ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2018 10/13 - 10/14)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行<動員>ランキング(2018 10/13 - 10/14)

 「宇宙の法―黎明編―」が初登場1位を獲得! 「日日是好日」が2位、「ルイスと不思議の時計」が3位、新作3本がトップ3を占める。 (10月13日 - 10月14日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
▽順位/作品題▽作品情報・コメント

1位 宇宙の法―黎明編―







公開日: 2018年10月12日(金)


[(-) NEW!!] 初登場1位を獲得。 土日2日間で動員13万4000人、興収1億6700万円をあげた。 初日から3日間の累計では動員17万6000人、興収2億2000万円を突破している。

 3年前に地球侵略を食い止めたチームの一人が当時の事件の黒幕に捕らえられ、親友を救うために奮闘するメンバーの姿を描くSFファンタジー・アニメーション。 幸福の科学出版による「 UFO学園の秘密」の3年後の世界を描いたシリーズ第2作。 監督は、「 COWBOY BEBOP 」のセットデザインや「ルパン三世 DEAD OR ALIVE 」のメカデザインなどで知られ、前作「 UFO学園の秘密」も手がけた今掛勇。 ボイスキャストには声優の逢坂良太、瀬戸麻沙美、柿原徹也らに加えて、女優の千眼美子が新キャラとなるチームの運命を握るザムザの声を担当。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:日活 上映時間:119分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:今掛勇  声の出演:逢坂良太(レイ)、瀬戸麻沙美(アンナ)、柿原徹也(タイラ)、金元寿子(ハル)、羽多野渉(エイスケ)、千眼美子(ザムザ)、梅原裕一郎(アルファ)、大原さやか(ガイア)、村瀬歩(ダハール)、立花慎之介(エロス)、安元洋貴(ゲオパルド)、伊藤美紀(インカール)、浪川大輔(夜明教授)ほか。

【あらすじ】
 ナスカ学園の宇宙人事件から3年が経ち、レプタリアンによる地球侵略を阻止した<チーム・フューチャー>の5人は、今もレプタリアンの撃退に力を注いでいた。 ある日、敵を追跡中のタイラが宇宙人事件の黒幕・ダハールに捕らえられ、“ブラックナイト”と化してしまう。 レイはタイラを救うため、“宇宙ディスク”を使って3億3,000万年前の地球へとタイムジャンプする…。

2位 日日是好日







公開日: 2018年10月13日(土)


[(-) NEW!!] 初登場2位にランクイン。 土日2日間で動員7万9000人、興収9500万円をあげている。 10月6日~8日の先行上映を含めた累計で動員12万5000人、興収1億5000万円をあげる好調なスタートを切った。

 母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生が、茶道の奥深さに触れ、成長していく姿を描く人間ドラマ。 エッセイスト森下典子が約25年にわたり通った茶道教室での日々をつづり人気を集めたエッセイ『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』を映画化。 監督は、「さよなら渓谷」、「まほろ駅前多田便利軒」などの大森立嗣。 主人公の典子役を黒木華、いとこの美智子役を多部未華子がそれぞれ演じ、本作公開前の2018年9月に他界した樹木希林が武田先生役を演じた。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:東京テアトル、ヨアケ 上映時間:100分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:大森立嗣  出演:黒木華(典子)、樹木希林(武田先生)、多部未華子(美智子)、原田麻由(田所)、川村紗也(早苗)、滝沢恵(由美子)、山下美月(ひとみ)、郡山冬果(典子の母)、岡本智礼(典子の弟)、荒巻全紀、南一恵、鶴田真由(雪野)、鶴見辰吾(典子の父)ほか。

【あらすじ】
 大学生の典子(黒木華)は、突然母親から茶道を勧められる。 戸惑いながらも従姉・美智子(多部未華子)と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさん(樹木希林)の指導を受けることになる…。

3位 ルイスと不思議の時計







公開日: 2018年10月12日(金)


[(-) NEW!!] 初登場3位にランクインした。

 少年と2人の魔法使いが、世界を救うために“時計”の謎に挑む冒険ファンタジー。 思いがけない世界破滅の危機を救うため、ふたりの魔法使いと共に、ある“時計”をめぐる謎解きに挑む少年の姿を描く。 1973年に発表されたジョン・ベレアーズの名作小説『壁のなかの時計』を映画化。 監督は、これまでホラーやサスペンスといったジャンルで活躍してきた「グリーン・インフェルノ」などのイーライ・ロス。 少年の叔父にあたるポンコツ魔法使い役を「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」などで活躍する個性派ジャック・ブラックが演じ、隣家に暮らす一流魔女のツィマーマン役で、オスカー女優のケイト・ブランシェットが共演する。

