ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2019 3/9 - 3/10)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行<動員>ランキング(2019 3/9 - 3/10)

 「ドラえもん」が2週連続で首位を獲得! 「翔んで埼玉」が2位、「グリーンブック」が3位とTOP3は変動なし。 (3月9日 - 3月10日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
▽順位/作品題▽作品情報・コメント

1位 映画ドラえもん のび太の月面探査記









公開日: 2019年3月1日(金)


[(1)] 2週連続1位に輝いた!! 土日2日間で動員52万人、興収6億1200万円をあげている。 累計では早くも動員127万人、興収15億円に届く勢いで、4年連続のシリーズ最高記録更新に向け順調な滑り出しとなった。

 月を舞台に、のび太たちが冒険を繰り広げる冒険ファンタジー・アニメーション。 国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ39作目。 直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」、ドラえもんのひみつ道具を各章のタイトルに起用した「凍りのくじら」などで知られる人気作家の辻村深月が、映画脚本に初挑戦した。 監督は「映画ドラえもん」シリーズを手がけるのは3作目となる八鍬新之介。 水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみらおなじみのメンバーがボイスキャストを務め、ゲスト声優として広瀬アリス、お笑いコンビ<ロッチ>の中岡創一、お笑いコンビ<サバンナ>の高橋茂雄、柳楽優弥、吉田鋼太郎らが参加。 主題歌を平井大が手がけた。

【作品データ】
 原題:ドラえもん 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:111分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:八鍬新之介  声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、皆川純子(ルカ)、広瀬アリス(ルナ)、中岡創一(キャンサー)、高橋茂雄(クラブ)、柳楽優弥(ゴダート)、吉田鋼太郎(ディアボロ)、酒井藍(カイア)ほか。

【あらすじ】
 月面探査機によって捉えられた白い影のニュースを聞いたのび太は、それを“月のウサギ”だと訴え笑い者になってしまう。 そこでドラえもんのひみつ道具“異説クラブメンバーズバッジ”の力を借りて、月の裏側にウサギ王国の建国を計画する。 ある日転校してきた謎めいた少年ルカは、のび太たちと共にウサギ王国に行く…。

2位 翔んで埼玉









公開日: 2019年2月22日(金)


[(2)] 先週の2位をキープ。 土日2日間で動員19万9000人、興収2億7000万円をあげた。 前週比こそ若干下回ったものの、先週に引き続きオープニングの週末を上回る勢いの衰えない興行となっており、来る春休み興行に期待がかかる。 累計では動員118万人、興収15億円を突破した。

 埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子と埼玉出身の転校生の県境を超えたラブストーリー。 埼玉県をディスりまくる爆笑ネタを散りばめつつ、地方を元気にする壮大な革命コメディが展開する。 人気漫画『パタリロ!』で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されると SNS などで反響を呼んだ『翔んで埼玉』を実写映画化。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 二階堂ふみが男性である百美役を ミュージシャンの GACKT が麻実役をそれぞれ演じる。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:107分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:武内英樹  出演:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、中尾彬(壇ノ浦建造)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)ほか。

【あらすじ】
 東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。 東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、惹かれ合う。 しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し…。

3位 グリーンブック







公開日: 2019年3月1日(金)


[(3)] 先週の3位をキープした。 土日2日間で14万4000人、興収1億9000万円をあげている。 10日の日曜日には、多くの劇場で前週を上回る高稼働となっており、今後も腰の強い興行が見込めそう。

 人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描く人間ドラマ。 監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。 トニー役に「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。 第91回アカデミー賞では、全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。

【作品データ】
 原題:Green Book 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ギャガ 上映時間:130分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ピーター・ファレリー  出演:ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・バレロンガ)、マハーシャラ・アリ(ドクター・ドナルド・シャーリー)、リンダ・カーデリーニ(ドロレス)、ディミテル・D・マリノフ(オレグ)、マイク・ハットン(ジョージ)ほか。

