ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 

~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行<動員>ランキング(2020 7/4 - 7/5)

 「千と千尋の神隠し」が首位、ジブリ再上映3作品が2週連続でTOP3を独占!「 MOTHER マザー」が6位に初登場。  巨匠ウディ・アレン監督の新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」(ロングライド)は、惜しくも11位のスタートとなった。(7月4日 - 7月5日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
▽順位/作品題▽作品情報・コメント

1位 千と千尋の神隠し







公開日: 2001年7月20日(金)


[(1)] 2週連続1位を獲得した。 第52回ベルリン国際映画祭ではアニメーション作品として初の金熊賞を、第75回米アカデミー賞では長編アニメーション賞を受賞。 最終興収308億円は邦洋あわせての歴代興収ランキング1位を未だ守り続けている大ヒット作。

 現代日本を舞台に、豚に変えられた両親を人間に戻すため、精霊の世界へ迷い込んだ少女の成長と友愛を描く冒険アニメーション。 何事にも無気力な主人公が異世界で奮闘するうちに、自らの“生きる力”に目覚めていく姿を通して、暗い世相に沈んだ日本人全体にエールを送っている。 「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」などの大ヒット作を生み出している、宮崎駿監督と<スタジオジブリ>が放つ長編アニメーション。 作画監督の安藤雅司、美術監督の武重洋二、音楽の久石譲など、宮崎アニメの常連が結集。 宮崎監督の前作「もののけ姫」に続き、日本古来の土着神たちがユニークなデザインで登場する。 主題歌は、木村弓の『いつも何度でも』。

【作品データ】
 製作年:2001年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:124分

【スタッフ・ キャスト】
 原作・脚本・監督:宮崎駿  声の出演:柊瑠美(荻野千尋)、入野自由(ハク/饒速水小白主)、夏木マリ(湯婆婆/銭婆)、内藤剛志(荻野明夫)、沢口靖子(荻野悠子)、菅原文太(釜爺)、我修院達也(青蛙)、中村彰男(カオナシ)、玉井夕海(リン)、 安田顕(おしら様)、小野武彦(兄役)、はやし・こば(オクサレ様/河の神)、神木隆之介(坊)、上條恒彦(父役)、大泉洋(番台蛙)ほか。

【あらすじ】
 10歳の少女千尋(柊留美)とその両親は、引越しの途中で“不思議の町”に迷い込む。 やがてその町の掟を破った両親は、豚にされてしまう。 たった一人残された千尋は、町を支配する魔女に名前まで奪われながらも、生き抜くため風呂屋で働くことに…。

2位 もののけ姫







公開日: 1997年7月12日(土)


[(2)] 2週連続2位となった。 1997年公開当時の日本映画歴代興行収入第1位を記録。 また、アニメーション作品として初の日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

 生きろ。 森を揺るがす人間たちと、森の神々の戦い。その中で芽生えた少年と少女の愛を熱く描写する<スタジオジブリ>制作の長編アニメーション。 人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神から呪いを掛けられてしまったアシタカが、呪いを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれる。 原作・脚本・監督は、宮崎駿。 声優は「平成狸合戦ぽんぽこ」のおキヨの石田ゆり子、「紅の豚」のマンマユート・ボスの上條恒彦、「風の谷のナウシカ」の島本須美とアスベルの松田洋治といった過去のジブリ作品にも出演した者が起用されている。 主題歌は、米良美一の『もののけ姫』。

【作品データ】
 製作年:1997年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:133分

【スタッフ・ キャスト】
 原作・脚本・監督:宮崎駿  声の出演:松田洋治(アシタカ)、石田ゆり子(サン)、田中裕子(エボシ御前)、小林薫(ジコ坊)、西村雅彦(甲六)、上條恒彦(ゴンザ)、美輪明宏(モロの君)、森光子(ヒイさま)、森繁久彌(乙事主)ほか。