【作品データ】
 原題:The House with a Clock in Its Walls 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:105分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:イーライ・ロス  出演:ジャック・ブラック(ジョナサン・バーナヴェルト)、ケイト・ブランシェット(フローレンス・ツィマーマン)、オーウェン・バカーロ(ルイス・バーナヴェルト)、レネー・エリス・ゴールズベリー(セリーナ・イザード)、サニー・スリッチ(タービー・コリガン)、コリーン・キャンプ(ハンチェット夫人)、ロレンツァ・イッツォ(ルイスママ)、ヴァネッサ・ウィリアムス(ローズ・リタ・ポッティンジャー)、カイル・マクラクラン(アイザック・イザード)ほか。

【あらすじ】
 両親を亡くし、叔父のジョナサン(ジャック・ブラック)の世話になることになった少年ルイス(オーウェン・ヴァカーロ)は、ジョナサンが魔法使い、隣家に暮らす美女ツィマーマン(ケイト・ブランシェット)が魔女だと知る。 ある日、ジョナサンの屋敷に世界を破滅させる力を持った“時計”が隠されていることがわかる…。

 プーと大人になった僕







公開日: 2018年9月14日(金)


[(2)] 先週の2位から2ランクダウン。 累計では動員158万人、興収20億円を突破。

 大人になったクリストファー・ロビンが、プーと奇跡的な再会を果たしたことをきっかけに、忘れてしまっていた大切なものを思い出していく姿を描くファンタジードラマ。 A・A・ミルンによる名作児童文学をもとにしたディズニーの人気キャラクター“くまのプーさん”を、初めて実写映画化。 監督は、「 007 / 慰めの報酬」、「ネバーランド」のマーク・フォースター。 「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ」シリーズのオビ=ワン・ケノービ役などで知られるユアン・マクレガーが大人になったクリストファー・ロビンを演じている。 ドラマ「> エージェント・カーター」シリーズなどのペギー・カーター役で知られるヘイリー・アトウェルらが共演する。

【作品データ】
 原題:Christopher Robin 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:104分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:マーク・フォースター  出演:ユアン・マクレガー(クリストファー・ロビン)、ヘイリー・アトウェル(イヴリン・ロビン)、ブロンテ・カーマイケル(マデリン・ロビン)、マーク・ゲイティス(ジャイルズ・ウィンズロウ)、ジム・カミングス(プー[声]/ティガー[声])、ブラッド・ギャレット(イーヨー[声])、トビー・ジョーンズ(オウル[声])、ニック・モハメッド(ピグレット[声])、ピーター・キャパルディ(ラビット[声])、ソフィー・オコネドー(カンガ[声])、サラ・シーン(ルー[声])ほか。

【あらすじ】
 成長してロンドンで多忙な生活を送るクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、妻子と故郷で過ごすはずだった週末まで仕事でつぶれてしまう。 そんなとき、少年時代の親友プーが彼の前に現れ、一緒に森の仲間たちを捜してほしいとロビンに頼む。 思い出の“ 100エーカーの森”を訪ねたロビンは、プーやティガーらとの再会を喜ぶ…。

 劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~







公開日: 2018年9月29日(土)


[(3)] 先週の3位から2ランクダウン。

 妖怪が見える青年と妖怪たちとの交流を描く長編アニメーション映画。 緑川ゆきの人気コミック『夏目友人帳』を原作とするテレビアニメ「夏目友人帳」の劇場版。 テレビ版第1~4期の監督を務めた大森貴弘を総監督に、原作者監修によるオリジナルエピソードを描く。 主人公・夏目貴志役の神谷浩史、ニャンコ先生役の井上和彦ら声優陣はテレビシリーズから続投する。 ゲスト声優として高良健吾、<バイきんぐ>が出演する。 アニメーション制作は、テレビ版第5期、第6期を担当したアニメーション企画・制作会社 朱夏。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:アニプレックス 上映時間:104分

【スタッフ・ キャスト】
 総監督:大森貴弘 監督:伊藤秀樹  声の出演:神谷浩史(夏目貴志)、井上和彦(ニャンコ先生・斑)、小林沙苗(夏目レイコ)、藤村歩(夏目貴志…少年時代)、村瀬歩(結城大輔)、伊藤美紀(藤原塔子)、伊藤栄次(藤原滋)、堀江一眞(田沼要)、佐藤利奈(多軌透)、高良健吾(津村椋雄)、小峠英二(もんもんぼう )、西村瑞樹(六本ある妖怪 )ほか。

