芽生えた少年と少女の愛を熱く描写する<スタジオジブリ>制作の長編アニメーション。 人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神から呪いを掛けられてしまったアシタカが、呪いを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれる。 原作・脚本・監督は、宮崎駿。 声優は「平成狸合戦ぽんぽこ」のおキヨの石田ゆり子、「紅の豚」のマンマユート・ボスの上條恒彦、「風の谷のナウシカ」の島本須美とアスベルの松田洋治といった過去のジブリ作品にも出演した者が起用されている。 主題歌は、米良美一の『もののけ姫』。

【作品データ】
 製作年:1997年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:133分

【スタッフ・ キャスト】
 原作・脚本・監督:宮崎駿  声の出演:松田洋治(アシタカ)、石田ゆり子(サン)、田中裕子(エボシ御前)、小林薫(ジコ坊)、西村雅彦(甲六)、上條恒彦(ゴンザ)、美輪明宏(モロの君)、森光子(ヒイさま)、森繁久彌(乙事主)ほか。

【あらすじ】
 山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。 呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。 エボシ御前が率いるその村では、鉄を造り続けていたが、同時にそれは神々の住む森を破壊することでもあった。 そして、そんなタタラ達に戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。 人の子でありながら山犬に育てられた彼女は“もののけ姫”と呼ばれていた…。

 千と千尋の神隠し







公開日: 2001年7月20日(金)


[(2)] 先週の2位から2ランクダウン。 再上映の累計では動員65万3000人、興収7億2000万円となった。 第52回ベルリン国際映画祭ではアニメーション作品として初の金熊賞を、第75回米アカデミー賞では長編アニメーション賞を受賞。 最終興収308億円は邦洋あわせての歴代興収ランキング1位を未だ守り続けている大ヒット作。

 現代日本を舞台に、豚に変えられた両親を人間に戻すため、精霊の世界へ迷い込んだ少女の成長と友愛を描く冒険アニメーション。 何事にも無気力な主人公が異世界で奮闘するうちに、自らの“生きる力”に目覚めていく姿を通して、暗い世相に沈んだ日本人全体にエールを送っている。 「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」などの大ヒット作を生み出している、宮崎駿監督と<スタジオジブリ>が放つ長編アニメーション。 作画監督の安藤雅司、美術監督の武重洋二、音楽の久石譲など、宮崎アニメの常連が結集。 宮崎監督の前作「もののけ姫」に続き、日本古来の土着神たちがユニークなデザインで登場する。 主題歌は、木村弓の『いつも何度でも』。

【作品データ】
 製作年:2001年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:124分

【スタッフ・ キャスト】
 原作・脚本・監督:宮崎駿  声の出演:柊瑠美(荻野千尋)、入野自由(ハク/饒速水小白主)、夏木マリ(湯婆婆/銭婆)、内藤剛志(荻野明夫)、沢口靖子(荻野悠子)、菅原文太(釜爺)、我修院達也(青蛙)、中村彰男(カオナシ)、玉井夕海(リン)、 安田顕(おしら様)、小野武彦(兄役)、はやし・こば(オクサレ様/河の神)、神木隆之介(坊)、上條恒彦(父役)、大泉洋(番台蛙)ほか。

【あらすじ】
 10歳の少女千尋(柊留美)とその両親は、引越しの途中で“不思議の町”に迷い込む。 やがてその町の掟を破った両親は、豚にされてしまう。 たった一人残された千尋は、町を支配する魔女に名前まで奪われながらも、生き抜くため風呂屋で働くことに…。

 風の谷のナウシカ







公開日: 1984年3月11日(日)


[(4)] 先週の4位から1ランクダウン。 再上映の累計では動員53万8000人、興収6億円となっている。 再上映作品の中でも一番古く、ジブリ作品の原点ともいえる。

 地球壊滅後の近未来を舞台に、“腐海”と呼ばれる毒の森に生きる人々の闘いを描く劇場用アニメーション。 宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。 宮崎駿オリジナルの原作漫画『風の谷のナウシカ』を映画化。 現代文明への風刺を絡ませて展開する、躍動感に満ちたアクション。 奇怪な巨大昆虫をはじめとして、宮崎駿の才気が隅々にまで感じられる快作。 プロデュースを宮崎駿と名コンビの高畑勲が担当し、音楽を手掛けた久石譲は以後、宮崎駿の映画に欠かせぬスタッフとなった。

【作品データ】
 製作年:1984年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:116分

【スタッフ・ キャスト】
 原作・脚本・監督:宮崎駿  声の出演:島本須美(ナウシカ)、松田洋治(アスベル)、榊原良子(クシャナ)、納谷悟朗(ユパ)、京田尚子(大ババ)、家弓家正(クロトワ)、辻村真人(ジル)、永井一郎(ミト)、宮内幸平(ゴル)、八奈見乗児(ギックリ)、矢田稔(ニガ)、冨永みーな(ラステル)、麦人(ペジテ市長)、坪井章子(ラステルの母)、吉田理保子(トエト)ほか。

