ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2015 1/17 - 1/18)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(1/17 - 1/18)

興行通信社調べ]
順位/作品解説
第1位 ベイマックス







公開日: 2014年12月20日(土)

[] 3週連続で首位を獲得。 1月18日までの累計動員が500万人、累計興収が64億円を突破している。

 孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描く長編アニメーション。 マーベルコミックスのヒット作『 Big Hero 6: Hiro and Tadashi 』を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。 マーベルコミックの登場人物を主人公とする初めてのディズニーアニメ映画。 架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。 監督は、「くまのプーさん」のドン・ホールと「ボルト」のクリス・ウィリアムズ。 随所にちりばめられた日本のカルチャーへのオマージュに加えて、白くて大きな体を持つベイマックスの愛らしさに注目。  短編アニメ「愛犬とごちそう」(6分)が同時上映される。

【作品データ】
 原題:Big Hero 6 製作年:2014年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:102分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ   声の出演:スコット・アツィット(ベイマックス) ライアン・ポッター(ヒロ)、T・J・ミラー(フレッド)、ジェイミー・チャン(ゴー・ゴー)、デイモン・ウェイアンズ・Jr.(ワサビ)、菅野美穂(キャスおばさん/日本語吹替)、小泉孝太郎(タダシ/日本語吹替)、川島得愛(ベイマックス/日本語吹替)、本城雄太郎(ヒロ/日本語吹替)ほか。

【あらすじ】
 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す…。
第2位 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!







公開日: 2014年12月20日(土)

[] 3週連続2位をキープ。

 2013年にニンテンドー3DSゲームとして登場して以来、爆発的な人気を誇る「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ。 テレビアニメの主人公ケータが、消えた妖怪ウォッチを追って60年前の過去へタイムスリップ。ウォッチ誕生の秘密が明かされるだけでなく、ノスタルジックな昭和が大人のハートも直撃する。 原作は、「イナズマイレブン」や「ダンボール戦機」などのヒット作を送り出してきたレベルファイブが2013年に発売したゲーム。 脚本を手掛けたのは、「ヤッターマン」や「機動戦士ガンダムAGE」などの加藤陽一。 主人公の声には戸松遥、妖怪の声を関智一らが担当する。 映画館のポスターをアプリで撮影すると予告映像が観られるなどメディアミックスならではの仕掛けも楽しい。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:97分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:高橋滋春、ウシロシンジ   声の出演:戸松遥(天野景太…ケータ)、小桜エツコ(ジバニャン)、関智一(ウィスパー)、梶裕貴(フユニャン)、奈良徹(熊島五郎太…クマ)、遠藤綾(木霊文花…フミちゃん)、佐藤智恵(今田干治…カンチ)、志村けん(マスターニャーダ)、片岡愛之助(ウバウネ)、島崎遥香(ユキッぺ)ほか。

【あらすじ】
 平凡な小学5年生の少年、ケータは不思議な腕時計・妖怪ウォッチを手に入れたことから、周りで騒動を起こす妖怪が目に見えるように。そんなある日、睡眠中のケータの腕から妖怪ウォッチが消えてしまう。その後、妖怪フユニャンと運命的な出会いを果たしたケータは、妖怪ウォッチを奪取するため、時を超えて60年前に向かう。しかし、そこには予想だにしない力を持つ敵が…。
第3位 映画ST赤と白の捜査ファイル







公開日: 2015年1月10日(土)

[] 2週連続3位。

 今野敏の小説『 ST 警視庁科学特捜班』シリーズを基にしたテレビドラマの劇場版。 個性あふれるメンバーが集う警視庁科学特捜班が、殺人容疑者となって逃亡するリーダーを追跡しつつ、事件の思わぬ真実を暴き出す。 監督は、「カイジ 人生逆転ゲーム」、「ガッチャマン」の佐藤東弥。スリリングなタッチはもちろん、捜査員たちの絆を見つめたドラマも見ものとなった。 「 DEATH NOTE デスノート」シリーズなどの藤原竜也、「アントキノイノチ」などの岡田将生のオリジナルキャストに加え、ユースケ・サンタマリア、安達祐実らも出演している。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:110分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:佐藤東弥   出演:藤原竜也(赤城左門)、岡田将生(百合根友久)、志田未来(青山翔)、芦名星(結城翠)、窪田正孝(黒崎勇治)、三宅弘城(山吹才蔵)、柴本幸(筒井桃子)、水上剣星(牧村真司)、ユースケ・サンタマリア(鏑木徹)、安達祐実(堂島菜緒美)、鈴木梨央(堂島椿)、田中哲司(菊川吾郎)、林遣都(池田草介)、瀬戸朝香(松戸紫織)、渡部篤郎(三枝俊郎)ほか。

