ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2016 7/16 - 7/17)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(2016 7/16 - 7/17)

 「ファインディング・ドリー」 が 初登場1位! 「 HiGH&LOW THE MOVIE 」 が 2位にランクイン! ( 7月16日 - 7月17日 ) 興行通信社 [興行通信社調べ]
順位/作品題作品情報・コメント
1位 ファインディング・ドリー







公開日: 2016年7月16日(土)

[ NEW ] 初登場首位。 土日2日間で動員57万1000人、興収7億4556万円をあげた。

 ピクサー・アニメーション・スタジオの大ヒット作「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。 前作にも登場したちょっぴりドジな愛されキャラ、忘れん坊のドリーに焦点を絞って、彼女の家族捜しの旅に同行する親友ニモと仲間たちの大冒険を映し出す。 監督は、前作「ファインディング・ニモ」や「ウォーリー」を手がけたアンドリュー・スタントンとアンガス・マクレーンが共同で務めた。 宝石のような美しさに満ちた“海の世界”を舞台に、新たな感動の冒険ファンタジーが始まる。 キャラクターはドリーの旅仲間たち。 水槽で暮らしていたようなそぶりを見せるタコのハンク、泳ぎが苦手なジンベエザメ・デスティニー、そのほかシロイルカのバイレーなど。 日本語版のエンディングソングは、八代亜紀が唄う『アンフォゲッタブル』。

【作品データ】
 原題:Finding Dory 製作年:2016年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:97分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:アンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン  声の出演:エレン・デジェネレス/室井滋(ドリー)、アルバート・ブルックス/木梨憲武(マーリン)、ヘイデン・ローレンス/菊地慶(ニモ)、エド・オニール/上川隆也(ハンク)、ケイトリン・オルソン/中村アン(デスティニー)、ダイアン・キートン(ジェニー)、ユージン・レビ(チャーリー)、シガニー・ウィーバー(シガニー・ウィーバー…本人役)、八代亜紀(八代亜紀…本人役)ほか。

【あらすじ】
 カクレクマノミのニモの大親友であるナンヨウハギのドリーは、すぐに何でも忘れてしまう。 ある日、子供のころの思い出がよみがえり、一念発起して家族を捜す旅に出ることを決意する。 おっちょこちょいなドリーを心配したニモは、父親マーリンを説得してドリーの旅に同行する…。
2位 HiGH & LOW THE MOVIE







公開日: 2016年7月16日(土)

[ NEW ] 初登場2位にランクイン。 土日2日間で動員34万9000人、4億7900万円をあげている。

 <EXILE>や<三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE> らが所属する LDH と 日本テレビ がタッグを組み、ドラマやライブツアーなどが連動するプロジェクトの映画版。 2015年10月からシーズン1、16年4月からシーズン2が放送されたテレビドラマ「 HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D. 」の劇場版。 さまざまな不良チームが抗争を繰り広げる“ SWORD 地区 ”を舞台に、男たちのプライドを懸けた壮絶な戦いや生きざまを、迫力あるバトルを通じて描く。 AKIRA や TAKAHIRO など<EXILE TRIBE> のメンバーが出演するほか、窪田正孝、林遣都、山田裕貴らが熱いドラマを盛り上げている。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:130分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:久保茂昭  出演:AKIRA(琥珀)、青柳翔(九十九)、高谷裕之(太田)、岡見勇信(古西)、井浦新(龍也)、TAKAHIRO(雨宮雅貴)、登坂広臣(雨宮広斗)、窪田正孝(スモーキー)、林遣都(日向紀久)、山田裕貴(村山良樹)、YOU(寿子)、小泉今日子(BAR小竹のママ)ほか。

【あらすじ】
 とある一帯を支配する最強のグループ<ムゲン>が<雨宮兄弟>と激しい抗争を繰り広げた後、<ムゲン>が解散し雨宮兄弟も姿を消す。 その後、頭角を現した五つのチーム<山王連合会>、<White Rascals>、<鬼邪高校>、<RUDE BOYS>、<達磨一家>の頭文字を取り街は“ SWORD 地区 ”といわれ、<G-SWORD>と呼ばれるグループが互いにしのぎを削っていた。 そこへある男が帰ってきたことで、“ SWORD 地区 ”には不穏な空気が漂い始め…。
3位 ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ







公開日: 2016年7月16日(土)

[ NEW ] 初登場3位にランクイン。 土日2日間で動員28万9971人、興収3億2390万円をあげた。 TVアニメのファンから根強い人気を誇っているが、鑑賞後の満足度も 94・6%と昨年の数値を上回っている。

