ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2019 1/5 - 1/6)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行<動員>ランキング(2019 1/5 - 1/6)

 「シュガー・ラッシュ~」が3週連続1位を獲得! 「ボヘミアン~」が2位をキープ、「ラブライブ!~」は8位スタート (1月5日 - 1月6日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
▽順位/作品題▽作品情報・コメント

1位 シュガー・ラッシュ:オンライン







公開日: 2018年12月21日(金)





[(1)] 3週連続で首位に立った。 土日2日間で動員23万人、興収2億9400万円をあげた。 累計では動員217万人、興収26億円を突破している。

 ヒーローに憧れるゲームの悪役キャラクターと、レースゲームで仲間外れにされていた少女の友情を描く長編アニメーション。 オンラインゲームの世界へと旅立った彼らの冒険が描かれる。 人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケードゲームのキャラクターである悪役ラルフと少女ヴァネロペの冒険と友情を描いたディズニーアニメ「シュガー・ラッシュ」の続編。 前作も手がけた「ズートピア」のリッチ・ムーアと、両作で脚本家としてコンビを組んだフィル・ジョンストンが共同で監督を務めた。 アナとエルサ、シンデレラ、白雪姫らディズニー作品やピクサー作品のプリンセスたちをはじめ、多数のディズニーキャラクターが登場する。

【作品データ】
 原題:Ralph Breaks the Internet 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:113分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン  声の出演:ジョン・C・ライリー(ラルフ)、サラ・シルバーマン(ヴァネロペ)、ガル・ギャドット(シャンク)、タラジ・P・ヘンソン(イエス)、アラン・テュディック(ノウズモア)、ジャック・マクブレイヤー(フェリックス)、ジェーン・リンチ(カルホーン軍曹)、山寺宏一(ラルフ[日本語吹替])、諸星すみれ(ヴァネロペ[日本語吹替])、菜々緒(シャンク[日本語吹替])、小鳩くるみ(白雪姫[日本語吹替])、鈴木より子(シンデレラ[日本語吹替])、中川翔子(ラプンツェル[日本語吹替])、大島優子(メリダ[日本語吹替])、松たか子(エルサ[日本語吹替])、神田沙也加(アナ[日本語吹替])、屋比久知奈(モアナ[日本語吹替])、HIKAKIN(ストームトルーパー[日本語吹替])ほか。

【あらすじ】
 アーケードゲームの世界に住む優しい悪役のラルフと親友の天才レーサー・ヴァネロペは、レースゲーム『シュガー・ラッシュ』が故障し廃棄処分の危機にあることを知り、部品を調達するためインターネットの世界に飛び込む。 見るもの全てが新鮮で刺激的な世界に夢中になるヴァネロペと、早くもとの世界に帰りたいラルフは少しずつすれ違っていく…。

2位 ボヘミアン・ラプソディ











公開日: 2018年11月9日(金)


[(2)] 2位の座をキープした。 土日2日間で動員22万8000人、興収3億3600万円をあげた。 動員では及ばなかったものの興収では「シュガー・ラッシュ:オンライン」を上回っており、公開9週目を迎えてもなお腰の強い興行を続けている。 1月6日(現地時間)に発表された第76回ゴールデングローブ賞では、見事ドラマ部門作品賞と主演男優賞をW受賞、さらなる後押しとなりそう。 累計では動員612万人、興収84億円を超え、昨年公開の洋画1位に躍り出た。

 世界的人気ロックバンド<クイーン>のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。 クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。 『ボヘミアン・ラプソディ』、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート“ライブ・エイド”での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。 監督は「 X-MEN 」シリーズのブライアン・シンガー。 「ナイトミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。

【作品データ】
 原題:Bohemian Rhapsody 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 上映時間:135分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ブライアン・シンガー  出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン) 他。

【あらすじ】
 1970年のロンドン。 ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。 類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わって<クイーン>として活動する。 やがて『キラー・クイーン』のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ…。

3位 ドラゴンボール超 ブロリー







公開日: 2018年12月14日(金)


