ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2015 8/29 - 8/30)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(8/29 - 8/30)

  「テッド2」 が初登場首位、「ジュラシック・ワールド」 が2位 !!
 惜しくもトップ10入りを逃したが、人気漫画原作の自転車ロードレースアニメーション「劇場版 弱虫ペダル」(東宝映像事業部) が12位となった。 原作者の渡辺航が映画のために書き下ろしたオリジナル長編となっている。
興行通信社 [興行通信社調べ]
順位/作品題作品情報・コメント
1位 テッド2







公開日: 2015年8月28日(金)

[ NEW ] 初登場1位を獲得。 全国623スクリーンで公開され、土日2日間で動員30万7960人、興収4億4190万2000円をあげた。

 世界興収5億4000万ドル超というメガヒットを記録した「テッド」の続編。 命を宿したテディベアのテッドと親友のジョンが巻き起こす騒動を描いたコメディのシリーズ第2弾。 結婚して子供が欲しいと願うものの、それをかなえるには人間であることを証明しなくてはいけなくなったテッドたちが奔走する。 監督、脚本およびテッドの声を担当するのは、前作同様のセス・マクファーレン。 下ネタを織り交ぜたギャグの数々に笑いがこみ上げる。 ジョン役のマーク・ウォールバーグも続投し、サマンサ役で「マンマ・ミーア!」、「レ・ミゼラブル」などの人気女優アマンダ・セイフライド、オスカー俳優のモーガン・フリーマンらが新たに出演している。

【作品データ】
 原題:Ted 2 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:116分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 監督:セス・マクファーレン  出演:マーク・ウォールバーグ、セス・マクファーレン、アマンダ・セイフライド、ジョバンニ・リビシ、ジョン・スラッテリー、モーガン・フリーマン ほか。

【あらすじ】
 アルバイト先で出会った恋人タミ・リン(ジェシカ・バース)と愛を育み続け、ついに結婚を果たしたテッド。 幼いころからの親友ジョン(マーク・ウォールバーグ)との悪ふざけと新婚生活を楽しむ中、彼はタミ・リンとの子供を欲しいと思うように。だが、自分が縫いぐるみではなくて人間であることを証明しなければ子供を持てないと知った彼は、女性弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)のもとへ相談に。 そして、彼女とジョンの協力を得ながら、法廷に立って自分は人間だと証明しようとするテッドだったが…。
2位 ジュラシック・ワールド







公開日: 2015年8月5日(水)

[] 先週の1位から1ランクダウン。 公開4週目、土日2日間で動員30万0794人、興収4億7160万8300円をあげ、興収では「テッド2」を上回っている。 累計動員は475万人、累計興収は70億円を突破した。

 恐竜をテーマにした巨大テーマパークを舞台に、遺伝子操作によって生み出された新種の恐竜が脱走、人間や恐竜を襲うさまを臨場感たっぷりに描き出すアドベンチャー大作。 スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。 前作「ジュラシック・パークIII」以来14年ぶりの新作で、スピルバーグは製作総指揮を担当。 「彼女はパートタイムトラベラー」の新鋭コリン・トレボロウ監督がメガホンをとった。 驚異的なビジュアルやハイテンションな展開のサバイバルに注目。 オーウェン役に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、クレア役に「ターミネーター4」、「スパイダーマン3」のブライス・ダラス・ハワード

【作品データ】
 原題:Jurassic World 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:125分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:コリン・トレボロウ  出演:クリス・プラット(オーウェン)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア)、ビンセント・ドノフリオ(ホスキンス)、タイ・シンプキンス(グレイ)、ニック・ロビンソン(ザック)、ジュディ・グリア(カレン)ほか。

【あらすじ】
 世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。 知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい…。
3位 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション







公開日: 2015年8月7日(金)

[] 先週の2位から1ランクダウン。 累計興収40億円を突破した。

 大ヒットスパイアクション「ミッション:インポッシブル」のシリーズ第5作。 スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、仲間たちと協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅というハイレベルのミッションに挑戦する姿を活写する。 監督は、トム・クルーズ主演の「アウトロー」も手がけたクリストファー・マッカリー。 約1500メートルの上空を飛ぶ軍用機のドア外部から機内に侵入するというアクションを、トム・クルーズ(イーサン・ハント)がスタントなしで演じているシーンが撮影時から話題になった。 共演はシリーズ出演3作目となるサイモン・ペッグ、前作から登場したジェレミー・レナーのほか、新ヒロインとしてスウェーデン出身のレベッカ・ファーガソンが参戦している。

