ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2015 12/5 - 12/6)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(12/5 - 12/6)

 「OO7 スペクター」 が 初登場1位、「杉原千畝 スギハラチウネ」 が 2位 !! 興行通信社 [興行通信社調べ]
順位/作品題作品情報・コメント
1位 OO7 スペクター







公開日: 2015年12月4日(金)

[ NEW ] 初登場首位を獲得。 全国591スクリーンで公開され、土日2日間で動員26万2663人、興収3億6222万1200円をあげた。

 「OO7」シリーズ第24作目となるアクション大作。 前作「OO7 スカイフォール」に続きサム・メンデス監督がメガホンをとった。 そして、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じている。 苦悩するボンドの葛藤はもとより、明らかになる彼の幼少期の秘密に注目。 レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスら共演陣も続投。 新たなキャストとして、“ボンドガール”となる「昼下がり、ローマの恋」などのモニカ・ベルッチ、「アデル、ブルーは熱い色」などのレア・セイドゥというイタリアとフランスを代表する美女が熱演。 他にも、「SHERLOCK シャーロック」のアンドリュー・スコット、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のデビッド・バウティスタ、そしてオスカー俳優のクリストフ・ワルツらが参加。

【作品データ】
 原題:Spectre 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 上映時間:148分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:サム・メンデス  出演:ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、クリストフ・ワルツ(オーベルハウザー)、レア・セイドゥ(マドレーヌ)、レイフ・ファインズ(M)、モニカ・ベルッチ(ルチア)、ベン・ウィショー(Q)、ナオミ・ハリス(マネーペニー)ほか。

【あらすじ】
 ボンド(ダニエル・クレイグ)は、少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。 彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。 死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を確信する…。
2位 杉原千畝 スギハラチウネ







公開日: 2015年12月5日(土)

[ NEW ] 初登場2位にランクイン。 全国329スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万8453人、興収1億4538万9600円をあげた。

 第二次世界大戦時、ナチスに迫害されたユダヤ難民にビザを発給して救いの手を差し伸べ、“日本のシンドラー”とも呼ばれた外交官・杉原千畝の半生を描いたドラマ。 監督は、ハリウッドと日本の双方で数々の大作に携わってきた「サイドウェイズ」などのチェリン・グラッグが務めた。 杉原が外交官としてだけでなく、堪能な語学力を使い、赴任した各国で類まれな情報収集能力を発揮し、貴重な情報を集めて日本に送り続けた“インテリジェンス・オフィサー(諜報外交官)”であった一面も合わせて描いている。 世界情勢が混乱を極める中、諜報外交官として日本にさまざまな情報を送ってきた杉原を唐沢寿明が演じ、彼を支える妻に小雪が扮する他、日本、ポーランドの実力派俳優が集結した。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:139分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:チェリン・グラック  出演:唐沢寿明(杉原千畝)、小雪(杉原幸子)、小日向文世(大島浩)、塚本高史(南川欽吾)、濱田岳(大迫辰雄)、二階堂智(根井三郎)、板尾創路(菊池静男)、滝藤賢一(関満一朗)、石橋凌(大橋忠一)、ボリス・スジック(ペシュ)、アグニェシュカ・グロホウスカ(イリーナ)ほか。

【あらすじ】
 1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。 ところがその後彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。 同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、第2次世界大戦が勃発し…。
3位 I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE







公開日: 2015年12月4日(金)

[ NEW ] 初登場3位にランクイン。 全国653スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万4709人、興収1億5387万6000円をあげた。

 世界中で愛されるスヌーピーやチャーリー・ブラウンなど、チャールズ・M・シュルツによる漫画『ピーナッツ』のキャラクターたちを、初の3DCGでアニメーション映画化。 スヌーピーやチャーリー・ブラウン、その仲間たちが繰り広げる愉快な日常が描かれる。 「アイス・エイジ」シリーズを送り出したハリウッドのブルースカイスタジオが制作し、「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」や「アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険」を手がけたスティーブ・マーティノが監督した。 CGでリアルに再現されたスヌーピーの毛並みのモフモフ感にも注目。 そして、日本語吹替版のボイスキャストには、鈴木福、谷花音、小林星蘭、芦田愛菜など人気子役達が揃っている。

