ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2016 11/19 - 11/20)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(2016 11/19 - 11/20)

 「君の名は。」 が 返り咲きから3週連続1位、「聖の青春」 が 5位に初登場。 (11月19日 - 11月20日) 興行通信社 [興行通信社調べ]
順位/作品題作品情報・コメント
1位 君の名は。







公開日: 2016年8月26日(金)

[] 返り咲いてから3週連続の首位。 土日2日間で動員19万1000人、興収2億5400万円をあげた。 累計では興収189億8000万円となっており、歴代興行収入第6位の「もののけ姫」193億円、第5位の「ハウルの動く城」196億円をいつ超えていくのかに注目が集まる。

 見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、奇妙な夢を通じて導かれていく姿を追うアニメーション。 夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。 監督と脚本は、「星を追う子ども」、「言の葉の庭」などの新海誠。 キャラクターデザインに「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」シリーズなどの田中将賀、作画監督に「もののけ姫」などの安藤雅司。 主題歌を含む音楽は、その唯一無二の世界観と旋律で熱狂的な支持を集めるロックバンド・RADWIMPS が担当。 声の出演は、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に同世代の中でひときわ異彩を放つ演技派俳優、神木隆之介。 また、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を、オーディションで役を射止めた上白石萌音、そして長澤まさみ、市原悦子と豪華キャスティングが実現した。 キャッチコピーは、“まだ会ったことのない君を、探している。”。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:107分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:新海誠  声の出演:神木隆之介(立花瀧)、上白石萌音(宮水三葉)、長澤まさみ(奥寺ミキ)、市原悦子(宮水一葉)、成田凌(勅使河原克彦)、悠木碧(名取早耶香)、島崎信長(藤井司)、石川界人(高木真太)、谷花音(宮水四葉)ほか。

【あらすじ】
 1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。 山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈していた。 それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。 夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。 一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。 やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが…。
2位 ミュージアム







公開日: 2016年11月12日(土)

[] 2週連続2位となった。 

 現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描くサイコ・スリラー。 過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気漫画『ミュージアム』を実写映画化。 「ハゲタカ」、「るろうに剣心」シリーズなどの大友啓史監督が原作の持つ迫りくるような恐怖と絶望感を表現している。 犯人を追ううちに極限状態に追い込まれていく主人公・沢村を、「信長協奏曲」シリーズなどの小栗旬が熱演。 そして、沢村の妻を演じる尾野真千子はじめ、野村周平、大森南朋ら豪華キャストが共演している。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:132分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:大友啓史  出演:小栗旬(沢村久志)、尾野真千子(沢村遥)、野村周平(西野純一)、丸山智己(菅原剛)、田畑智子(秋山佳代)、市川実日子(橘幹絵)、伊武雅刀(岡部利夫)、大森南朋(沢村久志の父)、松重豊(関端浩三)、妻夫木聡(カエル男)、五十嵐陽向(沢村将太)ほか。

【あらすじ】
 現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。 一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。 やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り…。
3位 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK







公開日: 2016年11月11日(金)

[] 2週連続3位。

 リー・チャイルドのベストセラー・シリーズを実写映画化したサスペンス・アクション「アウトロー」の続編。 原作シリーズの18作目『ネバー・ゴー・バック』を基に、元米軍の秘密捜査官で今は街から街へと放浪する一匹狼のジャック・リーチャーが、ヴァージニアの陸軍警察本部を訪れ、元恋人と再会を果たすも、事件に巻き込まれていく様を描く。 監督は、「ラスト サムライ」などの名匠 エドワード・ズウィック。 前作に引き続いてトム・クルーズが主演を務め、「アベンジャーズ」シリーズなどのコビー・スマルダーズやテレビドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズなどのロバート・ネッパーらが脇を固めるている。