【あらすじ】
 山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。 呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。 エボシ御前が率いるその村では、鉄を造り続けていたが、同時にそれは神々の住む森を破壊することでもあった。 そして、そんなタタラ達に戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。 人の子でありながら山犬に育てられた彼女は“もののけ姫”と呼ばれていた…。

3位 風の谷のナウシカ







公開日: 1984年3月11日(日)


[(3)] 先週の3位をキープした。 再上映作品の中でも一番古く、ジブリ作品の原点ともいえる。

 地球壊滅後の近未来を舞台に、“腐海”と呼ばれる毒の森に生きる人々の闘いを描く劇場用アニメーション。 宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。 宮崎駿オリジナルの原作漫画『風の谷のナウシカ』を映画化。 現代文明への風刺を絡ませて展開する、躍動感に満ちたアクション。 奇怪な巨大昆虫をはじめとして、宮崎駿の才気が隅々にまで感じられる快作。 プロデュースを宮崎駿と名コンビの高畑勲が担当し、音楽を手掛けた久石譲は以後、宮崎駿の映画に欠かせぬスタッフとなった。

【作品データ】
 製作年:1984年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:116分

【スタッフ・ キャスト】
 原作・脚本・監督:宮崎駿  声の出演:島本須美(ナウシカ)、松田洋治(アスベル)、榊原良子(クシャナ)、納谷悟朗(ユパ)、京田尚子(大ババ)、家弓家正(クロトワ)、辻村真人(ジル)、永井一郎(ミト)、宮内幸平(ゴル)、八奈見乗児(ギックリ)、矢田稔(ニガ)、冨永みーな(ラステル)、麦人(ペジテ市長)、坪井章子(ラステルの母)、吉田理保子(トエト)ほか。

【あらすじ】
 海から吹く風によって腐海の毒から守られている“風の谷”。 ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。 船内には、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた“巨神兵”の核が積まれていた。 やがて“巨神兵”をめぐり闘争が勃発し、“風の谷”の王妃ナウシカも陰謀渦巻く戦乱に巻き込まれてゆく…。

 ランボー ラスト・ブラッド







公開日: 2020年6月26日(金)


[(4)] 先週の4位をキープ。 

 愛する者を救うためにメキシコの凶悪な犯罪組織に立ち向かうこととなる主人公ランボーの死闘がドラマチックに描かれるアクション。 アリゾナの牧場で平穏な余生を送っていたランボーが、メキシコで誘拐された旧友の孫娘を救い出すため、たった一人でメキシコの犯罪組織に戦いを挑むさまを、過激なバイオレンス描写満載に描き出す。 シルヴェスター・スタローンの「ロッキー」に並ぶ代表作で、1982年に1作目が製作された「ランボー」のシリーズ第5弾かつ完結編。 監督は、「キック・オーバー」などのエイドリアン・グランバーグ。 共演に、「レッド・バレッツ」などのパス・ベガ、「朝食、昼食、そして夕食」などのセルヒオ・ペリス=メンチェータなど。

【作品データ】
 原題:Rambo: Last Blood 製作年:2019年 製作国:アメリカ 配給:ギャガ 上映時間:101分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 監督:エイドリアン・グランバーグ  出演:シルヴェスター・スタローン(ジョン・ランボー)、パス・ベガ(カルメン)、セルヒオ・ペリス=メンチェータ(ウーゴ・マルティネス)、アドリアナ・バラーサ(マリア・ベルトラン)、イヴェット・モンレアル(ガブリエラ)、オスカル・ハエナダ(ビクトル・マルティネス)ほか。
 [日本語吹き替え版] ささきいさお(ジョン・ランボー)、武田真治(ウーゴ・マルティネス)、ケンドーコバヤシ(ビクトル・マルティネス)、花澤香菜(ガブリエラ)ほか。