【作品データ】
 原題:The Peanuts Movie 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 上映時間:88分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:スティーブ・マーティノ  声の出演:ノア・シュナップ(チャーリー・ブラウン)、ビル・メレンデス(スヌーピー/ウッドストック)、フランチェスカ・カパルディ(赤毛の女の子)、マリエル・シーツ(サリー)、ハドリー・ベル・ミラー(ルーシー)ほか。

【あらすじ】
 何をやっても空回りな少年チャーリー・ブラウンは、いつも周囲にからかわれ、飼い犬で親友のスヌーピーにもあきれられる始末。 そんなチャーリーは転校してきた赤毛の女の子に一目ぼれするが、話し掛ける勇気がない。 一方、空想が好きなスヌーピーはパイロットに成り切って大空で大冒険を繰り広げ、かわいいパリジェンヌとデートを楽しむが…。
 海難1890







公開日: 2015年12月5日(土)

[ NEW ] 初登場4位にランクイン。 全国309スクリーンで公開され、土日2日間で動員8万8295人、興収1億503万3900円をあげている。

 日本とトルコの友好関係の礎となった<エルトゥールル号遭難事件>を題材に、日本・トルコ合作で映画化したヒューマンドラマ。 1890年に起きた<エルトゥールル号遭難事件>と、1985年のイラン・イラク戦争勃発時に、テヘランに取り残された日本人の救援のため、トルコ政府が救援機を飛ばして救出した出来事の顛末を描く。 約100年という歴史をまたいだ展開はもちろん、日本とトルコの知られざる物語にも胸を打たれる。 監督は「利休にたずねよ」、「化粧師 KEWAISHI」の田中光敏。 「家路」、「臨場」の内野聖陽が、エルトゥールル号乗組員の介抱に奔走する医師役で主演。 ヒロイン役の忽那汐里はそれぞれの時代に生きる女性を1人2役で演じている。 共演に、「孤高のメス」などの夏川結衣ら。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本・トルコ合作 配給:東映 上映時間:132分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:田中光敏  出演:内野聖陽(田村元貞)、ケナン・エジェ(ムスタファ/ムラト)、忽那汐里(ハル/春海)、アリジャン・ユジェソイ(ベキール)、夏川結衣(お雪)、永島敏行(野村)、小澤征悦(藤本源太郎)、徳井優(平次)、小林綾子(トメ)、螢雪次朗(竹下)、かたせ梨乃(サト)、竹中直人(工藤)、笹野高史(佐藤)ほか。

【あらすじ】
 1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。 そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。 イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。 そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る…。
 映画 ハイ☆スピード! -Free! Starting Days-







公開日: 2015年12月5日(土)

[ NEW ] 初登場5位にランクイン。 全国120スクリーンで公開され、土日2日間で動員6万7829人、興収9554万6400円をあげた。

 水泳に打ち込む男子高校生たちを描いた京都アニメーション制作のテレビアニメ「 Free! 」の原案となった小説『ハイ☆スピード!』を、完全新作アニメーションで劇場映画化。 主人公の中学生時代にさかのぼり、水泳部に入部した主人公がリレーの練習を通してチームになるために必要なことを学んでいくさまが展開していく。 「けいおん!」シリーズなどの京都アニメーションがアニメーション制作を担当し、「涼宮ハルヒの消失」などの武本康弘が監督を務めた。 中学校という新たな環境で迷いながらも、水泳を通して成長していく主人公の姿が見どころとなっている。 

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:110分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:武本康弘  声の出演:島崎信長(七瀬遙)、鈴木達央(橘真琴)、豊永利行(椎名旭)、内山昂輝(桐嶋郁弥)、野島健児(桐嶋夏也)、日野聡(芹沢尚)、鈴木千尋(鴫野貴澄)ほか。

【あらすじ】
 水と触れ合うことが好きな七瀬遙は、仲間の橘真琴と共に入学した岩鳶中学校で水泳部に入部。遙は、真琴と椎名旭、桐嶋郁弥でメドレーリレーのチームを組むことに。 彼らは個性も考え方もバラバラで、全くうまくいかない。 それでも遙はチームになるために必要なことを考え、互いを少しずつ知り、練習を積み重ねていく…。
 リトルプリンス 星の王子さまと私







公開日: 2015年11月21日(土)

