ホーム サイトマップ シネマ ランキング ギャラリー ミュージック アザー PC

(2014 12/20 - 12/21)

 ~ ロンリーBIGI ☆映画ランキング ~ ロンリBIGI バナー 2

▽日本国内 映画興行成績<動員>ランキング(12/20 - 12/21)

興行通信社調べ]
順位/作品解説
第1位 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!







公開日: 2014年12月20日(土)

[ NEW ] 初登場首位を獲得 !! 全国408スクリーンで公開され初登場首位を獲得。土日2日間で動員約148万5千人、興収約16億2889万円をあげ、東宝映画史上の初日2日間興収で新記録を達成した。

 2013年にニンテンドー3DSゲームとして登場して以来、爆発的な人気を誇る「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ。 テレビアニメの主人公ケータが、消えた妖怪ウォッチを追って60年前の過去へタイムスリップ。ウォッチ誕生の秘密が明かされるだけでなく、ノスタルジックな昭和が大人のハートも直撃する。 原作は、「イナズマイレブン」や「ダンボール戦機」などのヒット作を送り出してきたレベルファイブが2013年に発売したゲーム。 脚本を手掛けたのは、「ヤッターマン」や「機動戦士ガンダムAGE」などの加藤陽一。 主人公の声には戸松遥、妖怪の声を関智一らが担当する。 映画館のポスターをアプリで撮影すると予告映像が観られるなどメディアミックスならではの仕掛けも楽しい。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:97分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:高橋滋春、ウシロシンジ   声の出演:戸松遥(天野景太…ケータ)、小桜エツコ(ジバニャン)、関智一(ウィスパー)、梶裕貴(フユニャン)、奈良徹(熊島五郎太…クマ)、遠藤綾(木霊文花…フミちゃん)、佐藤智恵(今田干治…カンチ)、志村けん(マスターニャーダ)、片岡愛之助(ウバウネ)、島崎遥香(ユキッぺ)ほか。

【あらすじ】
 平凡な小学5年生の少年、ケータは不思議な腕時計・妖怪ウォッチを手に入れたことから、周りで騒動を起こす妖怪が目に見えるように。そんなある日、睡眠中のケータの腕から妖怪ウォッチが消えてしまう。その後、妖怪フユニャンと運命的な出会いを果たしたケータは、妖怪ウォッチを奪取するため、時を超えて60年前に向かう。しかし、そこには予想だにしない力を持つ敵が…。
第2位 ベイマックス







公開日: 2014年12月20日(土)

[ NEW ] 初登場2位にランクインした。 全国540スクリーンで公開され、土日2日間で動員約46万3千6百人、興収6億41万円をあげた。これは「アナと雪の女王」に次ぐ、ディズニー・アニメ映画史上第2位のスタートとなった。

 孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描く長編アニメーション。 マーベルコミックスのヒット作『 Big Hero 6: Hiro and Tadashi 』を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。 マーベルコミックの登場人物を主人公とする初めてのディズニーアニメ映画。 架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。 監督は、「くまのプーさん」のドン・ホールと「ボルト」のクリス・ウィリアムズ。 随所にちりばめられた日本のカルチャーへのオマージュに加えて、白くて大きな体を持つベイマックスの愛らしさに注目。  短編アニメ「愛犬とごちそう」(6分)が同時上映される。

【作品データ】
 原題:Big Hero 6 製作年:2014年 製作国:アメリカ 配給:ディズニー 上映時間:102分 映倫区分:G 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ   声の出演:スコット・アツィット(ベイマックス) ライアン・ポッター(ヒロ)、T・J・ミラー(フレッド)、ジェイミー・チャン(ゴー・ゴー)、デイモン・ウェイアンズ・Jr.(ワサビ)、菅野美穂(キャスおばさん/日本語吹替)、小泉孝太郎(タダシ/日本語吹替)、川島得愛(ベイマックス/日本語吹替)、本城雄太郎(ヒロ/日本語吹替)ほか。

【あらすじ】
 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す…。
第3位 アオハライド







公開日: 2014年12月13日(土)

[] 先週の1位から2ランクダウンした。

 『別冊マーガレット』で連載の咲坂伊緒による人気コミックを、実写映画化した青春青春ラヴロマンス。 中学時代お互いに想いを寄せるも、離ればなれになってしまった男女が高校で再会したことから始まる恋模様を描く。 監督は、「ホットロード」、「陽だまりの彼女」の三木孝浩。 ロマンチックな物語に加え、オールロケを敢行して捉えられた富山と長崎の風景も見ものとなった。  ドラマやCMで活躍する人気モデルの本田翼と「クローズEXPLODE 」の東出昌大が共演。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:122分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:三木孝浩  出演:本田翼(吉岡双葉)、東出昌大(馬渕洸)、新川優愛(村尾修子)、吉沢亮(小湊亜耶)、藤本泉(槙田悠里)、千葉雄大(菊池冬馬)、小柳友(田中陽一)、高畑充希(成海唯)、岡江久美子(馬渕橙子)ほか。 ほか。

【あらすじ】
 中学時代、お互いに特別な思いを抱きながらも何も進展させることができないまま、離れ離れになった双葉(本田翼)と洸(東出昌大)。それをどこかで引きずりながら高校1年生になった双葉だったが、洸とまさかの再会を果たす。しかし、以前の彼からは想像もつかないそっけない態度や言動に戸惑いを覚えてしまう。それでも洸と向き合ううちに、ふと見せる昔のままの優しさに安堵(あんど)する双葉。やがて彼女は、自分の気持ちが再び洸に向き始めていることに気が付き…。
第4位 バンクーバーの朝日