【あらすじ】
 数々の戦いを終えて故郷のアリゾナに戻ったジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、家族のような絆で結ばれた古い友人のマリアとその孫娘ガブリエラと共に牧場で平穏な毎日を過ごしていた。 ある日ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに誘拐される。 娘同然の彼女を救うため、ランボーはグリーンベレーの隊員として培ってきた超人的な戦闘技術を総動員して戦いに備える…。

 ドクター・ドリトル







公開日: 2020年6月19日(金)


[(5)] 先週の5位をキープした。

 ドリトル先生が、動物たちと共に冒険に繰り出す冒険ファンタジー。 ある治療法を求めて伝説の島へ向かったドリトル先生が思いもしない大冒険を繰り広げる。 100年以上にわたり世界中で愛読されているヒュー・ロフティングの児童文学『ドリトル先生』シリーズを映画化。 監督は「トラフィック」でアカデミー脚色賞を受賞したスティーブン・ギャガン。 動物と話せる名医ドリトル先生は、「アイアンマン」「シャーロック・ホームズ」のロバート・ダウニー・Jr. が演じた。 そして、エマ・トンプソン、ラミ・マレック、トム・ホランドら豪華俳優陣が動物たちのボイスキャストとして出演している。

【作品データ】
 原題:Dolittle 製作年:2020年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:101分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:スティーヴン・ギャガン  出演:ロバート・ダウニー・Jr.(ジョン・ドリトル先生)、アントニオ・バンデラス、マイケル・シーン、ジム・ブロードベント、エマ・トンプソン(ポリネシア/ポリー[声])、ラミ・マレック(チーチー[声])、トム・ホランド(ジップ[声])、オクタヴィア・スペンサー(ダブダブ[声])、ジョン・シナ(ヨシ[声])、マリオン・コティヤール(チュチュ[声])、> セレーナ・ゴメス(ベッツィ[声])、レイフ・ファインズ(バリー[声])ほか。

【あらすじ】
 腕のいい医師で、動物と会話ができるドリトル先生(ロバート・ダウニー・Jr)は、さまざまな動物たちと大自然の中で暮らしていた。 ある日、女王が重病だと聞いた彼は、女王を救える唯一の治療法を知るために、助手のスタビンズ少年をはじめ、オウム、ゴリラ、アヒルたちと一緒に伝説の島へ旅立つ…。

 MOTHER マザー







公開日: 2020年7月3日(金)


[(-) NEW!!] 初登場6位にランクイン。

 実際に起きた祖父母殺害事件をベースに、社会の底辺で生きる母親と息子を取り巻く過酷な現実を描いたセンセーショナルな人間ドラマ。 その場しのぎの生活を送る自堕落な母と息子の間に芽生える“ある感情“と、凄惨な事件を映し出す。 監督・脚本は、「日日是好日」「セトウツミ」の大森立嗣、プロデューサーは「新聞記者」の河村光庸。 「コンフィデンスマンJP 」などの長澤まさみがシングルマザーの秋子、「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! 」などの阿部サダヲが内縁の夫を演じる。 息子・周平役はオーディションで抜てきされた新人の奥平大兼。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:スターサンズ、KADOKAWA 上映時間:126分

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:大森立嗣  出演:長澤まさみ(三隅秋子)、阿部サダヲ(川田遼)、奥平大兼(周平)、夏帆(高橋亜矢)、皆川猿時(宇治田守)、仲野太賀(赤川圭一)、土村芳(三隅楓)、荒巻全紀(松浦新之助)、大西信満(桜庭祐介)、木野花(三隅雅子)ほか。

【あらすじ】
 男にだらしなく自堕落な生活を送るシングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、息子の周平に異常に執着する。 秋子以外に頼れる存在がいない周平は、母親に翻弄されながらもその要求に応えようともがくが、身内からも絶縁された母子は社会から孤立していく。 やがて、17歳に成長した周平(奥平大兼)は凄惨な事件を引き起こしてしまう…。

