ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2013 9/7 - 9/8)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(9/7 - 9/8)

[興行通信社調べ]
順位/作品解説
第1位 風立ちぬ







{公開日: 2013年7月20日(土)}

[ ] 8週連続で首位を獲得した。 土日2日間の成績は動員約34万6千1百人、興収約4億5576万円をあげ、累計動員788万人、累計興収97億円を突破し、100億円超えが目前となった。 前週動員比は113.6%と客足を伸ばし、先日発表された宮崎駿監督の引退宣言の反響があったことがうかがえる。

 宮崎監督が模型雑誌『月刊モデルグラフィックス』で連載していた漫画を基に、ゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメーション。 日本だけでなく世界中にファンをもつ宮崎監督が2008年「崖の上のポニョ」以来5年ぶりに手がけた長編作。 美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、そして青年と少女との出会いと別れを綴る。 主人公の声には、「エヴァンゲリオン」シリーズなどの庵野秀明監督を抜擢。 他に、瀧本美織や西島秀俊、野村萬斎などが声優として参加している。 第70回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、その会場にて宮崎駿監督は本作をもって引退すると発表された。

【作品情報】
 製作年:2013年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:126分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:宮崎駿  声の出演:庵野秀明(堀越二郎)、瀧本美織(里見菜穂子)、西島秀俊(本庄)、西村雅彦(黒川)、スティーブン・アルパート(カストルプ)、風間杜夫(里見)、竹下景子(二郎の母)、志田未来(堀越加代)、國村隼(服部)、大竹しのぶ(黒川夫人)、野村萬斎(カプローニ)ほか。

【あらすじ】
 幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。やがて2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、新たな飛行機作りに没頭していく…。
第2位 キャプテンハーロック







{公開日: 2013年9月7日(土)}

[ NEW ] 初登場2位にランクイン。 全国578スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員約9万7百人、興収約1億3397万円をあげた。

 宇宙海賊として地球連邦政府に反旗を翻すハーロックの活躍を、彼の暗殺命令を受けた男との対峙を絡めながら映し出していくフルCGアニメーション。 『銀河鉄道999』シリーズと並び称される松本零士の人気コミック『宇宙海賊キャプテンハーロック』を、総製作費3000万ドルをかけておよそ30年ぶりにアニメ化。 監督は、「APPLESEED アップルシード」の荒牧伸志。 「亡国のイージス」、「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏が脚本務めた。 すでに78の国と地域から配給オファーが殺到。 ベネチア国際映画祭の特別招待作品にも選ばれた。

【作品情報】
 製作年:2013年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:115分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:荒牧伸志  声の出演:小栗旬(キャプテンハーロック)、三浦春馬(ヤマ)、蒼井優(ミーメ)、古田新太(ヤッタラン)、福田彩乃(トリさん)ほか。

【あらすじ】
 宇宙全域に散らばった人類が地球帰還をめぐって争った“カム・ホーム戦争”から100年後の世界。元宇宙艦隊大佐で現在は広域指名手配犯として恐れられる宇宙海賊キャプテンハーロックを暗殺せよとの密命を帯びた青年ヤマは、ハーロックが駆る宇宙海賊戦艦アルカディア号への潜入に成功する。新人乗組員として正体を隠し、ハーロック暗殺の機会をうかがうヤマだったが、やがてハーロックの目的とアルカディア号の正体、そして人類の希望たる地球に隠された秘密を知る…。
第3位 マン・オブ・スティール







{公開日: 2013年8月30日(金)}

[ ] 先週の2位から1ランクダウン。

 無敵の能力を備えながらも、それゆえに苦悩して育った青年クラーク・ケントが、いかにしてスーパーマンとして立ち上がったのか、これまで描かれてこなかったスーパーマン誕生の物語を描くアクション超大作。 「ダークナイト」のクリストファー・ノーランが製作、「300 スリーハンドレッド」のザック・スナイダーが監督でリブートされた新たな「スーパーマン」。 スーパーマン役は英国人俳優ヘンリー・カヴィル、ロイス・レイン役はエイミー・アダムス、ゾッド将軍役はマイケル・シャノン、ジョナサンとマーサ・ケント夫妻役はケヴィン・コスナーとダイアン・レイン、ペリー・ホワイト役はローレンス・フィッシュバーン、ジョー=エル役はラッセル・クロウが務めた。

