ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 

~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行<動員>ランキング(2020 6/6 - 6/7)

 「心霊喫茶「エクストラ」の秘密~」が4週連続で首位を獲得! 「デッド・ドント・ダイ」が2位に初登場!(6月6日 - 6月7日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
▽順位/作品題▽作品情報・コメント

1位 心霊喫茶「エクストラ」の秘密 The Real Exorcist







公開日: 2020年5月15日(金)


[(1)] 4週連続で1位を獲得した。 

 ある喫茶店を舞台に、その従業員でエクソシストの女性が、心霊現象に悩まされている客を救おうと奔走する姿を描く人間ドラマ。 宗教家の大川隆法が原作・製作総指揮を務め、千眼美子が喫茶店の店員として働きながらエクソシスト(=祓魔師・降魔師)として人々の悩みを解決する主人公を演じたオリジナルの長編映画。 幸福の科学の劇場映画としては第18作目。 「僕の彼女は魔法使い」「世界から希望が消えたなら。」などの千眼美子が、エクソシストのヒロインを演じる。 主題歌『 The Real Exorcist 』を本作の脚本を担当した大川咲也加が務めている。 2020年2月23日にモナコ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞し、ナイジェリアのエコ国際映画祭でも最優秀作品賞を受賞するなど、合計6カ国で21冠を獲得した。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:日活 上映時間:108分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:小田正鏡  出演:千眼美子(サユリ)、伊良子未來(イサム)、希島凛(杏花)、日向丈(喫茶<エクストラ>マスター)、長谷川奈央(夢子)、大浦龍宇一(小野寺)、芦川よしみ(瑠璃子)、折井あゆみ(謎の女)ほか。

【あらすじ】
 “悩みごと相談承ります”と書かれた小さな看板を店先に掲げている喫茶店<エクストラ>は、心霊現象に悩まされる人々がエクソシストでもある店員のサユリ(千眼美子)に助けを求めに来る場所だった。 サユリは、物が突如として動き出すポルターガイストにおびえる夫婦、無人のはずの夜の校舎から何者かの声が聞こえてしまう高校生、姿の見えない何かに襲われそうになる少女らと向き合う…。

2位 デッド・ドント・ダイ







公開日: 2020年6月5日(金)


[(-) NEW!!] 初登場2位にランクイン。 

 町にあふれ返ったゾンビと戦う人々を描くゾンビコメディ。 アメリカの片田舎を舞台に、警官コンビが突然のゾンビ襲撃に対処しようと奮闘する様を描き出す。 監督は、「パターソン」などのジム・ジャームッシュ。 ジャームッシュ監督作「ブロークン・フラワーズ」などに出演してきたビル・マーレイをはじめ、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」などのアダム・ドライヴァー、「少年は残酷な弓を射る」などのティルダ・スウィントン、「ボーイズ・ドント・クライ」などのクロエ・セヴィニーらが共演する。 2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

【作品データ】
 原題:The Dead Don't Die 製作年:2019年 製作国:スウェーデン・アメリカ合作 配給:ロングライド 上映時間:104分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ  出演:ビル・マーレイ(クリフ・ロバートソン)、アダム・ドライヴァー(ロニー・ピーターソン)、ティルダ・スウィントン(ゼルダ・ウィンストン)、クロエ・セヴィニー(ミンディ・モリソン)、スティーヴ・ブシェミ(フランク・ミラー)、ダニー・グローヴァー(ハンク・トンプソン)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ボビー・ウィギンズ)、ロージー・ペレス(ポージー・フアレス)、イギー・ポップ(コーヒー・ゾンビ)、サラ・ドライヴァー(コーヒー・ゾンビ)、RZA(ディーン)、キャロル・ケイン(マロリー・オブライエン)、オースティン・バトラー(ジャック)、ルカ・サバト(ザック)、セレーナ・ゴメス(ゾーイ)、トム・ウェイツ(ハーミット・ボブ)ほか。

【あらすじ】
 ロバートソン署長(ビル・マーレイ)、ピーターソン巡査(アダム・ドライヴァー)、モリソン巡査(クロエ・セヴィニー)が見守るのどかな田舎町センターヴィルで、死者が墓場から次々とよみがえる。 ゾンビは生前の活動に引き寄せられるように町をさまよい、時間を追うごとに増殖していた。 三人の警察官や葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)、住民たちは、生き残りを懸けてゾンビの大群に立ち向かう…。