 ソニック・ザ・ムービー







公開日: 2020年6月26日(金)


[(6)] 先週の6位から1ランクダウンした。

 ソニックと保安官のコンビが、マッドサイエンティストとのバトルに挑むアドベンチャー。音速で走る青いハリネズミ、ソニックが、ひょんなことから出会った保安官と相棒となり、一緒に奮闘する様を描く。 世界的人気を誇るセガの人気ゲーム「ソニック」シリーズをハリウッドで実写映画化。 監督作が第77回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされたジェフ・フォウラーが監督を務める。 ソニックの相棒となる保安官役を「 X-MEN」シリーズなどのジェームズ・マースデン、敵のドクター・ロボトニックを「エターナル・サンシャイン」などのジム・キャリーが演じる。

【作品データ】
 原題:Sonic the Hedgehog 製作年:2020年 製作国:アメリカ 配給:東和ピクチャーズ 上映時間:100分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ジェフ・フォウラー  出演:ジェームズ・マースデン(トム)、ジム・キャリー(ドクター・ロボトニック)、チカ・サンプター(マディ)、ベン・シュワルツ(ソニックの声) ほか。
 [日本語吹き替え版] 中川大志(ソニック)、山寺宏一(ドクター・ロボトニック)、中村悠一(トム)、井上麻里奈(マディ)ほか。

【あらすじ】
 宇宙の果てにある平和な島で暮らし、砂浜やループコースターを驚異的なスピードで駆け抜けるソニックは、そのスーパーパワーを狙われたため地球に逃げてきていた。 10年後、安全に生活していたソニックは、世界征服を企てる悪の天才科学者のドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)に目をつけられ、保安官のトム(ジェームズ・マースデン)に救いを求める…。

 ゲド戦記







公開日: 2006年7月29日(土)


[(9)] 先週の9位から1ランクアップ。 

 少年アレンと大賢人ゲドの旅を通じて混迷する時代を生き抜くためのメッセージを投げかけるファンタジー・アニメーション超大作。 均衡が崩れ始めた異世界を舞台に、人間らしい生き方や命の大切さを問いかける。 世界中に多くの読者を持つ児童文学の傑作『ゲド戦記』を原作に宮崎駿監督の長男宮崎吾朗が初メガホンをとった<スタジオジブリ>の長編アニメーション。 宮崎吾朗監督・脚本の独自解釈によるストーリーとなっている。 <V6>の岡田准一、菅原文太ら新旧の実力派が存在感ある声の演技を披露するほか、主題歌『時の歌』と挿入歌も担当した手嶌葵の圧倒的な美声にも心奪われる。

【作品データ】
 製作年:2006年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:115分

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:宮崎吾朗  声の出演: 岡田准一(アレン/レバンネン)、手嶌葵(テルー/テハヌー)、菅原文太(ハイタカ/ゲド)、風吹ジュン(テナー)、田中裕子(クモ)、香川照之(ウサギ)、小林薫(国王)、夏川結衣(王妃)、倍賞美津子(女主人)、内藤剛志(ハジア売り)、飯沼慧(ルート)ほか。

【あらすじ】
 多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。 やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、国を捨てた王子アレンと出会う…。

 ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語







公開日: 2020年6月12日(金)


[(7)] 先週の7位から2ランクダウン。 

 南北戦争時代に力強く生きるマーチ家の4姉妹が織りなす物語を、作家志望の次女ジョーを主人公にみずみずしいタッチで描くドラマ。 ルイザ・メイ・オルコットの名作小説『若草物語』を新たな視点で映画化。 監督・脚本は、「レディ・バード」などのグレタ・ガーウィグ。 次女ジョーを「追想」などのシアーシャ・ローナン、 幼なじみローリーを「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ、長女メグを「美女と野獣」のエマ・ワトソン、末っ子エイミーを「ミッドサマー」のフローレンス・ピュー、ジョーの人生に大きな影響を与えるマーチ叔母をメリル・ストリープがそれぞれ演じる。 第92回アカデミー賞では作品賞はじめ計6部門でノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