【あらすじ】
 1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになる。 シャーリーは人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド『グリーンブック』を頼りに旅立つ。 出自も性格も違う彼らは衝突を繰り返すが、少しずつ打ち解けていく…。

 運び屋








公開日: 2019年3月8日(金)


[(-) NEW!!] 初登場4位にランクイン。 土日2日間で動員11万6000人、興収1億4600万円をあげた。

 87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという『 The New York Times Magazine 』に掲載された実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた孤独な老人の姿を描いたヒューマンドラマ。 脚本は「グラン・トリノ」のニック・シェンク。 数々のアカデミー賞に輝く、現代の巨匠クリント・イーストウッドは「人生の特等席」以来6年ぶり、自身の監督作では「グラン・トリノ」以来10年ぶりに俳優として出演も果たした。 共演は、アールを追い込んでいく麻薬捜査官役で「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーのほか、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシアら実力派が集結。 そして、イーストウッドの実娘アリソン・イーストウッドも出演している。

【作品データ】
 原題:The Mule 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:116分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:クリント・イーストウッド  出演:クリント・イーストウッド(アール・ストーン)、ブラッドリー・クーパー(コリン・ベイツ捜査官)、ローレンス・フィッシュバーン(主任特別捜査官)、マイケル・ペーニャ(トレビノ捜査官)、ダイアン・ウィースト(メアリー)、アンディ・ガルシア(ラトン)、アリソン・イーストウッド(アイリス)ほか。

【あらすじ】
 90歳のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は、家族を二の次にして仕事一筋に生きてきたが、商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。 そのとき彼は、車で荷物を運ぶだけの仕事を持ち掛けられる。 それを引き受け、何の疑いも抱かずに積み荷を受け取っては運搬するアールだったが、荷物の中身は麻薬だった…。

 スパイダーマン:スパイダーバース








公開日: 2019年3月8日(金)


[(-) NEW!!] 5位でスタートを切った。 土日2日間で動員9万8000人、興収1億6000万円をあげている。

 時空が歪められたことにより、異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を舞台に、主人公の少年マイルスがスパイダーマンとして成長していく姿を描いた長編アニメーション映画。 まだ中学生で未熟なスパイダーマンである少年が、ベテランのスパイダーマンであるピーター・パーカーの指導の下で成長していく。 ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンの3人が監督を務め、「 LEGO(R)ムービー」のフィル・ロード&クリストファー・ミラーが製作を担当。 本作は、第91回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した。 日本語吹替版では、中学生マイルス・モラレス役を小野賢章、ピーター・パーカー役を宮野真守、女性スパイダーマンのグウェン・ステイシー役を悠木碧が担当している。

【作品データ】
 原題:Spider-Man: Into the Spider-Verse 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 上映時間:117分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン  声の出演:シャメイク・ムーア(マイルス・モラレス/スパイダーマン)、ジェイク・ジョンソン(ピーター・B・パーカー/スパイダーマン)、ヘイリー・スタインフェルド(グウェン・ステイシー/スパイダー・グウェン)、ニコラス・ケイジ(スパイダーマン・ノワール)、キミコ・グレン(ペニー・パーカー)、ジョン・モラニー(スパイダー・ハム)、リーブ・シュレイバー(キングピン)、マハーシャラ・アリ(アーロン・デイビス)ほか。

【あらすじ】
 ニューヨークのブルックリンで名門私立中学校に通うスパイダーマンのマイルス・モラレスは、自分の能力をコントロールできなかった。 ある日、時空がゆがめられた衝撃で、それぞれ異なる次元にいたスパイダーマンたちが集まってくる…。

 僕の彼女は魔法使い







公開日: 2019年2月22日(金)