【作品データ】
 原題:Mission: Impossible - Rogue Nation 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:パラマウント 上映時間:132分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:クリストファー・マッカリー  出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブレント)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト)、ビング・レイムス(ルーサー・スティッケル)、ショーン・ハリス(ソロモン・レーン)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンリー)ほか。

【あらすじ】
 正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。 拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。 拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る…。
 ミニオンズ







公開日: 2015年7月31日(金)

[] 先週の3位から1ランクダウン。 累計興収45億円を突破している。

 ユニバーサル・スタジオ製作の大ヒットアニメ「怪盗グルー」シリーズに登場する人気キャラクター、、謎の生物ミニオンたちを主役に描いたアニメーション。 正体不明の愛くるしいキャラクター、ミニオンたちの秘密や、グルーとの出会いなどが本作で明らかになる。 ボイスキャストを務めるのは「ゼロ・グラビティ」などのオスカー女優サンドラ・ブロックや、「ニード・フォー・スピード」などのマイケル・キートン。 世界中を笑いの渦で包み込む、キュートなミニオンたちの知られざる謎に注目。

【作品データ】
 原題:Minions 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:東宝東和 上映時間:91分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ  声の出演:スティーブ・カレル/笑福亭鶴瓶(少年期のグルー)、サンドラ・ブロック/天海祐希(スカーレット・オーバーキル)、ジョン・ハム/宮野真守(ハーブ)、マイケル・キートン/設楽統(ウォルター・ネルソン)、アリソン・ジャネイ/LiSA(マージ・ネルソン)、スティーブ・クーガン ほか。

【あらすじ】
 バナナに目がない不思議な黄色い生物ミニオンたちは、人類誕生よりもはるか以前に生息していた。 彼らの唯一の目的は、向かうところ敵なしのボスに従うことだったが…。
 S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE







公開日: 2015年8月29日(土)

[ NEW ] 初登場5位にランクイン。 土日2日間で動員16万143人、興収2億393万2100円をあげた。

 テレビドラマ「 S 最後の警官」の劇場版。 凶悪犯罪に対処し、犯人を生きたまま確保することを至上命題として設立された 警察庁特殊急襲捜査班NPS の活躍を描く小森陽一、藤堂裕によるコミックを、テレビドラマ版の続編として映画化。 今回は海上を舞台に、日本の治安維持のために尽力するSAT(警視庁特殊部隊)、SIT(警視庁特殊犯捜査係)、NPS(警察庁特殊急襲捜査班)の奮闘が描かれている。 監督はドラマ版のメイン演出を務めた平野俊一。 ドラマよりさらにパワーアップした主人公たちの活躍はもとより、予測不能の展開なども見どころとなっている。 向井理や綾野剛をはじめ、新垣結衣、吹石一恵、土屋アンナ、高嶋政宏らおなじみのメンバーが再集結した。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:120分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:平野俊一  出演:向井理(神御蔵一號)、綾野剛(蘇我伊織)、新垣結衣(林イルマ)、吹石一恵(棟方ゆずる)、土屋アンナ(横川秋)、辰巳琢郎(南郷雅文)、高嶋政宏(中丸文夫)、近藤正臣(霧山六郎)、オダギリジョー(正木圭吾)、大森南朋(香椎秀樹)ほか。

【あらすじ】
 既存の SAT と SIT 双方の特徴を併せ持ち、NPS こと警察庁特殊急襲捜査班が3番目の“S”として新たに設立される。 生死を問わず犯人を制圧する方法ではなく、生かしたまま身柄を確保するというポリシーを掲げた彼らの存在は世間の注目の的だった。 そんなある日、何者かによる立てこもり事件が起こり、NPSの神御蔵一號(向井理)らは現場に駆け付ける。 さらに太平洋沖にて輸送船が乗っ取られる事件まで発生し…。
 バケモノの子







公開日: 2015年7月11日(土)