[(3)] 先週の3位をキープ。 土日2日間で動員12万4000人、興収1億6700万円をあげている。 累計では動員260万人、興収33億円を突破した。

 地球育ちのサイヤ人・孫悟空、サイヤ人の王子・ベジータ、伝説のサイヤ人のブロリーらの出会いや、フリーザ軍とサイヤ人の歴史を描く劇場版アニメーション。 鳥山明の『ドラゴンボール超』原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品で、2015~2018年に放送されたテレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」を映画化。 監督は、アニメ版のシリーズディレクターで、「 ONE PIECE FILM Z 」などの長峯達也が務める。 鳥山明自身が引き続き脚本を手がけ、原作のスピリットに則った冒険劇を創造した。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:100分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:長峯達也  声の出演:野沢雅子(孫悟空/バーダック)、堀川りょう(ベジータ)、中尾隆聖(フリーザ)、島田敏(ブロリー)、久川綾(ブルマ)、古川登志夫(ピッコロ)、草尾毅(トランクス)、山寺宏一(ビルス)、森田成一(ウイス)、宝亀克寿(パラガス)、水樹奈々(チライ)、杉田智和(レモ)、渡辺菜生子(ギネ)、銀河万丈(ベジータ王)、大友龍三郎(コルド大王)ほか。

【あらすじ】
 孫悟空は“力の大会”が終わった後も、自身の能力を高めるために修行に精を出していた。 ある日、悟空とベジータの前にほぼ全滅したはずのサイヤ人ブロリーが現れる。 異なる道を歩んできた三人のサイヤ人が地球で出会い、さらに悟空へのリベンジをもくろむフリーザも巻き込んだ闘いが始まる…。

 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話







公開日: 2018年12月28日(金)


[(7)] 先週の7位からジャンプアップした。 土日2日間で動員9万7000人、興収1億2400万円とオープニング2日間を上回る成績をあげた。 お正月休み明けも、息の長い興行に期待がかかる。

 筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。 幼いころから難病で車椅子生活だった主人公の涙と笑いの日々を映し出す。 原作は、大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した渡辺一史の著書『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』。 監督は、「ブタがいた教室」、「猿ロック THE MOVIE 」などの前田哲。 主演は、「探偵はBARにいる」シリーズなどの大泉洋。 医学生・田中を三浦春馬、彼の恋人・美咲を高畑充希がそれぞれ演じている。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:120分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:前田哲  出演:大泉洋(鹿野靖明)、高畑充希(安堂美咲)、三浦春馬(田中久)、萩原聖人(高村大助)、渡辺真起子(前木貴子)、宇野祥平(塚田心平)、韓英恵(泉芳恵)、竜雷太(鹿野清)、綾戸智恵(鹿野光枝)、佐藤浩市(田中猛)、原田美枝子(野原博子)ほか。

【あらすじ】
 北海道で医大に通う田中(三浦春馬)は、ボランティア活動を通じて体が不自由な鹿野(大泉洋)と出会う。 鹿野は病院を出てボランティアを募り、両親の助けも借りて一風変わった自立生活をスタートさせる。 ある日、新人ボランティアの美咲(高畑充希)に恋をした鹿野は、ラブレターの代筆を田中に頼む。 ところが美咲は田中の恋人だった…。

 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生







公開日: 2018年11月23日(金)


[(4)] 先週の4位から1ランクダウン。 累計で、動員443万人、興収61億円を突破、歴代興収ランキングTOP100入りに王手をかけた。

 ロンドンを舞台に、主人公ニュートがダンブルドア先生とタッグを組んで、逃げ出した強大な敵グリンデルバルドを追うさまを描き出すファンタジー大作。 大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズの原作者 J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同シリーズと同じ魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描いた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」から続く物語。 前作に続きデビッド・イェーツ監督がメガホンをとり、ニュート役の主演エディ・レッドメインほかメインキャストが続投。 敵役のジョニー・デップ、若き日のダンブルドア役のジュード・ロウらが共演。 新たに登場する魔法動物も活躍する。

【作品データ】
 原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:134分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:デビッド・イェーツ  出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド) 他。

【あらすじ】
 ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、学者として魔法動物を守るため、不思議な空間が広がるトランクを手に世界中を旅している。 ある日、捕まっていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡する。 ニュートは、人間界を転覆させようと画策するグリンデルバルドを追い、魔法動物たちと一緒にパリの魔法界へ向かう…。

 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER







公開日: 2018年12月22日(土)