[(4)] 先週の4位から2ランクダウン。

 魔法使いのヒロインが運命の人と出会い、世界を守るため戦いに身を投じるファンタジードラマ。 人々の幸せを奪い去る黒魔術の脅威から、“愛の魔法“で世界を守る白の魔法使い・風花が、赤い糸で結ばれた“運命の人“を探し出し、時空を超えた戦いに立ち向かっていく模様を描きだす。 宗教家の大川隆法が製作総指揮と原案を手がけた。 監督を務めるのは、今作が劇場公開作品としてはデビュー作となる新鋭・清田英樹。 風花役を『眠れぬ夜を超えて』などのアーティスト千眼美子、優一役を「君のまなざし」の梅崎快人が演じる。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:日活 上映時間:98分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:清田英樹  出演:千眼美子(風花)、梅崎快人(優一)、春宮みずき、佐伯日菜子、高杉亘、不破万作 ほか。

【あらすじ】
 高校3年生の優一(梅崎快人)のクラスに、風花(千眼美子)という転校生がやって来る。 その日以来、優一の周囲では不思議な現象が起こるようになる。 風花は世界で最後の白魔術の継承者だった。 優一は風花のことを好きになるが、ある事件をきっかけに彼女は失踪する。 5年後に風花と優一は再会するが、それは白魔術と黒魔術の戦いの序章だった…。

 ボヘミアン・ラプソディ











公開日: 2018年11月9日(金)


[(7)] 先週の7位をキープした。

 世界的人気ロックバンド<クイーン>のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。 クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。 『ボヘミアン・ラプソディ』、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート“ライブ・エイド”での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。 監督は「 X-MEN 」シリーズのブライアン・シンガー。 「ナイトミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。

【作品データ】
 原題:Bohemian Rhapsody 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 上映時間:135分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ブライアン・シンガー  出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン) 他。

【あらすじ】
 1970年のロンドン。 ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。 類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わって<クイーン>として活動する。 やがて『キラー・クイーン』のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ…。

 フォルトゥナの瞳







公開日: 2019年2月15日(金)


[(6)] 先週の6位から2ランクダウン。

 “死が近い人が透けて見える能力“を持つ孤独な青年が体験する切ない恋愛を描くラブ・ストーリー。 他人の死が見えてしまうという不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の“死”に立ち向かう姿を描いた百田尚樹の小説『フォルトゥナの瞳』を、「僕等がいた」、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の三木孝浩監督のメガホンで映画化。 舞台が原作の横浜地区から神戸地区に変更されている。 慎一郎役を神木隆之介、葵役を有村架純がそれぞれ演じるほか、時任三郎、斉藤由貴、北村有起哉、志尊淳、DAIGO、松井愛莉らが脇を固める。 主題歌・挿入歌は、ONE OK ROCK の『 In the Stars (feat. Kiiara)』。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:110分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:三木孝浩  出演:神木隆之介(木山慎一郎)、有村架純(桐生葵)、志尊淳(金田大輝)、DAIGO(宇津井和幸)、松井愛莉(植松真理子)、北村有起哉(黒川武雄)、斉藤由貴(遠藤美津子)、時任三郎(遠藤哲也)ほか。

【あらすじ】
 幼いころに飛行機事故で家族を亡くした木山慎一郎(神木隆之介)は、仕事一筋に生きてきた。 しかし、死が近い人が透けて見えることに気付いた彼は、自らの不思議な力に悩む。 ある日、慎一郎は明るく率直な女性・桐生葵(有村架純)と出会い、二人は付き合い始めるが、葵の体が透けてくる…。

 劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル







公開日: 2019年3月8日(金)