【あらすじ】
 ある囚人の脱獄を画策したハッカー楠木(ユースケ・サンタマリア)の焼死体が見つかり、彼を殺したとして警視庁科学特捜班リーダーである赤城(藤原竜也)が逮捕。それを受けて特捜班は解散するも、拘置所から脱走した赤城を追うために百合根(岡田将生)をはじめとするメンバーが集められる。赤城は無罪だと信じて捜査にあたる百合根は、事件とフギンというコンピューターウイルスの関連に着目。同ウイルスについて知る女・堂島菜緒美(安達祐実)のもとへと向かうが、彼女は何者かにさらわれてしまう…。
第4位 烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE







公開日: 2015年1月17日(土)

[ NEW ] 初登場4位にランクイン。 全国301スクリーンで公開され、土日2日間で動員約8万4千5百人、興収約8648万円をあげた。

 2014年2月から放送のスーパー戦隊シリーズ「烈車戦隊トッキュウジャー」と、その前作「獣電戦隊キョウリュウジャー」がスクリーンで共演する劇場版。 “トッキュウジャー”と“キョウリュウジャー”が、力を合わせて悪の創造主“デビウス”に立ち向う姿を迫力満点に描き出すアクション。 地球の運命を左右する一大決戦に注目。 ライト(トッキュウ1号)を志尊淳、桐生ダイゴ(キョウリュウレッド)を竜星涼が熱演。 おなじみのキャストに加え、今回は人気お笑い芸人キャイ~ンの天野ひろゆきが声優として参加している。

【作品データ】
 製作年:2015年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:64分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:渡辺勝也  出演: 志尊淳、平牧仁、梨里杏、横浜流星、森高愛、長濱慎、竜星涼、山下真司[声]、天野ひろゆき[声]ほか。 ほか。

【あらすじ】
 宇宙ステーションが謎のエネルギー体に飲み込まれ、地球に落下。そこから謎の怪人が出現する。怪人に対して“トッキュウジャー”の攻撃もきかず、ピンチに陥るが、そこに現れた“キョウリュウジャー”たちが怪人を退治することに成功する。敵の正体が悪の創造主“デビウス”であることを教えられた“トッキュウジャー”は、“キョウリュウジャー”とともに戦うことを決意するが…。
第5位 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス







公開日: 2015年1月9日(金)

[] 先週の4位から1ランクダウンした。

 「踊る大捜査線」シリーズなどの本広克行監督が総監督、「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズなどの虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当した人気SFサスペンスTVアニメ「 PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版。 人間の心理状態や性格的傾向を計測し数値化できるようになった近未来を舞台に、凶悪犯罪に立ち向かう公安局刑事課一係の刑事たちの姿を描き出す。 キャラクター原案を手掛けた人気漫画家の天野明、監督の塩谷直義もTVシリーズから続投する。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝映像事業部 上映時間:113分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 総監督:本広克行 監督:塩谷直義  声の出演:花澤香菜(常守朱)、野島健児(宜野座伸元)、佐倉綾音(霜月美佳)、伊藤静(六合塚弥生)、櫻井孝宏(雛河翔)ほか。 ほか。

【あらすじ】
 西暦2116年、“シビュラシステム”を輸出し、世界に広げようと計画する日本政府は、内戦状態の SEAUn(シーアン=東南アジア連合)の首都シャンバラフロートにシステムを実験的に導入。しかし、SEAUn からテロリストが日本に密入国し、シビュラシステムの中枢に攻撃をしかけてくる。公安局刑事課一係の常守朱は密入国者たちと対峙するが、やがて彼らを裏で手引きしている人物の存在が浮上する。その人物は、公安局刑事課一係の執行官だった男で、常守朱のかつての仲間だった…。
第6位 96時間 レクイエム







公開日: 2015年1月9日(金)