 人気アニメ「ポケットモンスター」劇場版の通算19作目で、2015年からスタートしたテレビアニメシリーズ「ポケットモンスターXY&Z 」初の劇場版。 超カラクリ都市<アゾット王国>を舞台に、奇妙な形で出会ったサトシと幻のポケモンが、未知なる力の宿る人造ポケモンを救うべく戦いを繰り広げる。 監督の湯山邦彦、サトシ役の松本梨香らおなじみのスタッフ・キャスト陣が集結。 幻のポケモン、ボルケニオンとマギアナの活躍や、サトシやピカチュウ、仲間たちによるエキサイティングなバトルが見どころとなっている。 ボルケニオン役には、アニメ声優初挑戦となる市川染五郎。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給> :東宝 上映時間:97分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:湯山邦彦  声の出演:松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、牧口真幸(セレナ)、梶裕貴(シトロン)、伊瀬茉莉也(ユリーカ)、林原めぐみ(ムサシ)、三木眞一郎(コジロウ)、犬山イヌコ(ニャース)、市川染五郎(ボルケニオン)、中川翔子(ラケル)、松岡茉優(キミア)、山寺宏一(ジャービス)、あばれる君(オニゴーリ)ほか。

【あらすじ】
 サトシやピカチュウたちが旅をしていると、空から幻のポケモン、ボルケニオンが降ってくる。 人間に傷つけられたポケモンたちとネーベル高原で生活している人間嫌いのボルケニオンだったが、なぜかサトシと不思議な鎖でつながれてしまう。 サトシは、未知なる力を宿す人造ポケモン・マギアナを救出すべく超カラクリ都市・アゾット王国へ向かうボルケニオンと行動を共にすることになり…。
 インデペンデンス・デイ:リサージェンス







公開日: 2016年7月9日(土)

[] 先週の1位から3ランクダウンした

 1996年に製作・公開され、世界中で大ヒットを記録したSFパニック超大作「インデペンデンス・デイ」の続編。 前作での闘いから20年後を舞台に、地球防衛システムを完備した人類が再び侵略者と対峙する。 監督は、前作や「ホワイトハウス・ダウン」などを手がけたディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ。 壮大な物語と圧倒的な映像技術に注目。 戦闘機パイロットの主人公ジェイク役を「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースが演じ、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムら前作から続投したキャストも参加している。

【作品データ】
 原題:Independence Day: Resurgence 製作年:2016年 製作国:アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 上映時間:120分 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ローランド・エメリッヒ  出演:リアム・ヘムズワース(ジェイク・モリソン)、ジェフ・ゴールドブラム(デイビッド・レヴィンソン)、ビル・プルマン(トーマス・ホイットモア)、マイカ・モンロー(パトリシア・ホイットモア)、ジェシー・アッシャー(ディラン・ヒラー)、トラビス・トープ(チャーリー・ミラー)、ウィリアム・フィクトナー(アダムズ将軍)、シャルロット・ゲンズブール(キャサリン・マルソー)ほか。

【あらすじ】
 エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。 人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。 2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。 彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。 猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう…。
 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅







公開日: 2016年7月1日(金)

[] 先週の2位から3ランクダウン。

 悲しい過去にとらわれたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼる旅に出るアリスの姿を描くファンタジー・アドベンチャー。 ティム・バートン監督が『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』をもとに描いた大ヒットファンタジー「アリス・イン・ワンダーランド」の続編。 ティム・バートンはプロデューサーとして参加、「ザ・マペッツ」のジェームズ・ボビンが新たに監督を務めた。 アリスをはじめチェシャ猫など人気キャラクターによる新しい物語に注目。 ミア・ワシコウスカジョニー・デップアン・ハサウェイヘレナ・ボナム・カーターら前作の豪華キャストが続投。 2016年1月に他界した名優アラン・リックマンも前作から引き続き声の出演を果たしており、本作が遺作となった。

【作品データ】
 原題:Alice Through the Looking Glass 製作年:2016年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:113分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ジェームズ・ボビン  出演:ジョニー・デップ(マッドハッター)、アン・ハサウェイ(白の女王…ミラーナ)、ミア・ワシコウスカ(アリス・キングスレー)、リス・エバンス(ザニック・ハイトップ)、ヘレナ・ボナム・カーター(赤の女王…イラスベス)、サシャ・バロン・コーエン(タイム)、アラン・リックマン(アブソレム[声])ほか。

【あらすじ】
 ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。 マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。 ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。 時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが…。
 TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ







