ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2015 9/12 - 9/13)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(9/12 - 9/13)

  「ピクセル」 が初登場首位、「天空の蜂」 が3位 !! 興行通信社 [興行通信社調べ]
順位/作品題作品情報・コメント
1位 ピクセル







公開日: 2015年9月12日(土)

[ NEW ] 初登場1位を獲得。 全国620スクリーンで公開され、土日2日間で動員13万9339人、興収2億1578万2700円をあげた。

 人気ゲームのキャラクターに変身して侵略してきた宇宙人に対し、地球の危機を救うためゲームオタクたちが立ち上がる姿を描いた異色のディザスターパニック映画。 レトロゲームのキャラクターたちが、ドット絵を立体にしたような姿で地球を侵略してくる。 監督は、「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバス。 奇想天外なストーリーもちろん、メーカーの垣根を越えてキャラクターたちが共演するビジュアルにも圧倒される。 「ジャックとジル」などのアダム・サンドラー、「ブラインド・フィアー」などのミシェル・モナハンらが出演する。

【作品データ】
 原題:Pixels 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 上映時間:105分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:クリス・コロンバス  出演:アダム・サンドラー(サム・ブレナー)、ケビン・ジェームズ(ウィル・クーパー)、ミシェル・モナハン(ヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐)、ピーター・ディンクレイジ(エディ・プラント)、ジョシュ・ギャッド(ラドロー・レイモンソフ)、ブライアン・コックス(ポーター大将)、ダン・エイクロイド(1982年世界大会MC)、アシュレイ・ベンソン(レディ・リサ)、デニス・アキヤマ(岩谷教授)ほか。

【あらすじ】
 地球や人類の文化ついての情報を電波に乗せて、宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。 それを宇宙人が受信したものの、彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。 “パックマン”、“ドンキーコング”、“ギャラガ”、“スペースインベーダー”と、送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちはそれらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。 巨大なキャラクターが次々と現れ、都市をブロック化していく事態に世界はパニックに陥り…。
2位 アンフェア the end







公開日: 2015年9月5日(土)

[] 先週の1位から1ランクダウン。 公開2週目、土日2日間で動員13万6093人、興収1億9077万3800円をあげ、僅差で2位となっている。

 篠原涼子主演の人気ドラマ「アンフェア」の4年ぶりとなる劇場版3作目で、10年に及ぶ「アンフェア」シリーズ完結編となる。 国家の陰で暗躍する一団に関する機密を手にした警視庁捜査一課の女性刑事・雪平が、壮絶な戦いに身を投じていく。 前作「アンフェア the answer 」に引き続き、佐藤嗣麻子が監督・脚本を担当。 篠原涼子、阿部サダヲ、加藤雅也をはじめとするレギュラーメンバーが結集。 これまでの事件でちりばめられていた謎が収束する展開に加え、「クローバー」などの永山絢斗と EXILE の AKIRA のシリーズ参戦も見どころとなっている。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:108分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:佐藤嗣麻子  出演:篠原涼子(雪平夏見)、永山絢斗(津島直紀)、阿部サダヲ(小久保祐二)、加藤雅也(三上薫)、向井地美(音雪平美央)、吉田鋼太郎(特捜部長)、AKIRA(武部将臣)、寺島進(山路哲夫)、佐藤浩市(一条道孝)ほか。

【あらすじ】
 警察病院占拠事件やネイルガン連続殺人事件を経て、国家を動かす謎の権力組織に関するデータを手中にした雪平夏見(篠原涼子)。 組織と闘うすべを模索する中、ある転落死の現場で10年前に起きた推理小説事件の遺留品と同じしおりに奇妙なメッセージが記されて置かれているのに気付く。 やがて、転落死体がネイルガン連続殺人事件の首謀者だった村上克明検事(山田孝之)であること、推理小説事件の犯人たちを結び付けたサイトが復活していることが判明。 不穏な空気に包まれる雪平の前に、ある協力者が現れる…。
3位 天空の蜂







公開日: 2015年9月12日(土)