[] 先週の1位から5ランクダウンした。

 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる不朽の名作小説『星の王子さま』を初めて長編アニメーション映画化。 現代を生きる少女を新たに主人公として設定し、原作の飛行士が老人となって登場する。 監督を「カンフー・パンダ」のマーク・オズボーンが務め、原作の物語を語りながら、原作のその後も描く作品となった。レベルの高い学校を目指し勉強漬けの日々を過ごす少女と、若いころ不時着した砂漠で出会った星の王子さまとの思い出を語る老飛行士の交流を、CGアニメとストップモーションアニメを駆使して描き出す。 女の子役の声優は、英語版では「インターステラー」のマッケンジー・フォイ、日本語版では子役の鈴木梨央。飛行士の声はジェフ・ブリッジス(英語版)、津川雅彦(日本語版)。

【作品データ】
 原題:The Little Prince 製作年:2014年 製作国:フランス 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:107分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:マーク・オズボーン  声の出演:ジェフ・ブリッジス/津川雅彦(飛行士)、マッケンジー・フォイ/鈴木梨央(女の子)、レイチェル・マクアダムス/瀬戸朝香(お母さん)、ジェームズ・フランコ/伊勢谷友介(キツネ)、ベニチオ・デル・トロ/竹野内豊(ヘビ)、マリオン・コティヤール/滝川クリステル(バラ)、リッキー・ジャーベイス/ビビる大木(うぬぼれ男)ほか。

【あらすじ】
 新しく引っ越した家の隣に住む老人が気になる9歳の女の子。 若い頃は飛行機乗りだったという老人は、昼間は飛行機を修理し、夜は望遠鏡で空を眺めて暮らしていた。 2人は仲良くなり、女の子は老人から、砂漠で出会った星の王子さまの話を聞かせてもらう。 しかし、やがて老人は病に倒れてしまい、女の子は老人が会いたがっている星の王子さまを探すため、オンボロ飛行機に乗って空に旅立つ…。
 ガールズ&パンツァー 劇場版







公開日: 2015年11月21日(土)

[] 先週の2位から5ランクダウン。

 2012~13年にかけてテレビ放送され、14年には新作OVAも劇場上映された「ガールズ&パンツァー」の完全新作劇場版。 戦車を用いた武芸“戦車道”が大和撫子のたしなみとされる世界を舞台に、戦車道に打ち込む女子高生たちの成長や友情を描いた人気アニメで、テレビシリーズで戦車道の全国大会を戦い抜いた、西住みほを中心とした県立大洗女子学園のその後の物語が描かれる。 監督の水島努、脚本の吉田玲子、キャラクター原案の島田フミカネらこれまででおなじみのスタッフが集結した。

【作品データ】
 作年:2015年 製作国:日本 配給:ショウゲート 上映時間:119分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:水島努  声の出演:渕上舞(西住みほ)、茅野愛衣(武部沙織)、尾崎真実(五十鈴華)、中上育実(秋山優花里)、井口裕香(冷泉麻子)ほか。

【あらすじ】
 第63回戦車道全国大会で優勝を飾った大洗女子学園。 平穏な日常が戻ってきたと思っていたある日、大洗でエキシビジョンマッチが開催されることになる。 いまやすっかり町の人気者になった大洗女子戦車道チームには熱い視線が注がれるが…。
 レインツリーの国







公開日: 2015年11月21日(土)

[] 先週の3位から5ランクダウンした。

 『図書館戦争』シリーズなどの人気作家・有川浩によるヒット小説を実写化したラブストーリー。 あるブログの管理人をする女性とメールをやりとりするようになった男性が、会うことをかたくなに拒む彼女の思わぬ秘密を知る。 主演はテレビドラマ「信長のシェフ」シリーズなどの玉森裕太が務めた。 そして、ドラマ「スイッチガール!!」、「ホテルコンシェルジュ」など主演を務めてきた人気モデルの西内まりやが、ヒロイン役で実写映画に初出演を果たしている。 監督は、有川原作の「阪急電車 片道15分の奇跡」も手がけた三宅喜重。 恋のもどかしさと素晴らしさを深く見つめた物語に仕上がった。 主題歌は、Kis-My-Ft2 の『最後もやっぱり君』。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:ショウゲート 上映時間:108分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:三宅喜重  出演:玉森裕太(向坂伸行)、西内まりや(人見利香)、森カンナ(ミサコ)、阿部丈二(井出広太)、山崎樹範(向坂宏一)、片岡愛之助(澤井徹)、矢島健一(人見健次郎)、麻生祐未(人見由香里)、大杉漣(向坂豊)、高畑淳子(向坂文子)ほか。

