ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

 

~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行<動員>ランキング(2019 4/13 - 4/14)

 「名探偵コナン」最新作が圧倒的な強さで首位スタート! 「ハンターキラー」が3位に初登場。(4月13日 - 4月14日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
▽順位/作品題▽作品情報・コメント

1位 名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)









公開日: 2019年4月12日(金)


[(-) NEW!!] 初登場1位でスタートを飾った。 土日2日間で、動員114万5000人、興収14億6400万円をあげている。 4月12日(金)初日からの累計では、動員145万8000人、興収18億8600万円を突破。 前作「ゼロの執行人」との興収対比で112.9%となり、17作目の「絶海の探偵」以降6作品連続でのシリーズ最高記録を更新する素晴らしいオープニングとなった。オープニングの記録更新とともに、前作まで6年連続で更新されているシリーズ最高興収91億8000万円を更新することができるのか、今後の展開に注目。

 シンガポールを舞台に、世界最大のブルーサファイアをめぐり、江戸川コナン、怪盗キッド、“蹴撃の貴公子”の異名を持つ空手部主将の京極真による激しいバトルが展開するサスペンス・アニメーション。 原作、アニメ、映画共に人気の高い「名探偵コナン」の劇場版23作目。 監督は、「劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)」などに携ってきた永岡智佳。 ボイスキャストには、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平らおなじみの声優が名を連ねている。 本作は平成最後の「名探偵コナン」の映画となる。 キャッチコピーは、Never let you go... "もう決して、あなたを離しません──"真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:110分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:永岡智佳  声の出演:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、山口勝平(怪盗キッド)、緒方賢一(阿笠博士)、岩居由希子(吉田歩美)、高木渉(小嶋元太)、大谷育江(円谷光彦)、林原めぐみ(灰原哀)、山崎育三郎(レオン・ロー)、河北麻友子(レイチェル・チェオング)ほか。

【あらすじ】
 19世紀末、シンガポール近海に海賊船と一緒に沈んだとされるブルーサファイア“紺青の拳(こんじょうのフィスト)”。 その宝石をある富豪が回収しようとしている中、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生し、現場で怪盗キッドによる血塗られた予告状が見つかる。 江戸川コナンは、キッドの策略によって、シンガポールへ行かざるを得ない状況に追い込まれてしまう。

2位 映画ドラえもん のび太の月面探査記









公開日: 2019年3月1日(金)


[(1)] 先週の1位から1ランクダウン。 累計では動員409万人を突破、興収47億円まであと少しと迫っている。

 月を舞台に、のび太たちが冒険を繰り広げる冒険ファンタジー・アニメーション。 国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ39作目。 直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」、ドラえもんのひみつ道具を各章のタイトルに起用した「凍りのくじら」などで知られる人気作家の辻村深月が、映画脚本に初挑戦した。 監督は「映画ドラえもん」シリーズを手がけるのは3作目となる八鍬新之介。 水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみらおなじみのメンバーがボイスキャストを務め、ゲスト声優として広瀬アリス、お笑いコンビ<ロッチ>の中岡創一、お笑いコンビ<サバンナ>の高橋茂雄、柳楽優弥、吉田鋼太郎らが参加。 主題歌を平井大が手がけた。

【作品データ】
 原題:ドラえもん 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:111分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:八鍬新之介  声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、皆川純子(ルカ)、広瀬アリス(ルナ)、中岡創一(キャンサー)、高橋茂雄(クラブ)、柳楽優弥(ゴダート)、吉田鋼太郎(ディアボロ)、酒井藍(カイア)ほか。

【あらすじ】
 月面探査機によって捉えられた白い影のニュースを聞いたのび太は、それを“月のウサギ”だと訴え笑い者になってしまう。 そこでドラえもんのひみつ道具“異説クラブメンバーズバッジ”の力を借りて、月の裏側にウサギ王国の建国を計画する。 ある日転校してきた謎めいた少年ルカは、のび太たちと共にウサギ王国に行く…。

3位 ハンターキラー 潜航せよ









公開日: 2019年4月12日(金)