公開日: 2016年6月25日(土)

[] 先週の3位から3ランクダウンした。

 事故が原因で地獄に来てしまった男子高校生が、ロックバンドを率いる鬼と共に奇想天外な冒険と抱腹絶倒の騒動を巻き起こす異色のコメディー。 弱冠17歳で命を落とし地獄に堕ちた少年が、クラスメイトにキスしたい一心で、現世へのよみがえりを目指し奮闘する姿を描く。 「ピンポン」、「舞妓 Haaaan!!!」などの脚本を担当してきた宮藤官九郎が、監督と脚本を務めた。 主演を務めるのは、「るろうに剣心」シリーズなどの神木隆之介と「ヘブンズ・ドア」などの長瀬智也。 特殊メイクを施して鬼にふんした長瀬智也の怪演や、猛特訓したという神木隆之介のギタープレイにも注目。 共演にも宮沢りえ、桐谷健太、古田新太ら豪華キャストが集結した。 第40回香港国際映画祭・正式招待作品。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:東宝、アスミック・エース 上映時間:125分

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:宮藤官九郎  出演:神木隆之介(大助)、長瀬智也(キラーK)、尾野真千子(なおみ)、森川葵(ひろ美)、桐谷健太(COZY)、古田新太(えんま校長)、宮沢りえ(手塚ひろ美)、坂井真紀(よしえ)、烏丸せつこ(牛頭)、田口トモロヲ(馬頭)ほか。

【あらすじ】
 修学旅行で乗っていたバスが事故に遭ってしまった男子高校生・大助(神木隆之介)。 ふと目を覚ますと、炎が渦を巻く中で人々が苦しめられている光景が目に飛び込んでくる。 地獄に落ちたと理解するも、同級生のひろ美に思いを告げずに死んでしまったことに混乱する大助。 そんな彼の前に、地獄農業高校軽音楽部顧問にしてロックバンドの地獄図(ヘルズ)のリーダーである赤鬼のキラーK(長瀬智也)が現れる。 彼の指導と特訓のもと、地獄から現世に戻ろうと悪戦苦闘する大助だが…。
 それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ







公開日: 2016年7月2日(土)

[] 先週の5位から2ランクダウン。

 アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版28作目。 あらゆるものを玩具に変えられるおもちゃスティックを落としてしまったおもちゃの星の姫ルンダとアンパンマンたちが繰り広げる冒険の行方を描く。 やなせたかしの残した楽曲『勇気のルンダ』をモチーフにしており、歌や踊りを交えながら描いてある。 戸田恵子、中尾隆聖をはじめとするレギュラーメンバーのほか、NHK の連続テレビ小説「あさが来た」などの波瑠、お笑いコンビ中川家の中川剛と中川礼二がゲストキャストとして参加。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:東京テアトル 上映時間:62分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:川越淳  声の出演:戸田恵子(アンパンマン)、中尾隆聖(ばいきんまん)、波瑠(ルンダ)、中川礼二(ナンダ)、中川剛(ヌラ)ほか。

【あらすじ】
 みんなが自分のために何かしてくれて当然だと思い込んでいる、おもちゃの星のお姫様ルンダと、いつも一緒にいる心優しいロボットのナンダ。 ある日ルンダは、さまざまなものをおもちゃに変化させる力を持ったおもちゃスティックを失くしてしまう。 アンパンマンやクリームパンダたちの助けを借りながら海の中や砂漠を捜し回っても見つからない。 そこへ、ばいきんまんがおもちゃスティックを狙って現れたことで…。
 植物図鑑 運命の恋、ひろいました







公開日: 2016年6月4日(土)

[] 先週の4位から4ランクダウンした。

 全てが思うようにならないOLが家の前で倒れていた青年と出会い、成り行きで風変わりな同居生活を続けるうちに心を通わせていくさまを描く胸がときめくラブストーリー。 『図書館戦争』、『フリーター、家を買う。』など数多くの著作が映像化されているベストセラー作家・有川浩による恋愛小説『植物図鑑』を映画化。  監督は、「トリハダ」シリーズなどの三木康一郎、脚本を有川による原作の「レインツリーの国」などの渡辺千穂が担当した。 <EXILE><三代目J Soul Brothers>のパフォーマーとして活躍する岩田剛典と、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」や映画「バンクーバーの朝日」の実力派若手女優・高畑充希が主演を務めている。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:112分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:三木康一郎  出演:岩田剛典(日下部樹)、高畑充希(河野さやか)、阿部丈二(竹沢陽平)、今井華(野上ユリエ)、谷澤恵里香(玉井千秋)、相島一之(警察官)、酒井敏也(来店客)、木下隆行(内覧客)、ダンカン(山崎誠)、大和田伸也(登来柳明)、宮崎美子(河野典子)ほか。