[] 公開8週目、先週の4位から2ランクダウンした。

 <渋谷の街>とバケモノたちが住まう<渋天街(じゅううてんがい)>という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描くオリジナル長編アニメーション。 監督・脚本は、「サマーウォーズ」、「おおかみこどもの雨と雪」などの細田守。 不幸な少年が身勝手なバケモノとの出会いにより成長し、絆を深めていく感動的な物語に期待。 声優には、渋天街のバケモノ・熊徹に役所広司、人間界の渋谷から渋天街に迷い込み、熊徹の弟子となって九太という名前を授けられる主人公の少年に宮崎あおい(少年期)と染谷将太(青年期)、ヒロインとなる少女・楓に広瀬すずと豪華キャストが集結している。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:119分

【スタッフ・ キャスト】
 監督・原作・脚本:細田守  声の出演:役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太…少年期)、染谷将太(九太…青年期)、広瀬すず(楓)、山路和弘(猪王山)、宮野真守(一郎彦…青年期)、山口勝平(二郎丸…青年期)、長塚圭史(九太の父)、麻生久美子(九太の母)、黒木華(一郎彦…少年期)、諸星すみれ(チコ)、大野百花(二郎丸…少年期)、津川雅彦(宗師)、リリー・フランキー(百秋坊)、大泉洋(多々良)ほか。

【あらすじ】
 人間界<渋谷>とバケモノ界<渋天街>は、交わることのない二つの世界。 ある日、渋谷にいた少年が渋天街のバケモノ・熊徹に出会う。 少年は強くなるために渋天街で熊徹の弟子となり、熊徹は少年を九太と命名。 ある日、成長して渋谷へ戻った九太は、高校生の楓から新しい世界や価値観を吸収し、生きるべき世界を模索するように。 そんな中、両世界を巻き込む事件が起こり…。
 インサイド・ヘッド







公開日: 2015年7月18日(土)

[] 先週と同じ7位をキープした。

 人間が抱く“感情”を主人公に描いたディズニー/ピクサーによるアニメーションの長編作品。 11歳の少女の頭の中を舞台に、喜び、怒り、嫌悪、恐れ、悲しみといった感情がそれぞれキャラクターとなり、物語を繰り広げる。 田舎から都会への引っ越しで環境が変化した少女の頭の中で起こる、感情を表すキャラクターたちの混乱やぶつかり合いなどを描く。 メガホンを取るのは、「モンスターズ・インク」や「カールじいさんの空飛ぶ家」などの監督ピート・ドクター。 成長という普遍的なテーマと子供の頭の内部という独創的で柔軟な世界が混じり合う、個性的な物語に注目。

【作品データ】
 原題:Inside Out 製作年:2015年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:94分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ピート・ドクター  声の出演:エイミー・ポーラー(ヨロコビ)、フィリス・スミス(カナシミ)、ルイス・ブラック(イカリ)、ミンディ・カリング(ムカムカ)、ビル・ヘイダー(ビビリ)、ダイアン・レイン(ママ)ほか。

【あらすじ】
 田舎町に暮らす11歳の女の子ライリーは、父親の仕事の影響で都会のサンフランシスコに移り住むことになる。 新しい生活に慣れようとするライリーの頭の中では、ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビビリ、ムカムカたちが、ライリーの幸せのためという強い気持ちが原因で衝突していて…。
 BORUTO -NARUTO THE MOVIE-







公開日: 2015年8月7日(金)

[] 先週の5位から3ランクダウンした。

 岸本斉史の大ヒットコミック『 NARUTO 』の主人公ナルトの息子ボルトが活躍する劇場版アニメ。 2014年11月の原作コミック連載終了後、同年12月に公開された劇場版前作「 THE LAST NARUTO THE MOVIE 」から始まった“ NARUTO新時代開幕プロジェクト”の集大成との位置付けで製作された劇場版で、原作者の岸本が自ら脚本、キャラクターデザイン、製作総指揮も担当。 ボルトをはじめ、サスケ、サラダらが織り成すストーリーが展開する。 監督は、過去作のキャラクターデザインを担当した山下宏幸。 ボルトの声を三瓶由布子が務めるほか、声優陣に菊池こころ、竹内順子、杉山紀彰らが名を連ねる。 父と息子の葛藤と愛情や、新世代の忍たちの戦いに注目。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:95分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:山下宏幸  出演:三瓶由布子(うずまきボルト)、菊池こころ(うちはサラダ)、竹内順子(うずまきナルト)、杉山紀彰(うちはサスケ)、木島隆一(ミツキ)ほか。