[(-) NEW!!] 初登場9位にランクイン。

 ウルトラマンロッソとウルトラマンブルにくわえて、ウルトラマンジードが、平和なはずだった綾香市に出現した新たな脅威に立ち向かう姿を描く特撮ファンタジー映画。 家族の絆を支えにそれぞれの夢を模索するウルトラマン兄弟の戦いに、新キャラクターのウルトラマントレギア、ウルトラマングルーブらが参戦する。 兄弟がウルトラマンに変身するというシリーズ初の設定で、2018年7月から放送開始の特撮テレビドラマ「ウルトラマンR/B(ルーブ)」の劇場版。 ドラマ版に続き湊兄弟を演じる平田雄也、小池亮介のほか、「ウルトラマンジード」シリーズで朝倉リクを演じた濱田龍臣も出演。 「ウルトラマンダイナ」シリーズでアスカ・シンを演じたつるの剛士が主題歌を担当した。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:松竹メディア事業部 上映時間:72分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:武居正能  出演:平田雄也(湊カツミ/ウルトラマンロッソ)、小池亮介(湊イサミ/ウルトラマンブル)、其原有沙(湊アサヒ/ウルトラウーマングリージョ)、眞鍋かをり(湊ミオ)、山崎銀之丞(湊ウシオ)、濱田龍臣(朝倉リク/ウルトラマンジード)、西井幸人、木下彩音、原日出子 ほか。

【あらすじ】
 セレクトショップを経営する父、高校生の妹と暮らす兄弟・湊カツミ(平田雄也)とイサミ(小池亮介)は、変身アイテム“ルーブジャイロ”を使って、ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブルに変身する力を手に入れる。 家族と支え合って暮らす兄弟は、謎のウルトラマン、トレギアからの問い掛けに、それぞれの夢を模索する…。

10  PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__







公開日: 2019年3月8日(金)


[(-) NEW!!] 初登場10位でスタートした。

 アジアを旅する狡噛慎也と、彼に戦い方を学ぼうとする少女の物語が描かれるサスペンス・アニメーション。 2116年の南アジアの小国を舞台に、復讐を望む少女と主人公の関係を映し出す。 人間のあらゆる心理状態や性格傾向を数値化する近未来の管理社会を舞台に、犯罪に関する数値が規定値を超えた犯行前の“潜在犯”を追う刑事たちを描いた人気アニメ「 PSYCHO-PASSサイコパス」の劇場版3部作の第3弾。 監督は、テレビシリーズと2015年公開の劇場版を手がけた塩谷直義。 脚本もテレビシリーズ第1期と劇場版の深見真が脚本。 ボイスキャストには、狡噛役の関智一や少女役の諸星すみれのほか、本田貴子、志村知幸、磯部勉、高木渉、鶴岡聡らが参加する。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:東宝映像事業部 上映時間:68分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督:塩谷直義  声の出演:関智一(狡噛慎也)、諸星すみれ(テンジン・ワンチュク)、本田貴子(花城フレデリカ)、志村知幸(キンレイ・ドルジ)、磯部勉(ギレルモ・ガルシア)、高木渉(ツェリン・グルン)、鶴岡聡(ジャン=マルセル・ベルモンド)ほか。

【あらすじ】
 狡噛慎也は、2116年に発生した東南アジア連合・SEAUnでの事件以降、あてのない旅を続けていた。 ある日、狡噛は南アジアの小国で武装ゲリラの襲撃から難民を救う。狡噛は、テンジン・ワンチュクという難民の少女に、敵討ちのために戦い方を教えてほしいと頼まれる…。

スポンサーサイト



▽今週の観客動員数 TOP10

(2019 11/9 - 11/10)
1位ターミネーター:ニュー・フェイト NEW!!
2位IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
3位映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ NEW!!
4 位ジョーカー
5 位マチネの終わりに
6 位Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆 NEW!!
7 位ひとよ NEW!!
8 位世界から希望が消えたなら。
9位マレフィセント2
10 位冴えない彼女の育てかた Fine

▽最新記事
▽カテゴリ

▽特別メイキング映像

◎今週1位 映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」をピックアップ!!

▽今週公開の映画 - 映画.com


2019年(令和1年)
11/15(金),11/16(土),11/17(日)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 & 楽天トラベル




▽RSSフィード
 
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]