【作品情報】
 原題:Man of Steel 製作年:2013年 製作国:アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:143分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ザック・スナイダー  出演:ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント…カル=エル)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、マイケル・シャノン(ゾッド将軍)、ケヴィン・コスナー(ジョナサン・ケント)、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、ローレンス・フィッシュバーン(ペリー・ホワイト)、アンチュ・トラウェ(ファオラ=ウル)、アイェレット・ゾラー(ララ・ロー=ヴァン)、クリストファー・メローニ(ネイサンハディ大佐)、ラッセル・クロウ(ジョー=エル) ほか。

【あらすじ】
 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり…。
第4位 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。







{公開日: 2013年8月31日(土)}

[ ] 先週の3位から1ランクダウンした。

 2011年4~6月にフジテレビ系深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された全11話のオリジナルアニメーションの劇場版。 幼い頃に死んだ少女が成長した姿で仲間たちの前に現われたことから、彼女と仲の良かった5人が再び集結し、過去と向き合う姿を映し出す。  TVシリーズで描かれなかった過去の出来事や、TVシリーズ最終話から1年後の成長した仁太らの姿も描かれる。 監督は、「とある科学の超電磁砲」シリーズなどの長井龍雪。

【作品情報】
 製作年:2013年 製作国:日本 配給:アニプレックス 上映時間:99分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:長井龍雪  声の出演:入野自由(宿海仁太)、茅野愛衣(本間芽衣子)、戸松遥(安城鳴子)、櫻井孝宏(松雪集)、早見沙織(鶴見知利子)、近藤孝行(久川鉄道) ほか。

【あらすじ】
 宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の小学生6人は大の仲良しで、“超平和バスターズ”と名乗り、秘密基地に集まって遊ぶ楽しい日々を過ごしていた。しかし、ある夏の日、芽衣子が事故で亡くなり、残された5人の心は離れ離れになってしまう。時は流れ、高校1年生になった仁太の前に、死んだはずの芽衣子が成長した姿で現れる。その姿は仁太にしか見えず、芽衣子は超平和バスターズのみんなに願いをかなえてほしいと言うが、その願いが何であるのか芽衣子自身も思い出すことができない。離れ離れになっていた“超平和バスターズ”は、このことをきっかけに再び集い、芽衣子の願いをかなえようとするが…。
第5位 貞子3D2







{公開日: 2013年8月30日(金)}

[ ] 先週の6位から1ランクアップした。

 ジャパニーズホラーを代表する恐怖のアイコン“貞子”を3Dで描いた「貞子3D」(2012)の続編。 前作に続き「リング」シリーズの原作者・鈴木光司によるオリジナルストーリーを、英勉監督のメガホンで映画化。 NHK連続テレビ小説「てっぱん」で知られる若手女優の瀧本美織が楓子役で主演している。

【作品情報】
 製作年:2013年 製作国:日本 配給:角川映画 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督:英勉  出演:瀧本美織(安藤楓子)、瀬戸康史(安藤孝則)、平澤宏々路(安藤凪)、石原さとみ(鮎川茜)、大沢逸美(上村文香)、大西武志(垣内貢)、山本裕典(柏田清司)、田山涼成(小磯勇吾)ほか。

【あらすじ】
 呪いの動画事件の五年後、安藤孝則(瀬戸康史)と鮎川茜(石原さとみ)の間に娘の凪(平澤宏々路)が生まれた。茜が産後に死亡したので、孝則は娘の世話を妹の楓子(瀧本美織)に頼む。“呪いの動画”による死亡事件が再び起こり、楓子は死亡事件が凪の周囲に発生することに気付く。楓子は五年前の事件を思い出し、首謀者だった柏田清司(山本裕典)と会い、“貞子”と“貞子の子供”の話を知る。孝則と楓子が推論し、茜の死亡と凪にかかわりがあること、死の連鎖がまだ収まっていないことに気付いた時、通りに長い髪の女が大勢現れる。…。
第6位 映画 謎解きはディナーのあとで







{公開日: 2013年8月3日(土)}

[ ] 先週の4位から2ランクダウンした。 累計動員260万人、興行収入30億円を突破し、依然好成績をあげている。

 2011年に連続ドラマ、2012年にスペシャルドラマが放送されたフジテレビ系ドラマ「謎解きはディナーのあとで」の劇場版。 監督は、本作が映画初監督である土方政人。 原作は、2011年の本屋大賞で第1位に輝き、ベストセラーとなった東川篤哉著の同名推理小説。 令嬢刑事の麗子と毒舌ながら彼女の推理を手助けする執事の影山という凸凹コンビが、シンガポールに向かう豪華客船の中で起きた殺人事件の謎に挑む姿をユニークに描く。 大人気キャラクター風祭警部も、もちろん健在!  伊東四朗、鹿賀丈史、生瀬勝久、竹中直人、宮沢りえら豪華キャスト陣も見どころ。