[(-) NEW!!] 初登場3位にランクインした。

 消息を絶ったアメリカ海軍原子力潜水艦の捜索に向かった潜水艦の運命を描くアクション。 「ワイルド・スピード」シリーズ製作陣が、米海軍の全面協力を得て描いた。 原作は、小説家ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスによるベストセラー小説。 監督は「裏切りの獣たち」のドノバン・マーシュ。 主演は、「ジオストーム」、「エンド・オブ・ホワイトハウス」のジェラルド・バトラーが務めた。 共演に「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」でアカデミー賞を受賞したゲイリー・オールドマンなど。 本作はミカエル・ニクヴィストの遺作でもある。

【作品データ】
 原題:Hunter Killer 製作年:2018年 製作国:イギリス 配給:ギャガ 上映時間:122分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ドノバン・マーシュ  出演:ジェラルド・バトラー(ジョー・グラス)、ゲイリー・オールドマン(チャールズ・ドネガン)、コモン(ジョン・フィスク)、リンダ・カーデリーニ(ジェーン・ノーキスト)、トビー・スティーブンス(ビル・ビーマン)、ミカエル・ニクヴィスト(アンドロポフ)ほか。

【あらすじ】
 ジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)が艦長を務めるアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーに、ロシア近海で行方不明になった同海軍原潜の捜索命令が下る。 やがてハンターキラーは、沈没したロシア海軍の原潜を発見し、生存していた艦長を捕虜として拘束する。 さらに、ロシアで極秘偵察任務にあたるネイビーシールズが、世界の命運を左右する巨大な陰謀をつかむ。 それを受けてハンターキラーは、敵だらけのロシア海域に潜航する…。

 ダンボ









公開日: 2019年3月29日(金)


[(2)] 先週の2位から2ランクダウン。

 1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」をベースにした、オリジナル脚本によるファンタジー。「チャーリーとチョコレート工場」、「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督で実写映画化。 ダンボを軸に、家族の絆を描き出した新しい物語。 「ロブスター」などのコリン・ファレル(ホルト・ファリア)をはじめ、バートン監督の「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に出演したエヴァ・グリーン(コレット・マーチャント)、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 」などのマイケル・キートン(V・A・ヴァンデバー)、ニコ・パーカー(ミリー・ファリア)、フィンリー・ホビンス(ジョー・ファリア)らが出演している。

【作品データ】
 原題:Dumbo 製作年:2019年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:112分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ティム・バートン  出演:コリン・ファレル(ホルト・ファリア)、マイケル・キートン(V・A・ヴァンデバー)、ダニー・デビート(マックス・メディチ)、エヴァ・グリーン(コレット・マーチャント)、アラン・アーキン(J・グリフィン・レミントン)、ニコ・パーカー(ミリー・ファリア)、フィンリー・ホビンス(ジョー・ファリア)ほか。

【あらすじ】
 サーカスで生まれた象のダンボは、耳が大き過ぎると笑われていた。 だがサーカスの元スター、ホルト(コリン・ファレル)の娘ミリー(ニコ・パーカー)と息子のジョー(フィンリー・ホビンズ)は、家族の一員としてダンボと接していた。 ある日ミリーとジョーは、偶然ダンボが空を飛べることを知る。 そのことが、ほかのサーカスを経営するヴァンデヴァー(マイケル・キートン)の耳に入る…。

 翔んで埼玉









公開日: 2019年2月22日(金)


[(3)] 先週の3位から2ランクダウンした。 累計で動員257万人、興収33億円を突破している。

 埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子と埼玉出身の転校生の県境を超えたラブストーリー。 埼玉県をディスりまくる爆笑ネタを散りばめつつ、地方を元気にする壮大な革命コメディが展開する。 人気漫画『パタリロ!』で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されると SNS などで反響を呼んだ『翔んで埼玉』を実写映画化。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 二階堂ふみが男性である百美役を ミュージシャンの GACKT が麻実役をそれぞれ演じる。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:107分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:武内英樹  出演:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、中尾彬(壇ノ浦建造)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)ほか。

【あらすじ】
 東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。 東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、惹かれ合う。 しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し…。

 キャプテン・マーベル









公開日: 2019年3月15日(金)