【あらすじ】
 高校時代に夢中になって読んでいた本『フェアリーゲーム』について、何となくインターネットで検索をしてみた伸行(玉森裕太)。 <レインツリーの国>というブログに書かれた『フェアリーゲーム』の感想に興味を持った彼は、その管理人を務めるひとみ(西内まりや)にメールを送付する。 それを機に、メールをやりとりするようになる二人。 実際に会って話がしたいと考える伸行だったが、ひとみはその申し出を拒否し…。
 グラスホッパー







公開日: 2015年11月7日(土)

[] 先週の4位から5ランクダウン。

 ハロウィンの夜に渋谷のスクランブル交差点で起こった事故をきっかけに、心に闇を抱えた3人の男の運命が交錯していく様を描いたサスペンス。 恋人を殺害した犯人への復讐に燃える元教師、人の心を操り自殺に追い込む殺し屋、その命を狙うナイフ使いの殺し屋の運命が、それぞれの思惑を抱えながら交錯していく様が展開する。 人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説『グラスホッパー』 (GRASSHOPPER) を映画化。 主演は、「人間失格」などの生田斗真。 監督は、「脳男」に続き生田とタッグを組む瀧本智行、脚本を「あなたへ」などの青島武が担当。 共演には日本のみならず国際的に活躍する浅野忠信、Hey! Say! JUMP の山田涼介らが顔を揃えた。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:KADOKAWA、松竹 上映時間:119分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督:瀧本智行  出演:生田斗真(鈴木)、浅野忠信(鯨)、山田涼介(蝉)、麻生久美子(すみれ)、波瑠(百合子)、菜々緒(比与子)、村上淳(岩西)、宇崎竜童(鯨の父の亡霊)、吉岡秀隆(槿)、石橋蓮司(寺原会長)、金児憲史(寺原Jr.)、佐津川愛美(メッシュの女)、山崎ハコ(桃)ほか。

【あらすじ】
 恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。 絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。 正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し…。
10  劇場版 MOZU







公開日: 2015年11月7日(土)

[] 先週の5位から5ランクダウンした。

 逢坂剛のハードボイルド小説『百舌』シリーズを原作に、TBS と WOWOW が共同製作、リレー形式で放送した人気ドラマ「 MOZU 」の劇場版。 二つの規模の大きな同時テロの捜査にあたる公安警察官の倉木が、事件の背後に存在する謎の人物、ダルマと対峙する。 ドラマ版に続き、監督に羽住英一郎、主演の西島秀俊や香川照之、真木よう子らが出演し、最大の敵となる悪役ダルマにビートたけし が扮する。 そして伊勢谷友介、松坂桃李らが新たに加わって物語を盛り上げる。 フィリピンでのロケを敢行して撮られたカーアクションや爆破シーンも見どころとなっている。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:116分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督:羽住英一郎  出演:西島秀俊(倉木尚武)、ビートたけし(ダルマ)、香川照之(大杉良太)、真木よう子(明星美希)、伊勢谷友介(高柳隆市)、松坂桃李(権藤剛)、長谷川博己(東和夫)、小日向文世(津城俊輔)、池松壮亮(新谷和彦)、伊藤淳史(鳴宮啓介)、杉咲花(大杉めぐみ)、阿部力(村西悟)ほか。

【あらすじ】
 妻子の死をめぐる謎を追い、その果てに警察内部に存在する闇を暴いた公安警察官の倉木(西島秀俊)。 それから半年、ペナム大使館襲撃と高層ビル占拠爆破というテロが同時に勃発。 これらの事件は、犯罪プランナーの高柳(伊勢谷友介)と暗殺のプロフェッショナルである権藤(松坂桃李)が率いるグループによるものだった。 彼らは、戦後犯罪史に残る組織的犯罪や経済事件に関与しているとうわさされる人物、ダルマ(ビートたけし)の名のもとに、さらなる規模の計画を進めており…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 8/11 - 8/12)
1位劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-
2位ミッション:インポッシブル/フォールアウト
3位インクレディブル・ファミリー
4 位 ジュラシック・ワールド/炎の王国
5 位オーシャンズ8 NEW!!
6 位未来のミライ
7 位僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~
8 位劇場版 仮面ライダービルド Be The One
9 位劇場版ポケットモンスター みんなの物語
10 位センセイ君主

▽最新記事
▽カテゴリ

▽メイキング

◎今週1位「劇場版コードブルー」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
 8/14(火)~8/19(日)
劇場公開

▽Amazon アマゾン








▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]