[ NEW ] 初登場3位にランクイン。 全国312スクリーンで公開され、土日2日間で動員12万5917人、興収1億6141万4600円をあげている。

 史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の8時間のドラマを描いたサスペンス大作。 ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「 SPEC 」、「 20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化。 最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描き、東日本大震災による原発事故を経験した日本において、改めて社会と人間の在り方を問う。 困難な直面に立ち向かうヘリコプター設計士を江口洋介、原子力機器の設計士を本木雅弘が演じ、初めての共演を果たした。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:松竹 上映時間:138分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:堤幸彦  出演:江口洋介(湯原)、本木雅弘(三島)、仲間由紀恵(赤嶺)、綾野剛(雑賀)、柄本明(室伏)、國村隼(中塚)、石橋蓮司(筒井)、竹中直人(芦田)、向井理(高彦…成人)ほか。

【あらすじ】
 1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によって奪われてしまう。 やがて遠隔操作されたヘリは稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングを開始し、テロリストが日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。 さらに、ヘリ内に子供がいることがわかり…。
 テッド2







公開日: 2015年8月28日(金)

[] 先週の2位から2ランクダウンした。

 世界興収5億4000万ドル超というメガヒットを記録した「テッド」の続編。 命を宿したテディベアのテッドと親友のジョンが巻き起こす騒動を描いたコメディのシリーズ第2弾。 結婚して子供が欲しいと願うものの、それをかなえるには人間であることを証明しなくてはいけなくなったテッドたちが奔走する。 監督、脚本およびテッドの声を担当するのは、前作同様のセス・マクファーレン。 下ネタを織り交ぜたギャグの数々に笑いがこみ上げる。 ジョン役のマーク・ウォールバーグも続投し、サマンサ役で「マンマ・ミーア!」、「レ・ミゼラブル」などの人気女優アマンダ・セイフライド、オスカー俳優のモーガン・フリーマンらが新たに出演している。

【作品データ】
 原題:Ted 2 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:116分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 監督:セス・マクファーレン  出演:マーク・ウォールバーグ、セス・マクファーレン、アマンダ・セイフライド、ジョバンニ・リビシ、ジョン・スラッテリー、モーガン・フリーマン ほか。

【あらすじ】
 アルバイト先で出会った恋人タミ・リン(ジェシカ・バース)と愛を育み続け、ついに結婚を果たしたテッド。 幼いころからの親友ジョン(マーク・ウォールバーグ)との悪ふざけと新婚生活を楽しむ中、彼はタミ・リンとの子供を欲しいと思うように。だが、自分が縫いぐるみではなくて人間であることを証明しなければ子供を持てないと知った彼は、女性弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)のもとへ相談に。 そして、彼女とジョンの協力を得ながら、法廷に立って自分は人間だと証明しようとするテッドだったが…。
 ジュラシック・ワールド







公開日: 2015年8月5日(水)

[] 先週の3位から2ランクダウン。 

 恐竜をテーマにした巨大テーマパークを舞台に、遺伝子操作によって生み出された新種の恐竜が脱走、人間や恐竜を襲うさまを臨場感たっぷりに描き出すアドベンチャー大作。 スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。 前作「ジュラシック・パークIII」以来14年ぶりの新作で、スピルバーグは製作総指揮を担当。 「彼女はパートタイムトラベラー」の新鋭コリン・トレボロウ監督がメガホンをとった。 驚異的なビジュアルやハイテンションな展開のサバイバルに注目。 オーウェン役に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、クレア役に「ターミネーター4」、「スパイダーマン3」のブライス・ダラス・ハワード

【作品データ】
 原題:Jurassic World 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:125分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:コリン・トレボロウ  出演:クリス・プラット(オーウェン)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア)、ビンセント・ドノフリオ(ホスキンス)、タイ・シンプキンス(グレイ)、ニック・ロビンソン(ザック)、ジュディ・グリア(カレン)ほか。

【あらすじ】
 世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。 知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい…。
 キングスマン







公開日: 2015年9月11日(金)