【あらすじ】
 夏目貴志は、幼いころから普通の人には見えない妖怪が見える。 自分と同じ能力を持つ祖母レイコが妖怪から奪った名前を記した契約書“友人帳”を手にして以来、自称用心棒のニャンコ先生の助けを借りながら、貴志は友人帳に縛られた妖怪たちに名前を返していく毎日を送っていた…。

 クワイエット・プレイス







公開日: 2018年9月28日(金)


[(6)] 先週の6位をキープした。

 音を立てたら、即死。 音に反応し人間を襲う何かが潜む世界で、音を立てずに生き延びようとする一家を映すサスペンスホラー。 生活音が未曽有の恐怖を生み出し、一家に次々と危機が訪れる。 「ボーダーライン」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」などのエミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけた。 共演に、「ワンダーストラック」などのミリセント・シモンズ、「ワンダー 君は太陽」などのノア・ジュープら。 低予算ながら全米でサプライズ大ヒットとなり大きな話題を集めた。

【作品データ】
 原題:A Quiet Place 製作年:2018年 製作国:アメリカ 配給:東和ピクチャーズ 上映時間:90分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ジョン・クラシンスキー  出演:エミリー・ブラント(エヴリン)、ジョン・クラシンスキー(リー)、ミリセント・シモンズ(リーガン)、ノア・ジュープ(マーカス)、ケイド・ウッドワード ほか。

【あらすじ】
 音に反応して襲撃してくる何かによって、人類は滅亡の危機にさらされていた。 リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦は、聴覚障害の娘ら3人の子供と決して音を立てないというルールを固く守ることで生き延びていた。 手話を用い、裸足で歩くなどして、静寂を保ちながら暮らしていたが、エヴリンの胎内には新しい命が宿っていた…。

 コーヒーが冷めないうちに







公開日: 2018年9月21日(金)


[(5)] 先週の5位から2ランクダウンした。 動員90万人、興収11億円を突破している。

 過去に戻れる席がある喫茶店を舞台に、来店する人々が体験する出来事が描かれる感動の人間ドラマ。 物語の舞台は、"過去に戻れる"という都市伝説を持つ古き良き喫茶店“フニクリフニクラ”。そこに集う人々が織りなす4つのエピソードを中心に、心温まる奇跡のストーリーを描く。 “本屋大賞2017”にノミネートされた川口俊和のベストセラー小説『コーヒーが冷めないうちに』を映画化。 ドラマ「重版出来! 」、「アンナチュラル」などの演出を担当した塚原あゆ子が監督を務めた。 映画、ドラマ、CMと幅広く活躍する有村架純が喫茶店の店員を演じるほか、伊藤健太郎、波瑠、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子らが出演している。 主題歌は、YUKI の『トロイメライ』。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:116分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:塚原あゆ子  出演:有村架純(時田数)、伊藤健太郎(新谷亮介)、波瑠(清川二美子)、林遣都(賀田多五郎)、深水元基(時田流)、松本若菜(平井久美)、薬師丸ひろ子(高竹佳代)、吉田羊(平井八絵子)、松重豊(房木康徳)、石田ゆり子(夏服の女)ほか。

【あらすじ】
 時田数(有村架純)が働く喫茶店“フニクリフニクラ”には、ある席に座ると自分が望む時間に戻れるという伝説があった。 “過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ”といったいくつかのルールがあるが、過去を訪れたい人たちが次々と来店する…。

 パーフェクトワールド 君といる奇跡







公開日: 2018年10月5日(金)


[(4)] 先週の4位から4ランクダウン。

 車椅子生活を送る建築士と再会した高校の後輩との困難を抱えながらの恋愛を描くラブ・ストーリー。 事故に遭い車椅子生活になってしまった主人公と、彼を思い、悩みながらも共に生きていこうとするヒロインの姿を映し出す。 “障がいのある恋“をテーマに描かれ、世界10カ国で翻訳出版されている有賀リエの人気コミック『パーフェクトワールド』を実写映画化。 監督を「流れ星が消えないうちに」の柴山健次が務め、脚本は「同級生」などの鹿目けい子が担当した。 樹役を<三代目J Soul Brothers>「去年の冬、きみと別れ」などの岩田剛典、つぐみ役を「湯を沸かすほどの熱い愛などの杉咲花がそれぞれ演じる。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:松竹、LDH PICTURES 上映時間:102分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:柴山健次  出演:岩田剛典(鮎川樹)、杉咲花(川奈つぐみ)、須賀健太(是枝洋貴)、芦名星(長沢葵)、マギー(渡辺剛)、大政絢(雪村美姫)、伊藤かずえ(川奈咲子)、小市慢太郎(川奈元久)、財前直見(鮎川文乃)ほか。