[(5)] 先週の5位から1ランクダウンした。 累計で動員101万人、興収12億円を突破。

 平成仮面ライダーシリーズ20作品の集大成となる特撮アクション。 仮面ライダーがフィクションになった謎の真相を追い、強大な敵と戦う仮面ライダーたちの姿が描かれる。 2000年に放送を開始した平成仮面ライダーシリーズの1作目「仮面ライダークウガ」から、2018年9月に放送開始し、平成最後のライダーとなる20作目「仮面ライダージオウ」まで、歴代の平成ライダーが結集。 ジオウこと常磐ソウゴ役の奥野壮や仮面ライダービルドこと桐生戦兎役の犬飼貴丈のほか、押田岳、福崎那由他、スーパータイムジャッカー・ティード役の大東駿介などが出演する。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:100分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:山口恭平  出演:奥野壮(仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ)、犬飼貴丈(仮面ライダービルド/桐生戦兎)、押田岳(仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ)、大東駿介(スーパータイムジャッカー・ティード)、大幡しえり(ツクヨミ)、渡邊圭祐(ウォズ)、赤楚衛二(仮面ライダークローズ/万丈龍我)、生瀬勝久(常磐順一郎)、佐藤健(野上良太郎)ほか。

【あらすじ】
 常磐ソウゴ(奥野壮)と桐生戦兎(犬飼貴丈)の世界で、仲間たちが記憶をなくしてしまう。 さらにスーパータイムジャッカー・ティード(大東駿介)に支配されたアナザー電王とアナザーWが、シンゴという少年を追跡していた。 ソウゴと戦兎がシンゴを守るために戦う中、仮面ライダー好きの少年アタルが“仮面ライダーは、現実の存在じゃない”と告白する…。

 アリー/ スター誕生







公開日: 2018年12月21日(金)


[(9)] 先週の9位から2ランクアップした。

 歌の才能を見いだされた主人公がスターダムを駆け上がっていく姿を描き、1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでも何度か映画化されてきた物語を新たに描くヒューマンドラマ。 数々のヒット曲で知られる“世界的歌姫”のレディー・ガガが映画初主演でアリー役を熱演。 もともとはクリント・イーストウッドが映画化する予定で進められていた企画で、「アメリカン・スナイパー」でイーストウッドとタッグを組んだブラッドリー・クーパーが初監督作としてメガホンをとり、スター歌手ジャクソン役で劇中でガガと共に歌声を聞かせている。

【作品データ】
 原題:A Star Is Born 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:136分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ブラッドリー・クーパー  出演:レディー・ガガ(アリー)、ブラッドリー・クーパー(ジャクソン・メイン)、アンドリュー・ダイス・クレイ(ロレンツォ)、デイブ・チャペル(ジョージ・“ヌードルス”・ストーン)、サム・エリオット(ボビー)、アンソニー・ラモス(ラモン)、ラフィ・ガブロン(レズ・ガヴロン)、ルーカス・ネルソン(ギタリスト)ほか。

【あらすじ】
 昼はウエイトレスとして働き、夜はバーで歌っているアリー(レディー・ガガ)は、歌手になる夢を抱きながらも自分に自信が持てなかった。 ある日、ひょんなことから出会った世界的シンガーのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)から歌を高く評価される。 アリーは彼に導かれてスター歌手への階段を上り始め、やがて二人は愛し合うようになるが、ピークを過ぎたジャクソンは、徐々に歌う力を失っていく…。

 ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow







公開日: 2019年1月4日(金)


[(-) NEW!!] 初登場8位にランクイン。

 コミックから小説、アニメ等様々なメディアで展開する「ラブライブ!シリーズ」プロジェクトの第2弾で、2016年から2017年にかけて放映された「ラブライブ!サンシャイン!!」の劇場版アニメ。 本作では、私立浦の星女学院のスクールアイドル<Aqours>が、“ラブライブ!”で優勝を果たした後の物語を描く。 監督は、本シリーズのテレビアニメ版を担当した酒井和男が務めている。 ボイスキャストも、伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか らシリーズおなじみの面々が揃った。

【作品データ】
 製作年:2019年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:100分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:酒井和男  声の出演:伊波杏樹(高海千歌)、逢田梨香子(桜内梨子)、諏訪ななか(松浦果南)、小宮有紗(黒澤ダイヤ)、斉藤朱夏(渡辺曜)、小林愛香(津島善子)、高槻かなこ(国木田花丸)、鈴木愛奈(小原鞠莉)、降幡愛(黒澤ルビィ)ほか。