3位 パラサイト 半地下の家族







公開日: 2020年1月10日(金)


[(4)] 先週の4位から1ランクアップした。

 裕福な家族と貧しい家族の出会いから始まる物語を描くブラック・コメディ映画。 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物- 」「スノーピアサー」の監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品。 共演に「最後まで行く」のイ・ソンギュン、「後宮の秘密」のチョ・ヨジョン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシク。 日本では2019年12月27日から一部の劇場で限定先行公開された後、2020年1月10日公開された。

【作品データ】
原題:Parasite 製作年:2019年 製作国:韓国 配給:ビターズ・エンド 上映時間:132分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:ポン・ジュノ  出演:ソン・ガンホ(ギテク)、イ・ソンギュン(ドンイク)、チョ・ヨジョン(ヨンギョ)、チェ・ウシク(ギウ)、パク・ソダム(ギジョン)、イ・ジョンウン(ムングァ)、チャン・ヘジン(チュンスク)ほか。

【あらすじ】
 半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。 ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹のギジョン(パク・ソダム)もその家に足を踏み入れる…。

 AKIRA







公開日: 1988年7月16日(土)


[(-)] 1988年に原作者・大友克洋自らが監督を務め映画化した伝説のアニメの4Kリマスター版「 AKIRA 4Kリマスター版」(東宝)がIMAX版に続き公開され、圏外からランクインした。

 1988年、関東地区に新型爆弾が使用され、第3次世界大戦が勃発した――。 近未来の東京を舞台に超能力者と暴走族の少年たちや軍隊が繰り広げる戦いを描く伝説的な長編アニメーション。 漫画家の大友克洋が1982年から『ヤングマガジン』で連載した同名コミックを、大友自らが監督を務めて1988年にアニメーション映画化。 製作期間3年、総製作費10億円という当時としては破格の歳月や労力をつぎ込んで生み出された濃密でハイクオリティな作品。 

【作品データ】
 製作年:1988年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:124分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 原作・監督:大友克洋  声の出演:岩田光央(金田)、佐々木望(鉄雄)、小山茉美(ケイ)、玄田哲章(竜)、石田太郎(敷島大佐)、鈴木瑞穂(ドクター)、神藤一弘(マサル)、中村龍彦(タカシ)、伊藤福恵(キヨコ)、淵崎有里子(カオリ)、大倉正章(山形)、草尾毅(甲斐)、大竹宏(根津)、北村弘一(ミヤコ)、池水通洋(検査官)、荒川太郎(渡辺)、岸野幸正(桑田)、平野正人(竹山)、田中和実(アーミー)、秋元羊介(店長)ほか。

【あらすじ】
 2019年、ネオ東京。金田をリーダーとするバイクの一団は進入禁止の高速道を疾走していた。 しかし、先頭にいた島鉄雄は突然視界に入った奇妙な小男をよけきれずに転倒、負傷する。 小男と鉄雄は直ちに現れたアーミーのヘリに収容され飛び去ってしまった。 翌日、鉄雄を捜す金田は、少女ケイと出会う。 彼女は反政府ゲリラの一員で“アキラ”という存在を追っていた。 その頃、鉄雄はアーミーのラボで強力なクスリを連続投与され、不思議な力を覚醒し始めていた…。

 ANNA/アナ







公開日: 2020年6月5日(金)


[(-) NEW!!] 初登場5位でスタートを切った。

ソ連の諜報機関KGBの女殺し屋の活躍を描くアクション。 ソ連の諜報機関KGBによってつくられた最強の女暗殺者の姿を映し出す。 監督は、「ニキータ」「レオン」「 LUCY/ルーシー」など、戦うヒロインを主人公にした作品を数多く手がけてきたリュック・ベッソン。 ロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルスが殺し屋を演じ、5分で40人を倒す格闘シーンなどをこなした。 アナ役のルスのほか、オスカー女優のヘレン・ミレン、「ワイルド・スピード」シリーズのルーク・エバンス、「ダークナイト」のキリアン・マーフィらが脇を固める。

【作品データ】
 原題:Anna 製作年:2019年 製作国:フランス・アメリカ合作 配給:キノフィルムズ 上映時間:119分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本・製作:リュック・ベッソン  出演:サッシャ・ルス(アナ)、ルーク・エヴァンス(アレクセイ(アレックス)・チェンコフ)、キリアン・マーフィ(レナード(レニー)・ミラー)、ヘレン・ミレン(オルガ)、レラ・アボヴァ(モード)、エリック・ゴドン(ワシリコフ長官)ほか。