【あらすじ】
 七代目火影・うずまきナルトが統治する木ノ葉隠れの里。 新たな忍の育成を目的とした“中忍選抜試験”が開催されることになり、うずまきナルトの息子・ボルトら下忍は修行に没頭していた。 忙しくてなかなか一緒にいることができない父ナルトに反発するボルトは、ナルトのライバルで親友でもあるうちはサスケに弟子入りを志願。 そして中忍選抜試験の日。ナルトを亡き者にすべくモモシキとキンシキが現れ、ナルトは彼らが放った術によって行方がわからなくなってしまい…。
 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN







公開日: 2015年8月1日(土)

[] 先週の6位から3ランクダウン。

 人間を捕食する巨人と人類との壮絶な戦いを描いた諫山創の人気コミックを基に実写映画化したアクション大作。 100年以上前に出現した巨人が巨大な壁をぶち破り、再び侵攻してきたことから、巨人対人類のバトルが繰り広げられる。 既刊16巻が全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック『進撃の巨人』を実写映画化した2部作の前編。 「のぼうの城」、「巨神兵東京に現わる」、「日本沈没」の樋口真嗣監督がメガホンをとり、脚本には原作者の諫山とも交流のある映画評論家の町山智浩が参加。 原作にはないキャラクターも登場するなど劇場版ならではの展開や、巨人のビジュアルやすさまじいバトルの描写も見どころ。 エレンを「真夜中の五分前」などの三浦春馬が演じるほか、長谷川博己、水原希子、石原さとみ、國村隼といったキャスト陣が集結した。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:98分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督:樋口真嗣  出演:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、松尾諭(サンナギ)、渡部秀(フクシ)、水崎綾女(ヒアナ)、武田梨奈(リル)、石原さとみ(ハンジ)、ピエール瀧(ソウダ)、國村隼(クバル)、高橋みなみ、KREVA ほか。

【あらすじ】
 100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。 生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。 エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。 そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう…。
10  HERO







公開日: 2015年7月18日(土)

[] 先週の8位から2ランクダウンした。

 型破りな検察官・久利生公平が活躍する木村拓哉主演の人気ドラマ「 HERO 」の8年ぶりとなる劇場版第2作。 一つの交通事故の真相を巡り、大使館という捜査権の及ばない大きな壁にぶち当たった久利生公平と東京地検城西支部の面々の奮闘を描く。 監督は劇場版第1作、TV版第2期に引き続き鈴木雅之。 2014年に放送されたシーズン2のレギュラーキャストがそのまま出演するほか、大倉孝二、佐藤浩市がシリーズ初参加。 そして、シーズン1のヒロイン・雨宮舞子を演じた松たか子が8年ぶりに同役で復帰を果たしている。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:120分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:鈴木雅之  出演:木村拓哉(久利生公平)、北川景子(麻木千佳)、松たか子(雨宮舞子)、佐藤浩市(松葉圭介)、杉本哲太(田村雅史)、濱田岳(宇野大介)、正名僕蔵(井戸秀二)、吉田羊(馬場礼子)、田中要次(マスター)、勝矢(小杉啓太)、松重豊(川尻健太郎)、八嶋智人(遠藤賢司)、小日向文世(末次隆之)、角野卓造(牛丸豊)、大倉孝二(一ノ瀬隆史)ほか。

【あらすじ】
 ネウストリア大使館の裏通りで女性が車にはねられて死亡し、東京地検城西支部の検事・久利生(木村拓哉)は事務次官の麻木千佳(北川景子)とともに事故を起こした運転手を取り調べる。 そんな2人の前に、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れる。 死亡した女性が、大阪で検事として活躍している雨宮の追っていた事件の重要な証人だったことから、久利生と雨宮は事件の裏に何かがあると感じ、合同で捜査を開始する…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 10/13 - 10/14)
1位宇宙の法―黎明編― NEW!!
2位日日是好日 NEW!!
3位ルイスと不思議の時計 NEW!!
4 位 プーと大人になった僕
5 位劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~
6 位クワイエット・プレイス
7 位コーヒーが冷めないうちに
8 位パーフェクトワールド 君といる奇跡
9 位モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ
10 位カメラを止めるな!

▽最新記事
▽カテゴリ

▽スペシャルインタビュー映像

◎今週1位「宇宙の法ー黎明編ー」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
 10/19(金),10/20(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン








▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]