【あらすじ】
 静岡県沼津市にある浦の星女学院のスクールアイドル<Aqours>は、スクールアイドルの頂点を決める“ラブライブ!”で、優勝を果たす。 しかし、新しい学校への編入が決まっている2年生と1年生がトラブルに見舞われる。 一方、卒業旅行に行った3年生は行方不明になってしまう…。

 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS







公開日: 2018年12月14日(金)


[(6)] 先週の6位から3ランクダウン。 累計で動員93万人、興収10億円を突破している。

 母親を亡くした主人公と姉を亡くした少年や妖怪が見える少女が、妖怪たちと共に冒険に挑む劇場版アニメーション。 レベルファイブの人気アニメ「妖怪ウォッチ」の劇場版シリーズ第5作。 これまでの設定を一新し、少年たちと妖怪たちの新たな冒険のドラマを展開させる。 製作総指揮、原案、脚本をレベルファイブの日野晃博が担当し、「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」などの高橋滋春が監督を務める。 新たに作られた新種の妖怪たちのキャラクターはもちろん、設定が変わっても変わらない、熱い友情のドラマも見どころとなっている。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:100分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:高橋滋春  声の出演:種崎敦美(下町シン)、木村良平(高城イツキ)、東山奈央(有星タエ)、小桜エツコ(猫又)、関智一(執事・臼井さん)、檜山修之(スーさん)、子安武人(ぬらりひょん)、遊佐浩二(酒呑童子)、小栗旬(紫炎)、ブルゾンちえみ(玉藻前)ほか。

【あらすじ】
 1960年代の東京・さくら元町。 シンは唯一の家族である母と一緒に暮らしていたが、その母親が他界する。 シンは姉を亡くしたイツキに救われ、さらに妖怪が見えるタエに出会う。 三人はシンの守護霊のスーさんや猫又をはじめとする妖怪たちと一緒に、大事な家族の魂を取り返すため、とある事件に立ち向かう…。

10  グリンチ







公開日: 2018年12月14日(金)


[(8)] 先週の8位から2ランクダウンした。

 ひねくれ者の主人公が、村人たちを困らせようとする長編アニメーション。 「怪盗グルー」シリーズや「ミニオンズ」など、数々の人気アニメを生み出すアニメーションスタジオのイルミネーション・エンターテインメントが、2000年にジム・キャリー主演で実写映画化もされたドクター・スースの名作絵本に登場するアメリカの国民的キャラクター“グリンチ”を、新たにアニメ映画化。 監督は、「ペット」などのヤーロウ・チェイニーと「クラークス」シリーズなどに携ってきたスコット・モシャーが共同で務めた。 オリジナル英語版では「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」などのベネディクト・カンバーバッチ、日本語吹替え版では大泉洋がグリンチの声を担当している。

【作品データ】
 原題:The Grinch 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:86分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:スコット・モシャー、ヤーロウ・チェイニー  声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ(グリンチ)、ラシダ・ジョーンズ(ドナ)、キーナン・トンプソン(ブリクルバウム)、キャメロン・シーリー(シンディ・ルー)、アンジェラ・ランズベリー(マクガークル村長)、ファレル・ウィリアムス(ナレーター)、大泉洋(グリンチ…日本語吹替版)、杏(ドナ…日本語吹替版)、秋山竜次(ブリクルバウム…日本語吹替版)、横溝菜帆(シンディ・ルー…日本語吹替版)、宮野真守(ナレーター…日本語吹替版)ほか。

【あらすじ】
 洞窟で暮らすへそ曲がりのグリンチは、山の麓で生活する村人たちに意地悪することを生きがいにしていた。 愛犬マックスの純粋な愛情にも背を向ける彼は常に機嫌が悪く、孤独な日々を送っている。 ある日、グリンチは村中の人々が大好きな“クリスマス”を盗もうと計画する…。

スポンサーサイト



▽今週の観客動員数 TOP10

(2019 9/14 - 9/15)
1位記憶にございません! NEW!!
2位かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~
3位天気の子
4 位人間失格 太宰治と3人の女たち NEW!!
5 位ライオン・キング
6 位劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~
7 位僕のワンダフル・ジャーニー NEW!!
8 位ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -
9位劇場版 ONE PIECE STAMPEDE
10 位ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

▽最新記事
▽カテゴリ

▽公開準備委員会 特別質疑 9/10

◎今週1位 映画「記憶にございません!」をピックアップ!!

▽今週公開の映画 - 映画.com


2019年(令和1年)
9/27(金),9/28(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 & 楽天トラベル





▽RSSフィード
 
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]