【作品データ】
 原題:Jack Reacher: Never Go Back 製作年:2016年 製作国:アメリカ 配給:東和ピクチャーズ 上映時間:118分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:エドワード・ズウィック  出演:トム・クルーズ(ジャック・リーチャー)、コビー・スマルダーズ(ターナー少佐)、ダニカ・ヤロシュ、ロバート・ネッパー ほか。

【あらすじ】
 アメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったものの、今では街から街へとあてもなくさまよう生活を送っているジャック・リーチャー(トム・クルーズ)。 ある店でトラブルに見舞われた上に保安官に連行されそうになった彼は、自分をめぐる何かしらの陰謀が動きだしているのを察知する。 やがて彼は、元同僚であったターナー少佐(コビー・スマルダーズ)を訪ねるが、彼女がスパイ容疑を掛けられて逮捕されたことを知る。 ターナーを救い出して共に事態の真相を追ううちに、軍内部に不穏な動きのあることをつかむが…。
 デスノート Light up the NEW world







公開日: 2016年10月29日(土)

[] 先週の4位をキープした。

 夜神月とLの死から10年後の情報社会を舞台に、捜査官と探偵、サイバーテロリストによる争いを最新のVFX技術を駆使して映し出すサスペンス「デスノート」シリーズの続編。 “デスノート”対策本部の捜査官、探偵、サイバーテロリストの3人の天才が、6冊の“デスノート”をめぐる壮絶な戦いを繰り広げる。 「 GANTZ 」、「図書館戦争」の佐藤信介がメガホンをとった。 原作者のアイディアを取り入れながら、映像、キャラクターも進化させ、全く新しいストーリーを展開する。 キャストには、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉ら若手実力派が集結。 過去2作に登場した人物・死神も何人か登場する。 主題歌は、安室奈美恵の『 Dear Diary 』。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:135分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:佐藤信介  出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、藤井美菜(七瀬聖)、川栄李奈(青井さくら)、中村獅童(リューク[声])、戸田恵梨香(弥海砂)、船越英一郎(御厨賢一)、沢城みゆき(アーマ[声])、松坂桃李(ベポ[声])、松山ケンイチ(L)、藤原竜也(夜神月)ほか。

【あらすじ】
 “デスノート”の力で多数の凶悪犯を破滅させた夜神月と、彼を追い詰めた天才Lの伝説のバトルから10年の歳月が経過。 またしても死神が“デスノート”を下界にまき散らしたため、世界中が混乱していた。 夜神総一郎が設立した“デスノート”対策本部は健在で、キラ事件を熟知する三島(東出昌大)をはじめとする特別チームが事態を注視しており…。
 聖の青春







公開日: 2016年11月19日(土)

[ NEW ] 初登場5位にランクイン。

 幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村山聖の壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描く人間ドラマ。 大崎善生のノンフィクションを映画化。 監督は、「宇宙兄弟」の森義隆、脚本を「リンダ リンダ リンダ」の向井康介がそれぞれ担当。 羽生善治とは“東の羽生、西の村山”と並び称された村山聖を演じる松山ケンイチは、役作りのため20キロ以上も重増し熱演。 羽生役には東出昌大が扮している。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:KADOKAWA 上映時間:124分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:森義隆  出演:松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、柄本時生(荒崎学)、北見敏之(村山伸一)、筒井道隆(橋口陽二)、竹下景子(村山トミ子)、リリー・フランキー(森信雄)ほか。

【あらすじ】
 幼少期から難病を患う村山聖は、入退院を繰り返す中で将棋と出会い、15歳で森信雄に師事する。 10年後、名人になる夢をかなえるべく上京した聖(松山ケンイチ)は周囲に支えられながら将棋に全力を注ぎ、七段に昇段したころ、同世代で名人のタイトルを獲得した羽生善治に激しいライバル心を抱く。 さらに将棋に没頭する聖だったが、がんが彼の体をむしばんでおり…。
 インフェルノ







公開日: 2016年10月28日(金)