[(4)] 先週の4位から2ランクダウン。

 1990年代の地球を舞台に、驚異的な力を持つ主人公が、失った記憶をめぐる戦いに挑むアクションエンタテインメント。 マーベルコミックが生んだヒーローが結集する「アベンジャーズ」シリーズに連なるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一作で、MCU では始めて女性ヒーローが単独で主役となったアクションエンタテインメント。 監督は、マーベル映画では初の女性監督となるアンナ・ボーデンと、ボーデンとともに「ハーフネルソン」などでコンビを組んできたライアン・フレック。 「ルーム」でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンがキャプテン・マーベル役で主演。 ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンのほか、ジュード・ロウらが共演する。

【作品データ】
 原題:Captain Marvel 製作年:2019年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:124分 映倫区分:G 上映方式:D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック  出演:ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ベン・メンデルソーン(タロス)、ジャイモン・フンスー(コラス)、リー・ペイス(ロナン)、ラシャナ・リンチ、ジェンマ・チャン(ミン・エルヴァ)、アネット・ベニング(ウェンディ・ローソン)、クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)、ジュード・ロウ(スター・フォースの司令官)ほか。

【あらすじ】
 1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。 彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。 その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。 彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる…。

 ハロウィン








公開日: 2019年4月12日(金)


[(-) NEW!!] 初登場7位にランクインした。

 第1作から40年後を舞台に、生存者の女性が再び“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズに立ち向かうホラー映画。 殺人鬼がハロウィンの夜に起こす悪夢を描いたジョン・カーペンター監督による1978年の名作ホラー「ハロウィン」の続編。 「ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~」のデビッド・ゴードン・グリーンがメガホンをとった。 ジョン・カーペンターが製作総指揮のほか音楽も担当している。 1978年版でローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスが再び同役を務め、「ジュラシック・ワールド」のジュディ・グリアらが共演。

【作品データ】
 原題:Halloween 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:パルコ 上映時間:106分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 監督:デビッド・ゴードン・グリーン  出演:ジェイミー・リー・カーティス(ローリー・ストロード)、ジュディ・グリア(カレン)、アンディ・マティチャック(アリソン)、ウィル・パットン(ホーキンス警察官)、バージニア・ガードナー(ヴィッキー)、ニック・キャッスル(マイケル・マイヤーズ/ブギーマン)ほか。

【あらすじ】
 1978年のハロウィン。 精神科病棟を脱走し凄惨な殺人事件を起こしたマイケル・マイヤーズ(ニック・キャッスル)は、“ブギーマン”と呼ばれ恐れられた。 唯一生き延びたローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)は、病院に収容された殺人鬼が再び現れることを想定しその時に備えていた。 そして事件から40年後のハロウィン前夜、精神科病棟から患者を移送する車が事故を起こし、マイケルは逃亡してしまう…。


 グリーンブック







公開日: 2019年3月1日(金)


[(9)] 先週の9位から1ランクアップ。 累計で動員146万人、興収18億円を突破した。

 人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描く人間ドラマ。 監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。 トニー役に「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。 第91回アカデミー賞では、全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。

【作品データ】
 原題:Green Book 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ギャガ 上映時間:130分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ピーター・ファレリー  出演:ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・バレロンガ)、マハーシャラ・アリ(ドクター・ドナルド・シャーリー)、リンダ・カーデリーニ(ドロレス)、ディミテル・D・マリノフ(オレグ)、マイク・ハットン(ジョージ)ほか。

【あらすじ】
 1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになる。 シャーリーは人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド『グリーンブック』を頼りに旅立つ。 出自も性格も違う彼らは衝突を繰り返すが、少しずつ打ち解けていく…。

 映画 プリキュアミラクルユニバース









公開日: 2019年3月16日(土)