【あらすじ】
 海から吹く風によって腐海の毒から守られている“風の谷”。 ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。 船内には、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた“巨神兵”の核が積まれていた。 やがて“巨神兵”をめぐり闘争が勃発し、“風の谷”の王妃ナウシカも陰謀渦巻く戦乱に巻き込まれてゆく…。

 劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 映画になってちょーだいします







公開日: 2020年7月23日(木)


[(-) NEW!!] 初登場6位にランクイン。

 正義の怪盗“ファントミラージュ”が出演する映画の撮影で騒動が巻き起こるファンタジー。 2017年にテレビ東京系で放送開始された特撮ドラマ「ガールズ×戦士」シリーズの第3弾「ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 」の劇場版。 シリーズの監督・総監督を務めてきた三池崇史がメガホンをとる。 ファントミラージュ役の菱田未渚美、山口綺羅、原田都愛、石井蘭をはじめ、石田ニコル、関口メンディー、斎藤工らドラマ版のキャストが集結。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:KADOKAWA、イオンエンターテイメント 上映時間:78分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:三池崇史  出演:菱田未渚美(桜衣ココミ/ファントミハート)、山口綺羅(明日海サキ/ファントミスペード)、原田都愛(紫月ヨツバ/ファントミクローバー)、石井蘭(紅羽セイラ/ファントミダイヤ)、中尾明慶(黒沢ピヨシ)、石田ニコル(ギャンヌ署長)、黒石高大(マギャク巡査)、ぺえ(アベコベ刑事)、大鶴佐助(山野井龍一郎)、斎藤工(桜衣慎一)、関口メンディー(ファンディー)、本田翼(くまちぃ[声])ほか。

【あらすじ】
 イケない心をちょーだいして平和を守る<ファントミラージュ>が、世界的な映画監督の黒沢ピヨシ(中尾明慶)の映画に出演することになる。 ところが逆逆警察のサカサーマが、黒沢監督をイケナイヤーにしてしまい、ファントミラージュは、映画のピンチに立ち向かう…。

 私がモテてどうすんだ







公開日: 2020年7月10日(金)


[(5)] 先週の5位から2ランクダウンした。 

 アニメやボーイズラブ好きのオタク女子高校生が突然美女に変身したことをきっかけに、校内のスーパーイケメン4人にモテまくり葛藤するさまを描く青春ラブ・ストーリー。 第40回講談社漫画賞・少女部門を受賞し、2016年にテレビアニメ化もされた人気コミック『私がモテてどうすんだ』を実写映画化。 監督は「 HiGH & LOW 」シリーズの脚本を手がけた平沼紀久。 <THE RAMPAGE from EXILE TRIBE>の吉野北人が遊馬役で初主演を果たした。 ヒロインの花依役は激ヤセ後を<E-girls>の山口乃々華、それ以前を「ブスの瞳に恋してる2019 」「ソロモンの偽証」の富田望生が演じる。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:90分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:平沼紀久  出演:吉野北人(六見遊馬)、神尾楓珠(五十嵐祐輔)、山口乃々華(芹沼花依…激ヤセ後)、富田望生(芹沼花依…激ヤセ前)、伊藤あさひ(七島希)、奥野壮(四ノ宮隼人)、上原実矩(あまね)、坂口涼太郎(坂下)、水島麻理奈(大森)、ざわちん(土井)、中山咲月(二科)、優希美青(琴葉)、宮崎秋人(芹沼拓郎)、戸田菜穂(芹沼みつこ)ほか。

【あらすじ】
 女子高生の芹沼花依(富田望生)は、アニメのキャラクターやクラスのイケメンのボーイズラブを妄想するのが大好きな腐女子。 ある日、愛するアニメキャラが死んだショックで寝込み1週間ぶりに鏡を見ると、激ヤセし誰もが振り向く美人に変身していた。 そんな花依(山口乃々華)に六見遊馬(吉野北人)、五十嵐祐輔(神尾楓珠)、七島希(伊藤あさひ)、四ノ宮隼人(奥野壮)のイケメン4人が猛アプローチを仕掛けてくるが…。

 透明人間







公開日: 2020年7月10日(金)


[(6)] 先週の6位から2ランクダウン。

 自殺した恋人が“透明人間”になって自分に近づいていると感じる女性の恐怖を描くサイコスリラー。 ソシオパスである“透明人間”につきまとわれ、狂気に囚われていく女性の運命を映し出す。 ユニバーサル映画のクラシックモンスター、“透明人間”にインスパイアされたSFスリラー。 「ソウ」シリーズの脚本家リー・ワネルが監督・脚本を手がけ、透明人間の恐怖をサスペンスフルに描いた。 主演は、テレビドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のエリザベス・モス。 セシリアを演じるエリザベス・モスの迫真の演技は圧巻。

【作品データ】
 原題:The Invisible Man 製作年:2020年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:122分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本・スクリーン・ストーリー・製作総指揮:リー・ワネル  出演:エリザベス・モス(セシリア・カシュ)、オリヴァー・ジャクソン=コーエン(エイドリアン・グリフィン)、ハリエット・ダイアー(エミリー・カシュ)、オルディス・ホッジ(ジェームズ・ラニアー)、ストーム・リード(シドニー・ラニアー)、マイケル・ドーマン(トム・グリフィン)ほか。