【あらすじ】
 1990年、ソ連の諜報(ちょうほう)機関KGBで国家にとって危険な人物を抹殺するため育成された殺し屋のアナ(サッシャ・ルス)は、モデル、コールガールなど複数の顔を使い分け明晰(めいせき)な頭脳と抜群の身体能力を駆使し、腕利きの暗殺者に成長する。 あるとき、CIAのわなにはめられたアナは、捜査官のレナード(キリアン・マーフィ)から信じがたい取引を迫られる…。

 一度死んでみた









公開日: 2020年3月20日(金)


[(3)] 先週の3位から3ランクダウン。 

 大嫌いな父親に“死んでくれ!”と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を描くドタバタコメディ。 ある特殊な薬を飲んだ父と、彼のことが大嫌いな娘が起こす騒動を映し出す。 「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉光のオリジナル脚本で、auの人気CM“三太郎”シリーズを手がけてきたCMディレクターの浜崎慎治が長編映画初監督を果たした。 「ちはやふる」シリーズなどの広瀬すずが父に反発するヒロインに扮し、「あのコの、トリコ。」などの吉沢亮、「クライマーズ・ハイ」などの堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦らが共演する。

【作品データ】
 製作年:2020年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:93分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:浜崎慎治  出演:広瀬すず(野畑七瀬)、吉沢亮(松岡卓)、堤真一(野畑計)、リリー・フランキー(火野)、小澤征悦(渡部)、嶋田久作(田辺)、木村多江(野畑百合子)、松田翔太(藤井さん)、加藤諒(オタク)、でんでん(ラーメン屋の店主)、柄本時生(野畑製薬の社員)、前野朋哉(野畑製薬の社員)、清水伸(野畑製薬の社員)、西野七瀬(野畑製薬の社員)、城田優(警備員)、原日出子(掃除のおばさん)、真壁刀義(ワトソン製薬の手下)、本間朋晃(ワトソン製薬の手下)、野口聡一(宇宙飛行士)、佐藤健(ボーイ)、池田エライザ(あかね)、志尊淳(野畑製薬の社員)、古田新太(計の元同僚)、大友康平(ジェームズ布袋)、竹中直人(坊主)、妻夫木聡(クラウンホテルの支配人)ほか。

【あらすじ】
 製薬会社の社長を務める父の計(堤真一)と一緒に暮らす大学生の七瀬(広瀬すず)は、研究に打ち込むあまり母の死に際にも現れなかった仕事人間で口うるさい父が嫌でたまらず、顔を見るたびに“死んでくれ!”と毒づいていた。 ある日計は、一度死んで2日後に生き返る薬を飲んだためにお化けになってしまう。 何も知らずに動揺する七瀬は、遺言により社長を継ぐことになり、計の会社に勤める松岡(吉沢亮)から真相と聞かされる…。

 天気の子









公開日: 2019年7月19日(金)


[(2)] 先週の2位から5ランクダウンした。 

 これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語  天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。 原作・脚本・監督は、「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠。 ボイスキャストは、主人公・帆高に醍醐虎汰朗、ヒロイン・陽菜に森七菜が決定。 2000人を超えるオーディションの中から選ばれた2人の声に注目が集まる。 他にも小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子らが声の出演。  「君の名は。」に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザイン、ロックバンド<RADWIMPS>が音楽を担当。 <RADWIMPS>が手がける主題歌には女性ボーカルとして女優の三浦透子が参加。その“詩”は、登場する人々の心に寄り添いながらも、時に観る者との架け橋となり、大きな感動をもたらす。 海外での公開も決定しており、「君の名は。」の公開規模を上回る140 の国と地域で公開される。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:114分

【スタッフ・ キャスト】
 原作・脚本・監督:新海誠  声の出演:醍醐虎汰朗(森嶋帆高)、森七菜(天野陽菜)、本田翼(夏美)、吉柳咲良(天野凪)、平泉成(安井)、梶裕貴(高井)、倍賞千恵子(冨美)、小栗旬(須賀圭介)ほか。