【あらすじ】
 インテリアデザイン会社で働く川奈つぐみ(杉咲花)は、ある日、設計事務所に勤める高校の先輩であり初恋の人である鮎川樹(岩田剛典)と再会する。 樹は、事故によって車椅子の生活を余儀なくされていた。 樹との恋愛はできないと思っていたつぐみだったが、彼の真っすぐさに触れ、かつての思いがよみがえる。 一方、恋愛を諦めていた樹は、素直で優しいつぐみのことを少しずつ好きになっていくが…。

 モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ







公開日: 2018年10月5日(金)


[(1)] 先週の1位から8ランクダウン。

 二つに分断された東京を舞台に、通信、物理的な干渉が断たれた旧東京が、新東京に墜落することを知った人々の物語が描かれる3DCG長編アニメーション。 “モンスト”の愛称で知られる人気ゲームアプリ『モンスターストライク』を、完全オリジナルストーリーで映画化した。 監督は、「とある魔術の禁書目録」シリーズなどの錦織博。 主人公カナタ役を人気俳優の窪田正孝が声優初挑戦で演じ、ソラ役を人気女優の広瀬アリスが担当。 細谷佳正、悠木碧、山寺宏一ら人気実力派声優たちが脇を固める。 アニメーション制作は、ゲーム『モンスターストライク』を手がけるXLAGと、CGアニメーション制作スタジオのオレンジ。 ハイクオリティな映像美に注目。

【作品データ】
 製作年:2018年 製作国:日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:97分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:錦織博  声の出演:窪田正孝(カナタ)、広瀬アリス(ソラ)、山寺宏一(センジュ)、細谷佳正(トウヤ)、悠木碧(ユウナ)、仲野裕、松本梨香、土井美加、杉田智和、島崎信長、田丸篤志 ほか。

【あらすじ】
 13年前、東京は空中に浮き上がった“旧東京”と地上の“新東京”に分裂した。 新東京で祖母と生活しているカナタはある日、モンスターに襲われたところを謎の少女ソラに救われる。 やがてカナタは自分の素性を知り、不思議な能力が目覚めて、ソラたちと地上を救う戦いに身を投じる…。

10  カメラを止めるな!







公開日: 2018年6月23日(土)


[(10)] 今週も10位をキープした。 累計では動員195万人、興収27億円を突破している。

 ゾンビ映画を撮っていたクルーが本物のゾンビに襲われる様子を、およそ37分に及ぶワンカットのサバイバルシーンを盛り込んで活写する異色ゾンビムービー。 監督・俳優養成の専門学校<ENBUゼミナール>のシネマプロジェクト第7弾。 監督はオムニバス映画「 4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。 無名の俳優たちを起用し、撮影の裏に隠された意外なハプニング・真実を、緻密な構成とアイデアで明かしていく。 制作費が300万円という低予算映画。

【作品データ】
 製作年:2017年 製作国:日本 配給:アスミック・エース、ENBUゼミナール 日本初公開:2017年11月4日 上映時間:96分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:上田慎一郎  出演:濱津隆之(日暮隆之)、真魚(日暮真央)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、長屋和彰(神谷和明)、細井学(細田学)、市原洋(山ノ内洋)、山崎俊太郎(山越俊助)、大澤真一郎(古沢真一郎)、竹原芳子(笹原芳子)、吉田美紀(吉野美紀)、合田純奈(栗原綾奈)、浅森咲希奈(松浦早希)、秋山ゆずき(松本逢花)、山口友和(谷口智和)、藤村拓矢(藤丸拓哉)、イワゴウサトシ(黒岡大吾)、高橋恭子(相田舞)、生見司織(温水栞)ほか。

【あらすじ】
 人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。 リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。 その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 11/17 - 11/18)
1位ボヘミアン・ラプソディ
2位ヴェノム
3位人魚の眠る家 NEW!!
4 位 スマホを落としただけなのに
5 位ういらぶ。
6 位映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ
7 位Burn the Stage : the Movie NEW!!
8 位GODZILLA 星を喰う者
9 位旅猫リポート
10 位ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ NEW!!

▽最新記事
▽カテゴリ

▽Queen - Live 1985

◎今週1位「ボヘミアン・ラプソディ」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
 11/15(木)~11/18(日)
劇場公開

▽Amazon アマゾン








▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]