【あらすじ】
 天才科学者で富豪のエイドリアン(オリヴァー・ジャクソン=コーエン)の恋人セシリア(エリザベス・モス)は、彼に支配される毎日を送っていた。 ある日、一緒に暮らす豪邸から逃げ出し、幼なじみのジェームズ(オルディス・ホッジ)の家に身を隠す。やがてエイドリアンの兄で財産を管理するトム(マイケル・ドーマン)から、彼がセシリアの逃亡にショックを受けて自殺したと告げられるが、彼女はそれを信じられなかった…。

 海底47m 古代マヤの死の迷宮







公開日: 2020年7月23日(木)


[(-) NEW!!] 初登場9位にランクイン。

 4人の女子高生が、海底洞窟へのダイビングの最中に巨大な人食いホホジロザメに遭遇する様子を描く海洋パニックスリラー。 海に沈んだ檻の中で人喰いサメの恐怖と対峙する姉妹の姿を描いた「海底47m 」のシリーズ第2弾。 監督は前作同様のヨハネス・ロバーツ。 「ギリーは幸せになる」などのソフィー・ネリッセが主人公を演じる。ジェイミー・フォックスの娘コリーン・フォックスや、シルヴェスター・スタローンの娘システィーン・スタローンらも出演している。

【作品データ】
 原題:47 Meters Down: Uncaged 製作年:2019年 製作国:イギリス・アメリカ合作 配給:ギャガ 上映時間:90分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:ヨハネス・ロバーツ  出演:ソフィー・ネリッセ(ミア)、コリーヌ・フォックス(サーシャ)、ブリアンヌ・チュー(アレクサ)、システィーン・スタローン(ニコール)、ジョン・コーベット(グラント)、ダヴィ・サントス(ベン)、カイリン・ランボ(カール)、ブレック・バッシンジャー(キャサリン)ほか。

【あらすじ】
 消極的な性格の女子高生ミア(ソフィー・ネリッセ)は、義理の姉妹になったサーシャ(コリーン・フォックス)となじめずにいた。 ミアの父親は娘たちが親しくなれるよう策を練り、週末に2人で船中からサメを鑑賞するツアーに参加するよう勧める。 ツアーに参加したミアとサーシャを、友人のアレクサとニコールが海底洞窟を探索するケーブダイビングに誘う…。

10  ステップ







公開日: 2020年7月17日(金)


[(7)] 先週の7位から3ランクダウンした。 

 妻に先立たれて男手ひとつで娘を育てるシングルファーザーと、母親を亡くし父と2人で人生を歩む娘の10年間の足跡を描いた重松清の小説『ステップ』を映画化した家族ドラマ。 監督は、「虹色デイズ」「大人ドロップ」の飯塚健。 数多くのエキセントリックな役柄を演じてきた山田孝之が、初のシングルファーザー役に挑戦。 亡き妻への思いを内に秘めた主人公が“家族“を築き上げていく過程を体現する。 共演に、國村隼、余貴美子、広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈らが顔を揃えた。 そしてオーディションで選ばれた中野翠咲、白鳥玉季、田中里念が主人公の娘・美紀の 2歳から12歳までを演じている。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:エイベックス・ピクチャーズ 上映時間:118分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本・編集:飯塚健  出演:山田孝之(武田健一)、田中里念(武田美紀 / 9歳~12歳)、白鳥玉季(武田美紀 / 6歳~8歳)、中野翠咲(武田美紀 / 2歳)、伊藤沙莉(ケロ先生)、川栄李奈(成瀬舞)、岩松了(榎本部長)、日高七海、角田晃広(村松良彦)、片岡礼子(村松翠)、広末涼子(斎藤奈々恵)、余貴美子(村松美千代)、國村隼(村松明)ほか。

【あらすじ】
 妻を亡くした30歳の健一(山田孝之)に、妻の両親が幼い娘・美紀を引き取ろうと提案するが、健一は自分で育てることを決断。 亡き妻との思い出のある家で、育児に励む日々が始まる。 健一はシングルファーザーとしてさまざまな壁にぶつかりながら、子育てに奮闘する…。

スポンサーサイト



▽今週の観客動員数 TOP10

(2020 8/1 - 8/2)
1位今日から俺は!!劇場版
2位コンフィデンスマンJP プリンセス編
3位もののけ姫
4 位千と千尋の神隠し
5 位風の谷のナウシカ
6 位劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! ~映画になってちょーだいします~
7 位私がモテてどうすんだ
8 位透明人間
9 位古代マヤの人体のサバイバル! NEW!!
10 位ダンケルク NEW!!

▽最新記事
▽カテゴリ

▽見どころ、撮影裏話

◎今週1位 映画「今日から俺は!!劇場版」をピックアップ!!

▽今週公開映画の予告編


2020年(令和2年)
8/3(月),8/7(金),8/8(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 & 楽天トラベル




▽RSSフィード
▽ブログ内検索フォーム

 
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]