【あらすじ】
 高校1年生の夏、帆高は離島から逃げ出して東京に行くが、暮らしに困ってうさんくさいオカルト雑誌のライターの仕事を見つける。 雨が降り続くある日、帆高は弟と二人で生活している陽菜という不思議な能力を持つ少女と出会う…。

 アベンジャーズ







公開日: 2012年8月14日(火)


[(-)] リバイバル上映されて圏外から8位にランクイン。

 ありえないほど《正義》 地球を襲う巨大な脅威に立ち向かうドリームチームの闘いと、ヒーローそれぞれの苦悩のドラマが展開していくアクション大作。 アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なマーベル・コミックス出身のスーパーヒーローが一堂に顔を合わせる。 特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム<アベンジャーズ>が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。 最先端VFXを駆使した圧倒的ビジュアルに加え、「シャーロック・ホームズ」シリーズのロバート・ダウニー・Jrや「それでも恋するバルセロナ」のスカーレット・ヨハンソンらが豪華共演を果たした。

【作品データ】
 原題:The Avengers 製作年:2012年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:144分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ジョス・ウェドン  出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、グウィネス・パルトロー、サミュエル・L・ジャクソン ほか。

【あらすじ】
 人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。 それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。 しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた…。

 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン







公開日: 2015年7月4日(土)


[(-)] リバイバル上映されて圏外から9位にランクイン。

 アイアンマンことトニー・スタークが完成させた人工知能“ウルトロン”の暴走に端を発する、ヒーローたちによる愛する者たちを救うための戦いをダイナミックに描くアクション巨編第2弾。 アイアンマンをはじめキャプテン・アメリカやハルクなど、マーベルコミックスのヒーローが一堂に会し、世界的大ヒットを記録した「アベンジャーズ」(2012)の続編。 前作に続いてジョス・ウェドンが監督、脚本を手がけ、アイアンマン=トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jr.ら主要キャストも引き続き出演する。 ヒーローたちのバトルやドラマに引き込まれる。

【作品データ】
 原題:Avengers: Age of Ultron 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:141分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ジョス・ウェドン  出演:ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)、マーク・ラファロ(ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(クイックシルバー)、ポール・ベタニー(ビジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ)、ジェームズ・スパイダー(ウルトロン)ほか。

【あらすじ】
 人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。 人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする…。

10  シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ









公開日: 2016年4月29日(金)


[(-)] リバイバル上映で圏外から10位にランクインした。

 <アベンジャーズ>のメンバー同士でもあるキャプテン・アメリカとアイアンマンの対立を、あるテロ事件と絡めて活写していくアクション大作。 マーベルヒーローが集結した「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」後の物語。 マーベルコミック原作「キャプテン・アメリカ」シリーズの第3弾。 キャプテン・アメリカ、アイアンマンらおなじみのアベンジャーズの面々に、アントマンやブラックパンサー、そしてスパイダーマンと新たなヒーローも続々参戦。 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に引き続き、監督はアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ。 キャストにはロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソンら、一連のシリーズでおなじみの面々が結集した。

【作品データ】
 原題:Captain America: Civil War 製作年:2016年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:148分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ  出演:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク=アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース=キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン=ホークアイ)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ=ウィンター・ソルジャー)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン=ファルコン)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ=ウォーマシン)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ=スカーレット・ウィッチ)、チャドウィック・ボーズマン(ブラックパンサー)、ポール・ラッド(アントマン)ほか。

【あらすじ】
 アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。 しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。 さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。 アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。 二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼(しんかん)させるテロ事件が起きてしまう…。

スポンサーサイト



▽今週の観客動員数 TOP10

(2020 8/1 - 8/2)
1位今日から俺は!!劇場版
2位コンフィデンスマンJP プリンセス編
3位もののけ姫
4 位千と千尋の神隠し
5 位風の谷のナウシカ
6 位劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! ~映画になってちょーだいします~
7 位私がモテてどうすんだ
8 位透明人間
9 位古代マヤの人体のサバイバル! NEW!!
10 位ダンケルク NEW!!

▽最新記事
▽カテゴリ

▽見どころ、撮影裏話

◎今週1位 映画「今日から俺は!!劇場版」をピックアップ!!

▽今週公開映画の予告編


2020年(令和2年)
8/3(月),8/7(金),8/8(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 & 楽天トラベル




▽RSSフィード
▽ブログ内検索フォーム

 
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]