[] 先週の5位から1ランクダウンした。

 人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化したサスペンス「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズの第3弾。 主演のトム・ハンクス、監督のロン・ハワードが続投。 これまで数々の歴史や名画の謎を解明してきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が、詩人ダンテの『神曲』の[地獄篇]に絡んだ世界を揺るがす陰謀に挑む。 名優トム・ハンクスが「ダ・ヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」に続いてロバート・ラングドン教授に扮する。 ラングドンと共に謎を追う医師を「博士と彼女のセオリー」などのフェリシティ・ジョーンズが演じるほか、「ジュラシック・ワールド」のオマール・シーとイルファン・カーンら国際色豊かなキャストを迎えた。

【作品データ】
 原題:Inferno 製作年:2016年 製作国:アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 上映時間:121分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ロン・ハワード  出演:トム・ハンクス(ロバード・ラングドン)、フェリシティ・ジョーンズ(シエナ・ブルックス)、イルファン・カーン(ハリー・シムズ)、オマール・シー(クリストフ・ブシャール)、ベン・フォスター(バートランド・ゾブリスト)、シセ・バベット・クヌッセン(エリザベス・シンスキー)ほか。

【あらすじ】
 記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は何者かに命を狙われるも、医師のシエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)の手引きで事なきを得る。 やがて二人は、人口増加を危惧する生化学者バートランド・ゾブリスト(ベン・フォスター)が人類の半数を滅ぼすウイルス拡散をたくらんでいることを知る。 彼らは邪悪な陰謀を阻止すべく、ゾブリストがダンテの叙事詩『神曲』の[地獄篇]に隠した謎の解明に挑むが…。
 溺れるナイフ







公開日: 2016年11月5日(土)

[] 先週の6位から1ランクダウン。

 東京から田舎町に引っ越して来た美少女と、個性的な少年の出会いを軸に、10代特有のヒリヒリとした青春の日々を描写する型破りなラブストーリー。 映画化された「ピース オブ ケイク」でも知られる漫画家・ジョージ朝倉の少女コミック『溺れるナイフ』を実写映画化。 「 5つ数えれば君の夢」など少女の過剰な自意識を描いた作品で注目を集めてきた新鋭女性監督・山戸結希がメガホンをとり、「 MOON CHILD 」の井土紀州が共同脚本。 10代特有のむき出しの感情を描き切った。 キャストには夏芽役に小松菜奈、コウ役に菅田将暉と旬の若手俳優が揃っている。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:ギャガ 上映時間:111分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:山戸結希  出演:小松菜奈(望月夏芽)、菅田将暉(長谷川航一朗)、重岡大毅(大友勝利)、上白石萌音(松永カナ)、志磨遼平(広能晶吾)、斉藤陽一郎(直樹)、嶺豪一(蓮目匠)、伊藤歩夢(竜太)、堀内正美(航司郎)、市川実和子(芽衣子)、ミッキー・カーチス(鉄男)ほか。

【あらすじ】
 東京で雑誌モデルを務める望月夏芽(小松菜奈)は、急に父親の郷里である浮雲町に転居することになる。 彼女は都会とはかけ離れた田舎での地味な生活に幻滅してしまうが、長谷川航一朗(菅田将暉)と出会ったことで人生が一変する。 彼は田舎町で有名な神主の一族の出身で、夏芽はひねくれ者で一風変わった航一朗に強く惹き付けられる…。
 映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!







公開日: 2016年10月29日(土)

[] 先週の7位から1ランクダウンした。

 「プリキュア」劇場版シリーズの通算21作目で、2016年2月から放送のテレビシリーズ「魔法つかいプリキュア!」の劇場版。 こちらの世界と魔法界の女の子が力を合わせ“伝説の魔法つかい”となり、伝説の石をめぐって活躍を繰り広げるアニメ。 朝日奈みらいの持つクマの縫いぐるみモフルンが連れ去られてしまい、モフルンを助けようと立ち上がったみらいたちの奮闘を描く。 監督は、テレビアニメシリーズで演出を担当してきた田中裕太。 モフルンのプリキュアへの変身シーンにも注目。 テーマソングを<AKB48>の渡辺麻友が担当している。  