[ NEW ] 初登場6位にランクイン。 土日2日間で動員8万3562人、興収1億1438万5600円をあげた。

 世界を股に掛けて秘密裏に活躍するスパイ機関所属の主人公が、最強の敵相手に奮闘する姿を描く痛快スパイアクション。 監督は、「キック・アス」などのマシュー・ヴォーン。 エレガントな小道具やウイットに富んだ会話はもとより、切れ味のいい怒とうのアクションに注目。 「英国王のスピーチ」などのオスカー俳優コリン・ファースを主演に迎え、「サイダーハウス・ルール」などのマイケル・ケインや、「パルプ・フィクション」などのサミュエル・L・ジャクソンらが共演している。

【作品データ】
 原題:Kingsman: The Secret Service 製作年:2014年 製作国:イギリス 配給:KADOKAWA 上映時間:129分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 監督:マシュー・ボーン  出演:コリン・ファース(ハリー・ハート/ガラハッド)、マイケル・ケイン(アーサー)、タロン・エガートン(ゲイリー・“エグジー”・アンウィン)、マーク・ストロング(マーリン)、ソフィア・ブテラ(ガゼル)、サミュエル・L・ジャクソン(リッチモンド・ヴァレンタイン)、マーク・ハミル(アーノルド教授)ほか。

【あらすじ】
 ロンドンにある高級スーツ店<キングスマン>は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。 ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。 そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする…。
 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション







公開日: 2015年8月7日(金)

[] 先週の4位から3ランクダウンした。

 大ヒットスパイアクション「ミッション:インポッシブル」のシリーズ第5作。 スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、仲間たちと協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅というハイレベルのミッションに挑戦する姿を活写する。 監督は、トム・クルーズ主演の「アウトロー」も手がけたクリストファー・マッカリー。 約1500メートルの上空を飛ぶ軍用機のドア外部から機内に侵入するというアクションを、トム・クルーズ(イーサン・ハント)がスタントなしで演じているシーンが撮影時から話題になった。 共演はシリーズ出演3作目となるサイモン・ペッグ、前作から登場したジェレミー・レナーのほか、新ヒロインとしてスウェーデン出身のレベッカ・ファーガソンが参戦している。

【作品データ】
 原題:Mission: Impossible - Rogue Nation 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:パラマウント 上映時間:132分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:クリストファー・マッカリー  出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブレント)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト)、ビング・レイムス(ルーサー・スティッケル)、ショーン・ハリス(ソロモン・レーン)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンリー)ほか。

【あらすじ】
 正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。 拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。 拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る…。
 ミニオンズ







公開日: 2015年7月31日(金)

[] 先週の5位から3ランクダウン。

 ユニバーサル・スタジオ製作の大ヒットアニメ「怪盗グルー」シリーズに登場する人気キャラクター、、謎の生物ミニオンたちを主役に描いたアニメーション。 正体不明の愛くるしいキャラクター、ミニオンたちの秘密や、グルーとの出会いなどが本作で明らかになる。 ボイスキャストを務めるのは「ゼロ・グラビティ」などのオスカー女優サンドラ・ブロックや、「ニード・フォー・スピード」などのマイケル・キートン。 世界中を笑いの渦で包み込む、キュートなミニオンたちの知られざる謎に注目。

【作品データ】
 原題:Minions 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:91分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ  声の出演:スティーブ・カレル/笑福亭鶴瓶(少年期のグルー)、サンドラ・ブロック/天海祐希(スカーレット・オーバーキル)、ジョン・ハム/宮野真守(ハーブ)、マイケル・キートン/設楽統(ウォルター・ネルソン)、アリソン・ジャネイ/LiSA(マージ・ネルソン)、スティーブ・クーガン ほか。

【あらすじ】
 バナナに目がない不思議な黄色い生物ミニオンたちは、人類誕生よりもはるか以前に生息していた。 彼らの唯一の目的は、向かうところ敵なしのボスに従うことだったが…。
 カリフォルニア・ダウン







公開日: 2015年9月12日(土)