【作品情報】
 製作年:2013年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:121分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:土方政人  出演:櫻井翔(影山)、北川景子(宝生麗子)、椎名桔平(風祭京一郎)、中村雅俊(藤堂卓也)、桜庭ななみ(藤堂凛子)、要潤(石川天明)、鹿賀丈史(海原真之介)、黒谷友香(結城千佳)、伊東四朗(唐沢)、生瀬勝久(京極天)、竹中直人(高円寺健太)、宮沢りえ(熊沢美穂)ほか。

【あらすじ】
 シンガポール行きの豪華客船に乗ってクルーズに出かけた令嬢・宝生麗子(北川景子)と執事・影山(櫻井翔)。久々の休暇に心がはずむ麗子だったが、シンガポールへの寄贈品の警備にあたっていた麗子の上司・風祭警部(椎名桔平)も同じ客船に乗っていた。さらに船の中で殺人事件が発生し、犯人からの犯行声明が出される。乗客・乗員あわせて300人の中から、シンガポールに到着するまでの5日間で犯人を特定しなければならないが、なぜか今回は影山の推理も冴えない。そうした中、第2、第3の事件が発生してしまう…。
第7位 モンスターズ・ユニバーシティ







{公開日: 2013年7月6日(土)}

[ ] 先週の5位から2ランクダウンした。

 ディズニー/ピクサーの代表作である、「モンスターズ・インク」のシリーズ第2弾にして、サリーと相棒マイクの学生時代にさかのぼる前日譚。 学生時代のサリーとマイクがいかにして出会い、怖がらせ屋のコンビを結成することになったのかを描く。 監督は、「101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険」や「カーズ」などに携わってきたダン・スカンロン。 幼い頃のキュートなマイクのビジュアルや、舞台となるモンスターたちが通う大学のユーモラスな雰囲気も見どころとなった。

【作品情報】
 原題:Monsters University 製作年:2013年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:110分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ダン・スキャンロン  声の出演:ビリー・クリスタル(マイク…マイク・ワゾウスキ)、ジョン・グッドマン(サリー…ジェームズ・P・サリバン)、スティーブ・ブシェーミ(ランディ…ランドール・ボッグス)、ヘレン・ミレン(ハードスクラブル学長)、ピーター・ソーン(スクイシー…スコット・スクイブルズ) ほか。

【あらすじ】
 幼い頃から怖がらせ屋になることを夢見ていたマイクは、努力の果てに難関を突破し、モンスターズ・ユニバーシティ怖がらせ学部に入学。しかし、怖がらせ屋になるには、見た目がかわいすぎるという致命的な欠点に悩まされる日々を送る。そんなある時、マイクは、名家の出身で怖がらせの才能にあふれたサリーと出会う。マイクはサリーをライバル視するが、自信に充ち溢れたサリーはマイクを見向きもしない。夢をあきらめないマイクは、“最恐の怖がらせ屋”を決める怖がらせ大会に出場するが…。
第8位 スター・トレック イントゥ・ダークネス







{公開日: 2013年8月23日(金)}

[ ] 先週の7位から1ランクダウン。

 謎の男によって混乱にさらされる地球の命運に加え、カーク船長率いるUSSエンタープライズ最大の危機を活写するSFアクション大作「スター・トレック」(2009)の続編。 宇宙船エンタープライズ号の船長カークとクルーたちがさらなる脅威にさらされる姿が迫力満点に描かれている。 監督は、前作に引き続きJ・J・エイブラムス。 クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらメインキャストも続投。 冷酷な悪役を、「裏切りのサーカス」のイギリス人俳優ベネディクト・カンバーバッチが怪演している。

【作品情報】
 原題:Star Trek Into Darkness 製作年:2013年 製作国:アメリカ 配給:パラマウント 上映時間:132分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:J・J・エイブラムス  出演:クリス・パイン(ジェームズ・T・カーク)、ベネディクト・カンバーバッチ(ジョン・ハリソン)、ザッカリー・クイント(スポック)、ゾーイ・サルダナ(ニヨータ・ウフーラ)、ジョン・チョウ(ヒカル・スールー)、サイモン・ペッグ(モンゴメリー・スコット)、アリス・イブ(キャロル・マーカス)他。