【あらすじ】
 仕事もプライベートも行き詰まっているOLさやか(高畑充希)が帰宅すると、マンションの前で倒れている男・樹(岩田剛典)を見つけ、自室に招き入れてしまう。 部屋に居つくことになった樹は料理上手で、家事全般を担当することを条件に奇妙な同居生活が始まる。 草花に詳しく野草を使った料理を作ってくれる彼との日々は楽しく、さやかは次第に惹かれていくが…。
 貞子vs伽椰子







公開日: 2016年6月18日(土)

[] 先週の7位から2ランクダウン。

 「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子というJホラーを代表する恐怖の2大キャラクターの共演が実現した作品。 貞子と伽椰子、さらには「呪怨」シリーズの俊雄も絡み、恐怖のキャラクターたちによる衝突を描くホラー。 ヴェールに包まれていた最恐キャラの姿が明らかになる。 監督は、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 」シリーズや「ノロイ」、「オカルト」などホラー作品を多数手がける白石晃士。 「東京PRウーマン」などの山本美月が主演、玉城ティナ、安藤政信らが共演。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:KADOKAWA 上映時間:99分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督・脚本:白石晃士  出演:山本美月(倉橋有里)、玉城ティナ(高木鈴花)、佐津川愛美(上野夏美)、甲本雅裕(森繁新一)、安藤政信(常盤経蔵)、菊地麻衣(珠緒)、田中美里(高木史子)ほか。

【あらすじ】
 女子大生の有里(山本美月)は、あるビデオを再生する。 それは、観た者に貞子から電話がかかってきて、2日後に死ぬという“呪いの動画”だった。 一方、女子高生の鈴花(玉城ティナ)は引っ越し先の向かいにある<呪いの家>に入ってしまう。 霊媒師の経蔵(安藤政信)は二つの呪いを解くために、呪いの動画の貞子と呪いの家に居る伽椰子を激突させようとするが…。
10  64-ロクヨン-後編-







公開日: 2016年6月11日(土)

[] 先週の8位から2ランクダウンした。

 昭和時代の最後の1週間にあたる昭和64年に起きた未解決誘拐事件と、新たに発生した類似の事件の謎に迫る犯罪ドラマ。 「愛するとき、愛されるとき」、「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久監督のメガホンで、ベストセラー作家・横山秀夫の小説『 64(ロクヨン)』を映画化した2部作の後編。 後編は原作とは異なるラストへと向かっていく。 ついに明かされる事件の謎に加え、仕事や家庭、キャリアなど複雑な関係性の中で悩み、苦しむ主人公の濃密なドラマにも注目。 県警の広報官を演じる佐藤浩市のほか、綾野剛、榮倉奈々、永瀬正敏、三浦友和ら豪華キャストが集結した。

【作品データ】
 製作年:2016年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:119分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:瀬々敬久  出演:佐藤浩市(三上義信)、綾野剛(諏訪)、榮倉奈々(美雲)、夏川結衣(三上美那子)、緒形直人(目崎正人)、窪田正孝(日吉浩一郎)、坂口健太郎(手嶋)、筒井道隆(柿沼)、鶴田真由(村串みずき)、赤井英和(望月)、菅田俊(漆原)、烏丸せつこ(日吉雅恵)、小澤征悦(御倉)、奥田瑛二(荒木田)、仲村トオル(二渡真治)、吉岡秀隆(幸田一樹)、瑛太(秋川)、永瀬正敏(雨宮芳男)、三浦友和(松岡勝俊)ほか。

【あらすじ】
 昭和64年に発生し、犯人が捕まらないまま迷宮入りした少女誘拐殺人事件・通称“ロクヨン”。 事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生。 犯人は“サトウ”と名乗り、身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は“ロクヨン”をなぞっていたが…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 12/8 - 12/9)
1位ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
2位ボヘミアン・ラプソディ
3位来る NEW!!
4 位 くるみ割り人形と秘密の王国
5 位機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)
6 位スマホを落としただけなのに
7 位人魚の眠る家
8 位ういらぶ。
9 位ヴェノム
10 位かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-

▽最新記事
▽カテゴリ

▽ジャパンプレミア 舞台あいさつ

◎今週1位「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
12/14(金),12/15(土),
12/16(日)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 Rakuten





▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]