[] 先週の5位から1ランクダウン。 

 リーアム・ニーソンが悪の組織から家族を守る無敵の父親に扮した人気サスペンスアクション「 96時間」のシリーズ第3作。 愛する家族の命を狙う犯罪組織を壊滅させた元CIA工作員ブライアンは、幸せな暮らしを取りもどそうとした矢先、元妻レノーアを何者かに殺されてしまう。元妻殺しの容疑者として警察からも追われる身となったブライアンは、娘キムを守るため、そして真実を暴いて復讐を果たすため、並はずれた肉体と頭脳を駆使して黒幕探しに奔走する。 たった一人の娘を守り抜こうとする父親がどのような戦いを繰り広げるのかに注目。 元妻レノーア役をファムケ・ヤンセン、娘キム役をマギー・グレイスが続投し、「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカーが新たに参加。 前作「 96時間/リベンジ」のオリビエ・メガトンが引き続き監督を務め、前2作も手がけたヒットメーカーのリュック・ベッソンが製作と脚本を担当している。

【作品データ】
 原題:Taken 3 製作年:2015年 製作国:フランス 配給:20世紀フォックス映画 上映時間:109分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:オリビエ・メガトン  出演:リーアム・ニーソン(ブライアン・ミルズ)、フォレスト・ウィテカー(ドッツラー)、ファムケ・ヤンセン(レノーア)、マギー・グレイス(キム)、ダグレイ・スコット(スチュアート・セントジョン)、サム・スプルエル(オレグ・メランコフ)、リーランド・オーサー(サム)ほか。

【あらすじ】
 かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、元CIA秘密工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)はロサンゼルスに戻り、再び家族の絆を取り戻そうとしていた。そんな折、前妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)が、彼の家で死体となって発見される。運悪く現場で警官と遭遇したブライアンは、殺人事件の容疑者として指名手配され…。
第7位 アゲイン 28年目の甲子園







公開日: 2014年12月17日(土)

[ NEW ] 初登場7位にランクイン。 土日2日間で動員約4万5百人、興収約5122万円をあげた。

 元高校球児たちが再び甲子園を目指す“マスターズ甲子園”を題材に描いた小説『アゲイン 28年目の甲子園』を映画化。 甲子園に再挑戦する大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を描く感動のヒューマンドラマ。 「風が強く吹いている」の大森寿美男が監督・脚本を手がけた。 「亡国のイージス」などのベテラン俳優中井貴一が主演を務め、亡くなったチームメイトの娘・美枝役に、「潔く柔く」の波瑠。 そして、柳葉敏郎や和久井映見らが脇を固めている。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:120分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:大森寿美男  出演: 中井貴一(坂町晴彦)、波瑠(戸沢美枝)、和久井映見(立原裕子)、柳葉敏郎(高橋直之)、門脇麦(沙奈美)、太賀(松川典夫)、工藤阿須加(坂町晴彦)、西岡徳馬(柳田健司)、村木仁(山下徹男)、堀内敬子(高橋夏子)ほか。

【あらすじ】
 ある日、晴彦(中井貴一)のもとを、高校時代共に甲子園出場を夢見た野球部仲間の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。彼女は東日本大震災で亡くなった父親の遺品の中から、束になって投函されずに残っていた年賀状を見つけ、晴彦のところへやって来たのだ。その後晴彦は、美枝がボランティアとして参加する“マスターズ甲子園”に誘われ、昔の苦い思い出が頭をよぎるも…。
第8位 アオハライド







公開日: 2014年12月13日(土)

[] 先週の7位から1ランクダウン。

 『別冊マーガレット』で連載の咲坂伊緒による人気コミックを、実写映画化した青春青春ラヴロマンス。 中学時代お互いに想いを寄せるも、離ればなれになってしまった男女が高校で再会したことから始まる恋模様を描く。 監督は、「ホットロード」、「陽だまりの彼女」の三木孝浩。 ロマンチックな物語に加え、オールロケを敢行して捉えられた富山と長崎の風景も見ものとなった。  ドラマやCMで活躍する人気モデルの本田翼と「クローズEXPLODE 」の東出昌大が共演。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:122分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:三木孝浩  出演:本田翼(吉岡双葉)、東出昌大(馬渕洸)、新川優愛(村尾修子)、吉沢亮(小湊亜耶)、藤本泉(槙田悠里)、千葉雄大(菊池冬馬)、小柳友(田中陽一)、高畑充希(成海唯)、岡江久美子(馬渕橙子)ほか。 ほか。