[ NEW ] 初登場9位にランクイン。 土日2日間で動員4万6468人、興収6316万9500円となった。

 カリフォルニアを襲う巨大地震の脅威を描くパニックアクション。 同地に実在するサン・アンドレアス断層が通る場所を舞台に、ゴールデンゲートブリッジの崩壊やフーバーダムの決壊など、未曽有の災害に見舞われた人々の姿を映す。 監督は、「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」でもドウェイン・ジョンソンと組んだブラッド・ペイトン。 西海岸一帯の崩壊や都市壊滅の様子、未曾有の事態に見舞われた人々の姿をシリアスに描き出した。 “ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、「スパイキッズ」シリーズなどのカーラ・グギーノ、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズなどのアレクサンドラ・ダダリオらが共演。

【作品データ】
 原題:San Andreas 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:114分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ブラッド・ペイトン  出演:ドウェイン・ジョンソン(レイ)、カーラ・グギーノ(エマ)、アレクサンドラ・ダダリオ(ブレイク)、ポール・ジアマッティ(ローレンス教授)、ヨアン・グリフィズ ほか。

【あらすじ】
 巨大地震が発生し、猛烈な揺れに襲われたカリフォルニア。 超高層ビル群やゴールデンゲートブリッジが次々と倒壊し、ロサンゼルスなどの大都市が相次いで壊滅。 救難活動に奔走するレスキュー隊のパイロット、レイ(ドウェイン・ジョンソン)はサンフランシスコに残された娘(アレクサンドラ・ダダリオ)の救出に向かうが…。
10  S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE







公開日: 2015年8月29日(土)

[] 先週の6位から4ランクダウンした。

 テレビドラマ「 S 最後の警官」の劇場版。 凶悪犯罪に対処し、犯人を生きたまま確保することを至上命題として設立された 警察庁特殊急襲捜査班NPS の活躍を描く小森陽一、藤堂裕によるコミックを、テレビドラマ版の続編として映画化。 今回は海上を舞台に、日本の治安維持のために尽力するSAT(警視庁特殊部隊)、SIT(警視庁特殊犯捜査係)、NPS(警察庁特殊急襲捜査班)の奮闘が描かれている。 監督はドラマ版のメイン演出を務めた平野俊一。 ドラマよりさらにパワーアップした主人公たちの活躍はもとより、予測不能の展開なども見どころとなっている。 向井理や綾野剛をはじめ、新垣結衣、吹石一恵、土屋アンナ、高嶋政宏らおなじみのメンバーが再集結した。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:120分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:平野俊一  出演:向井理(神御蔵一號)、綾野剛(蘇我伊織)、新垣結衣(林イルマ)、吹石一恵(棟方ゆずる)、土屋アンナ(横川秋)、辰巳琢郎(南郷雅文)、高嶋政宏(中丸文夫)、近藤正臣(霧山六郎)、オダギリジョー(正木圭吾)、大森南朋(香椎秀樹)ほか。

【あらすじ】
 既存の SAT と SIT 双方の特徴を併せ持ち、NPS こと警察庁特殊急襲捜査班が3番目の“S”として新たに設立される。 生死を問わず犯人を制圧する方法ではなく、生かしたまま身柄を確保するというポリシーを掲げた彼らの存在は世間の注目の的だった。 そんなある日、何者かによる立てこもり事件が起こり、NPSの神御蔵一號(向井理)らは現場に駆け付ける。 さらに太平洋沖にて輸送船が乗っ取られる事件まで発生し…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 2/17 - 2/18)
1位グレイテスト・ショーマン NEW!!
2位今夜、ロマンス劇場で
3位祈りの幕が下りる時
4 位 不能犯
5 位羊の木
6 位マンハント
7 位ジオストーム
8 位パディントン2
9 位スター・ウォーズ/最後のジェダイ
10 位 嘘を愛する女

▽最新記事
▽カテゴリ

▽来日記者会見

◎今週1位「グレイテスト・ショーマン」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年 2/27(火),3/1(木),
3/2(金),3/3(土)公開

▽Amazon アマゾン








▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]