【作品データ】
 原題:Little Women 製作年:2019年 製作国:アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 上映時間:135分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:グレタ・ガーウィグ  出演:シアーシャ・ローナン(ジョー)、ティモシー・シャラメ(ローリー)、フローレンス・ピュー(エイミー)、エリザ・スカンレン(ベス)、エマ・ワトソン(メグ)、ローラ・ダーン(マーミー)、メリル・ストリープ(マーチ伯母)、ルイ・ガレル(フレデリック)、クリス・クーパー(ローレンス)、ボブ・オデンカーク(ロバート・マーチ)、ジェームズ・ノートン(ジョン・ブルック)ほか。

【あらすじ】
 しっかり者の長女メグ(エマ・ワトソン)、アクティブな次女ジョー(シアーシャ・ローナン)、ピアニストの三女ベス(エリザ・スカンレン)、人懐っこくて頑固な四女エイミー(フローレンス・ピュー)、愛情に満ちた母親(ローラ・ダーン)らマーチ一家の中で、ジョーは女性というだけで仕事や人生を自由に選べないことに疑問を抱く。 ジョーは幼なじみのローリー(ティモシー・シャラメ)からの求婚を断って、作家を目指す…。

10  水曜日が消えた







公開日: 2020年6月19日(金)


[(8)] 先週の8位から2ランクダウンした。

 曜日ごとに人格が入れ替わる青年の姿を、火曜日の人格の視点で描く異色のドラマ。 事故の後遺症で多重人格となった主人公の風変わりなファンタジー。 ひとりの男の身体に宿った7人の人格のうちのひとりが行方不明になったことで、日常のバランスが崩れていく様を描き出す。 監督を手がけたのは、「君の名は。」にCGクリエイターとして参加していた吉野耕平。 「星ガ丘ワンダーランド」などの中村倫也が7つの人格を持つ主人公を演じるほか、石橋菜津美、元<乃木坂46>の深川麻衣、きたろう、中島歩、<ゲスの極み乙女。>の休日課長などが顔を揃えた。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:日活 上映時間:104分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本・VFX:吉野耕平  出演:中村倫也(火曜日)、石橋菜津美(一ノ瀬)、中島歩(新木)、休日課長(高橋)、深川麻衣(瑞野)、きたろう(安藤)ほか。

【あらすじ】
 幼少期の交通事故が原因で、曜日ごとに7人の人格が入れ替わる青年は、思考や性格はバラバラだが、各曜日の名前で呼び合いながら平穏な毎日を過ごしていた。 その中でも地味な火曜日(中村倫也)は、ほかの曜日から家の掃除、荷物の受け取り、通院といった面倒な用事を押し付けられていた。 ある日の朝、目を覚ました火曜日が水曜日がいなくなっていることに気づく。 火曜日は、見慣れないテレビ番組などに戸惑いながらも水曜日を満喫する…。

スポンサーサイト



▽今週の観客動員数 TOP10

(2020 8/1 - 8/2)
1位今日から俺は!!劇場版
2位コンフィデンスマンJP プリンセス編
3位もののけ姫
4 位千と千尋の神隠し
5 位風の谷のナウシカ
6 位劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! ~映画になってちょーだいします~
7 位私がモテてどうすんだ
8 位透明人間
9 位古代マヤの人体のサバイバル! NEW!!
10 位ダンケルク NEW!!

▽最新記事
▽カテゴリ

▽見どころ、撮影裏話

◎今週1位 映画「今日から俺は!!劇場版」をピックアップ!!

▽今週公開映画の予告編


2020年(令和2年)
8/3(月),8/7(金),8/8(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 & 楽天トラベル




▽RSSフィード
▽ブログ内検索フォーム

 
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]