[(8)] 先週の8位から1ンクダウン。

 「プリキュア」劇場版シリーズではおなじみになっている応援アイテムで、プリキュアたちに不思議な力を届ける“ミラクルライト”の秘密をめぐり、プリキュアたちが宇宙を舞台に冒険を繰り広げるファンタジー・アニメーション。 人気アニメ「プリキュア」劇場版シリーズの通算26作目。 2019年2月に放送を開始し、「プリキュア」史上初めて宇宙を舞台にした作品として話題の「スター☆ トゥインクル プリキュア」を筆頭に、前作「 映画HUGっと! プリキュアふたりはプリキュア~オールスターズメモリーズ~」、前々作「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」の3作品の“プリキュア”が共演する。 ボイスキャストは、成瀬瑛美、小原好美、安野希世乃、小松未可子らのほか、ゲスト声優として梶裕貴、小桜エツコ、爆笑問題の田中裕二が参加する。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:70分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:貝澤幸男  声の出演:成瀬瑛美(キュアスター/星奈ひかる)、小原好美(キュアミルキー/羽衣ララ)、安野希世乃(キュアソレイユ/雨宮えれな)、小松未可子(キュアセレーネ/香久矢まどか)、木野日菜(フワ)、吉野裕行(プルンス)、引坂理絵(キュアエール/野乃はな)、本泉莉奈(キュアアンジュ/薬師寺さあや)、小倉唯(キュアエトワール/輝木ほまれ)、田村奈央(キュアマシェリ/愛崎えみる)、梶裕貴(ヤンゴ)、田中裕二(大統領)、小桜エツコ(ピトン)ほか。

【あらすじ】
 星空を眺めていた星奈ひかると羽衣ララ、天宮えれな、香久矢まどから<スター☆トゥインクルプリキュア>は、キラキラ星の世界にワープしてしまう。 彼女たちはミラクルライトの見習い職人ピトンと出会い、ミラクルライトの秘密に迫る冒険に出掛けるが、宇宙警備隊に追われミラクルライトの光が真っ黒になってしまう。 さらに伝説の宇宙大魔王が復活し、彼女たちはピンチを迎える…。

10  バンブルビー









公開日: 2019年3月22日(金)


[(5)] 先週の5位から5ランクダウンした。

 シリーズきっての人気キャラクターの“バンブルビー”が主人公となり、1980年代を舞台に、思春期の少女との運命的な出会いを描くSFアクション。 「トランスフォーマー」シリーズに登場するキャラクター、“バンブルビー”にスポットを当てたスピンオフ作品。 アカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画「 KUBO/クボ 二本の弦の秘密」で知られるトラビス・ナイト監督が、自身初の実写映画監督として手がけ、「トランスフォーマー」シリーズでは初めてマイケル・ベイ以外の監督がメガホンをとった。 少女チャーリーを演じるのは、女優・歌手として人気を集める「トゥルー・グリット」などのヘイリー・スタインフェルド。 そしてプロレスラーでもあるジョン・シナがバーンズ役で出演する。

【作品データ】
 原題:Bumblebee 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:東和ピクチャーズ 上映時間:114分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:トラビス・ナイト  出演:ヘイリー・スタインフェルド(チャーリー・ワトソン)、ジョン・シナ(バーンズ)、ホルヘ・レンデボルグ・Jr.(ギレルモ・“メモ”・グティエレス)、ジェイソン・ドラッカー(オーティス・ワトソン)、パメラ・アドロン(サリー)、スティーブン・シュナイダー(ロン)、リカルド・ホヨス(トリップ・サマーズ)、ジョン・オーティス(パウエル博士)、グリン・ターマン(ウェーレン司令官)、レン・キャリオー(ハンクおじさん)、グレイシー・ドジーニー(ティナ)ほか。

【あらすじ】
 1987年。18歳の少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)は居場所がなく、孤独な毎日を過ごしていた。 ある日彼女は、海沿いにある小さな廃品置き場で1台の黄色いボロボロの車を見つける。 彼女は、この車を“バンブルビー”と名付けて直そうとするが、それは普通の車ではなかった…。

スポンサーサイト



▽今週の観客動員数 TOP10

(2019 11/16 - 11/17)
1位ターミネーター:ニュー・フェイト
2位映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
3位IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
4 位ジョーカー
5 位マチネの終わりに
6 位冴えない彼女の育てかた Fine
7 位マレフィセント2
8 位エンド・オブ・ステイツ NEW!!
9位ひとよ
10 位Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆

▽最新記事
▽カテゴリ

▽ジャパンプレミア

◎今週1位 映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」をピックアップ!!

▽今週公開の映画 - 映画.com


2019年(令和1年)
11/19(火),11/20(水),
11/22(金),11/23(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 & 楽天トラベル




▽RSSフィード
 
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]