【あらすじ】
 西暦2259年、ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)率いるUSSエンタープライズは、未開の惑星を調査中に陥った予期せぬ危機から脱するため、重大な規則違反を犯す。無事に地球へ帰還できたものの、カークは艦長職を解かれてしまう。そんな時、ロンドンの艦隊基地が爆破される事件が発生。艦隊士官のジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)という男が真犯人であることが判明する。すぐさまハリソンを捕らえるよう命令が下るが…。
第9位 少年H







{公開日: 2013年8月10日(土)}

[ ] 先週の11位から2ランクアップ。

 戦前から戦後までの神戸を舞台に、軍国化や戦争という暗い時代の影をはねつけながら生きる家族の姿を見つめていくヒューマン・ドラマ。 原作は、1997年に発表されベストセラーを記録した、妹尾河童の自伝的小説。 監督は、「ホタル」、「鉄道員(ぽっぽや)」などの名匠・降旗康男。 感動的な物語もさることながら、当時の神戸の街並みを再現したオープンセットも見どころとなった。 実際に夫婦でもある水谷豊と伊藤蘭が、テレビドラマ「事件記者チャボ!」以来となる共演を果たし、少年H の父母を演じている。

【作品情報】
 製作年:2013年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:122分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:降旗康男  出演:水谷豊(妹尾盛夫)、伊藤蘭(妹尾敏子)、吉岡竜輝(妹尾肇…H )、花田優里音(妹尾好子)、小栗旬(うどん屋の兄ちゃん)、早乙女太一(オトコ姉ちゃん)、原田泰造(田森教官)、佐々木蔵之介(久門教官)、國村隼(吉村さん)、岸部一徳(柴田さん)ほか。

【あらすじ】
 昭和初期の神戸。名前のイニシャルから“ H(エッチ)”と呼ばれる少年・肇(吉岡竜輝)は、好奇心と正義感が強く、厳しい軍事統制下で誰もが口をつぐむ中でも、おかしなことには疑問を呈していく。Hはリベラルな父(水谷豊)と博愛精神に溢れる母(伊藤蘭)に見守られ成長し、やがて戦争が終わり15歳になると独り立ちを決意する…。
第10位 ホワイトハウス・ダウン







{公開日: 2013年8月16日(金)}

[ ] 先週の9位から1ランクダウン。

 謎の組織にホワイトハウスが乗っ取られ、ワシントンD.C.が危機に陥る様子を描くアクション大作。 監督は、「インデペンデンス・デイ」、「2012」のローランド・エメリッヒ。 主人公の警察官ジョン・ケイル役に「G.I.ジョー」のチャニング・テイタム、米大統領役に「ジャンゴ 繋がれざる者」のジェイミー・フォックス。 チャニング・テイタムの見せる派手なアクション、大統領でありながらロケットランチャーをぶっ放すジェイミー・フォックスなど、見どころもたっぷり。

【作品情報】
 原題:White House Down 製作年:2013年 製作国:アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 上映時間:132分 映倫区分 G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ローランド・エメリッヒ  出演:チャニング・テイタム(ジョン・ケイル)、ジェイミー・フォックス(ジェームズ・ソイヤー大統領)、マギー・ギレンホール(キャロル・フィナティ特別警護官)、ジェイソン・クラーク(エミール・ステンツ)、リチャード・ジェンキンス(イーライ・ラフェルソン)、ジェームズ・ウッズ(マーティン・ウォーカー)、ジョーイ・キング(エミリー・ケイル)他。

【あらすじ】
 議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、大統領(ジェイミー・フォックス)のシークレットサービスになるため面接試験を受けるが不採用となってしまう。幼い娘をがっかりさせたくないと、ジョンは娘をホワイトハウスの見学ツアーに連れ出すが、その時、謎の武装集団がホワイトハウスを襲撃、占拠するという前代未聞の事態が発生する。政府が大混乱に陥る中、ジョンは大統領や娘、そして合衆国の命運をかけた戦いに身を投じる…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 8/11 - 8/12)
1位劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-
2位ミッション:インポッシブル/フォールアウト
3位インクレディブル・ファミリー
4 位 ジュラシック・ワールド/炎の王国
5 位オーシャンズ8 NEW!!
6 位未来のミライ
7 位僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~
8 位劇場版 仮面ライダービルド Be The One
9 位劇場版ポケットモンスター みんなの物語
10 位センセイ君主

▽最新記事
▽カテゴリ

▽メイキング

◎今週1位「劇場版コードブルー」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
 8/14(火)~8/19(日)
劇場公開

▽Amazon アマゾン








▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]