【あらすじ】
 中学時代、お互いに特別な思いを抱きながらも何も進展させることができないまま、離れ離れになった双葉(本田翼)と洸(東出昌大)。それをどこかで引きずりながら高校1年生になった双葉だったが、洸とまさかの再会を果たす。しかし、以前の彼からは想像もつかないそっけない態度や言動に戸惑いを覚えてしまう。それでも洸と向き合ううちに、ふと見せる昔のままの優しさに安堵(あんど)する双葉。やがて彼女は、自分の気持ちが再び洸に向き始めていることに気が付き…。
第9位 バンクーバーの朝日







公開日: 2014年12月20日(土)

[] 先週の6位から3ランクダウンした。

 1914~41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム“バンクーバー朝日( Vancouver Asahi )”の実話を映画化。 監督は、「舟を編む」、「ぼくたちの家族」の石井裕也。 製材所で肉体労働に就く野球チームのキャプテンを妻夫木聡が演じるほか、主人公の父親には佐藤浩市、チームのメンバーに亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮など野球経験のある俳優を多数起用。  体格で勝るカナダ人を相手に、力ではなく技術で立ち向かっていく彼らの姿に爽やかな感動を覚える。 当時の日本人街を再現した広大なセットも見どころとなった。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:132分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:石井裕也   出演:妻夫木聡(レジー笠原)、亀梨和也(ロイ永西)、勝地涼(ケイ北本)、上地雄輔(トム三宅)、池松壮亮(フランク野島)、高畑充希(エミー笠原)、宮崎あおい(笹谷トヨ子)、貫地谷しほり(ベティ三宅)、ユースケ・サンタマリア(堀口虎夫)、本上まなみ(杉山せい)、光石研(井上安五郎)、大杉漣(江畑善吉)、田口トモロヲ(松田忠昭)、徳井優(前原勝男)、鶴見辰吾(トニー宍戸)、石田えり(笠原和子)、佐藤浩市(笠原清二)ほか。

【あらすじ】
 1900年代初めのカナダ・バンクーバー。貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく…。
第10位 神様はバリにいる







公開日: 2015年1月17日 (土)

[ NEW ] 初登場10位にランクインした。 全国67スクリーンで公開され、土日2日間で動員約3万3千人、興収約4507万円。

ハウツー本『出稼げば大富豪』をベースに、失意の中、人生を変えるためにバリ島にやってきた元実業家の女性が、謎めいた日本人の大富豪アニキに出会い、数々の人生哲学を学んでいく様を実話を基に描く人情コメディー。 監督は、「デトロイト・メタル・シティ」などの李闘士男。 怪しい雰囲気漂う風貌でありながら周囲からの信望の厚い男を「俺はまだ本気出してないだけ」などの堤真一が怪演。 共演には「そして父になる」などの尾野真千子、「幕末高校生」などの玉木宏、初めて本格的な演技に挑戦するミュージシャンのナオト・インティライミらが揃った。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:ファントム・フィルム 上映時間:106分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:李闘士男  出演:堤真一(アニキ)、尾野真千子(祥子)、ナオト・インティライミ(杉田)、菜々緒(香奈)、玉木宏(リュウ)ほか。

【あらすじ】
 婚活ビジネスに失敗して多額の借金を抱えてしまった元起業家の祥子(尾野真千子)。失意のままにバリ島へやって来た彼女は、謎めいた日本人の大富豪アニキ(堤真一)と出会う。“爽やか”を自称しながらも胡散臭そうな雰囲気を醸しだしているアニキは、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。そんなアニキのもとでお金持ちになるための人生哲学を学び、再起を図ろうとする祥子だったが、アニキのあまりにも型破りな教えに次第に疑問を抱くようになり…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 12/8 - 12/9)
1位ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
2位ボヘミアン・ラプソディ
3位来る NEW!!
4 位 くるみ割り人形と秘密の王国
5 位機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)
6 位スマホを落としただけなのに
7 位人魚の眠る家
8 位ういらぶ。
9 位ヴェノム
10 位かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-

▽最新記事
▽カテゴリ

▽ジャパンプレミア 舞台あいさつ

◎今週1位「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
12/14(金),12/15(土),
12/16(日)
劇場公開

▽Amazon アマゾン





▽楽天市場 Rakuten





▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]