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:65分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:田中裕太  声の出演:高橋李依(キュアミラクル/朝日奈みらい)、堀江由衣(キュアマシ゛カル/十六夜リコ)、早見沙織(キュアフェリーチェ/花海ことは)、齋藤彩夏(キュアモフルン/モフルン)、浪川大輔(ダークマター)ほか。

【あらすじ】
 どんな願いも思いのままという願いの石の復活を祝う100年に1度の大魔法フェスティバルが開催され、“願いの石”に願いごとをした朝日奈みらいと十六夜リコ、花海ことは。 そして願いの石によって選ばれたのは、みらいの縫いぐるみのモフルンだった。 ところが謎のクマ、ダークマターが出現し、モフルンを連れ去ってしまう。 みらいたちはモフルンを助けに向かい…。
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜







公開日: 2016年11月19日(土)

[ NEW ] 初登場9位にランクイン。

 「機動戦士ガンダム」シリーズでアニメーションディレクターなどを務めてきた、安彦良和によるコミック『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 』のアニメ化第4弾。 同シリーズ人気のシャア・アズナブルと妹セイラ・マスの悲劇の原点となる過去を振り返る。 後にジオン公国軍のエースパイロット“赤い彗星”と呼ばれるシャア・アズナブルと、彼の妹セイラ・マスの物語を軸に、ジオン公国と地球連邦との間に起きた“一年戦争”開戦への道程が語られていく。 ボイスキャストに池田秀一、古谷徹らおなじみの面々が名を連ねる。 主題歌は、森口博子の『宇宙の彼方で(そらのかなたで)』。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:68分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 総監督:安彦良和  声の出演:池田秀一(シャア・アズナブル)、早見沙織(ララァ・スン)、浦山迅(デギン・ソド・ザビ)、銀河万丈(ギレン・ザビ)、三宅健太(ドズル・ザビ)、渡辺明乃(キシリア・ザビ)、柿原徹也(ガルマ・ザビ)、喜山茂雄(ランバ・ラル)、古谷徹(アムロ・レイ)ほか。

【あらすじ】
 自ら扇動して起こした“暁の蜂起”後に地球へと向かったシャア・アズナブルは、不思議な力を備えた少女ララァ・スンと出会う。 一方、RX-78開発計画を進めようとするアムロ・レイの父テム・レイは、月に亡命したジオンのモビルスーツ開発の鍵を握るミノフスキー博士を追い掛ける。 そして月面では、人類史上かつてないモビルスーツの決戦が行われようとしていた…。
10  この世界の片隅に







公開日: 2016年11月12日(土)

[] 先週と同じく10位。

 第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描くアニメーション。 第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した こうの史代 のコミック『この世界の片隅に』を、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が映画化。 徹底的な考証により当時の人々や街の様子をリアルに描き出した。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:東京テアトル 上映時間:126分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:片渕須直  声の出演:のん(北條[浦野]すず)、細谷佳正(北條周作)、尾身美詞(黒村径子)、稲葉菜月(黒村晴美)、牛山茂(北條円太郎)、新谷真弓(北條サン)、小野大輔(水原哲)、岩井七世(白木リン)、潘めぐみ(浦野すみ)ほか。 ほか。

【あらすじ】
 昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。 しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。 それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 10/20 - 10/21)
1位宇宙の法―黎明編―
2位億男 NEW!!
3位日日是好日
4 位 ルイスと不思議の時計
5 位プーと大人になった僕
6 位魔法少女リリカルなのは Detonation NEW!!
7 位クワイエット・プレイス
8 位劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~
9 位名探偵コナン ゼロの執行人 NEW!!
10 位パーフェクトワールド 君といる奇跡

▽最新記事
▽カテゴリ

▽スペシャルインタビュー映像

◎今週1位「宇宙の法ー黎明編ー」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
 10/26(金),10/27(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン








▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]