公開日: 2014年12月20日(土)

[ NEW ] 初登場4位にランクイン。 全国342スクリーンで公開され、土日2日間で動員約12万4千2百人、興収約1億5774万円をあげている。

 1914~41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム“バンクーバー朝日( Vancouver Asahi )”の実話を映画化。 監督は、「舟を編む」、「ぼくたちの家族」の石井裕也。 製材所で肉体労働に就く野球チームのキャプテンを妻夫木聡が演じるほか、主人公の父親には佐藤浩市、チームのメンバーに亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮など野球経験のある俳優を多数起用。  体格で勝るカナダ人を相手に、力ではなく技術で立ち向かっていく彼らの姿に爽やかな感動を覚える。 当時の日本人街を再現した広大なセットも見どころとなった。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:132分 映倫区分:G

【スタッフ・ キャスト】
 監督:石井裕也   出演:妻夫木聡(レジー笠原)、亀梨和也(ロイ永西)、勝地涼(ケイ北本)、上地雄輔(トム三宅)、池松壮亮(フランク野島)、高畑充希(エミー笠原)、宮崎あおい(笹谷トヨ子)、貫地谷しほり(ベティ三宅)、ユースケ・サンタマリア(堀口虎夫)、本上まなみ(杉山せい)、光石研(井上安五郎)、大杉漣(江畑善吉)、田口トモロヲ(松田忠昭)、徳井優(前原勝男)、鶴見辰吾(トニー宍戸)、石田えり(笠原和子)、佐藤浩市(笠原清二)ほか。

【あらすじ】
 1900年代初めのカナダ・バンクーバー。貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく…。
第5位 ホビット 決戦のゆくえ







公開日: 2014年12月13日(土)

[] 先週の3位から2ランクダウン。

 J・R・R・トールキンの「ロード・オブ・ザ・リング」3部作に続き、その物語の前日譚をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。 ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた竜の怪物や最大の敵サウロンとの死闘を繰り広げるさまを描く。 イアン・マッケランやマーティン・フリーマン、オーランド・ブルームなど豪華キャストが再集結。 壮大な世界観やクリーチャーなどのビジュアル、最後を締めくくる大スケールのバトルは必見となっている。 前作に引き続き、ガンダルフらおなじみのキャラクターも登場する。

【作品データ】
 原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies 製作年:2014年 製作国:アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:145分 上映方式:2D/3D

【スタッフ・ キャスト】
 監督:ピーター・ジャクソン   出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミテージ、エバンジェリン・リリー、リー・ペイス、ケイト・ブランシェットオーランド・ブルーム ほか。

【あらすじ】
 ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり…。
第6位 THE LAST NARUTO THE MOVIE







公開日: 2014年12月6日(土)

[] 先週の2位から4ランクダウンした。

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1999年から14年まで15年にわたり連載され、日本はもとより海外でも高い人気を誇る岸本斉史のコミック『 NARUTO―ナルト―』の劇場版アニメーション最終作(劇場版第10弾)。 原作の後日談となり、成長した主人公ナルトの物語が描かれる。 前作「 ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE- 」に引き続き、原作者の岸本斉史が自らキャラクターデザイン、ストーリー監修を担当した。 監督は、「劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝」の演出を手がけた小林常夫。 シリーズは終焉を迎えるのか?その行方が気になる1作となっている。 テレビ東京 開局50周年記念作品。  

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝

【スタッフ・ キャスト】
 監督:小林常夫  声の出演:竹内順子(うずまきナルト)、中村千絵(春野サクラ)、森久保祥太郎(奈良シカマル)、日野聡(サイ)、水樹奈々(日向ヒナタ)、井上和彦(はたけカカシ)、杉山紀彰(うちはサスケ)ほか。

【あらすじ】
 月が地球に異常接近し、このままでは隕石となって地上に降り注ぐという緊急事態が発生。ナルトがその危機に立ち向かう…。
第7位 ゴーン・ガール







公開日: 2014年12月12日(金)

[] 先週と同じ7位をキープした。

 結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。理想の夫婦が抱える秘密を暴く。 アメリカの女性作家ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。 監督は、「セブン」、「ソーシャル・ネットワーク」の鬼才デビッド・フィンチャー。 主演はオスカー受賞作「アルゴ」など監督業でも活躍するベン・アフレック、妻には「アウトロー」などのロザムンド・パイクが扮する。

【作品データ】
 原題:Gone Girl 製作年:2014年 製作国:アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 上映時間:148分 映倫区分:R15+

【スタッフ・ キャスト】
 監督:デビッド・フィンチャー  出演:ベン・アフレック(ニック・ダン)、ロザムンド・パイク(エイミー・ダン)、ニール・パトリック・ハリス(デジー・コリンズ)、タイラー・ペリー(ターナー・ボルト)、キム・ディケンズ(ボニー刑事)ほか。

【あらすじ】
 幸福な夫婦生活を送っていたニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)。しかし、結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが、メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる…。
第8位 寄生獣







公開日: 2014年11月29日(土)

[] 先週の6位から2ランクダウン。

 人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物“パラサイト”たちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げるというSFサスペンス2部作の前編。 1990年代に一世を風靡した岩明均の伝説的人気コミック『寄生獣』を実写映画化。 監督は、「永遠の0 」の山崎貴。 脚本は、「 ALWAYS 三丁目の夕日」や「探偵はBARにいる」など人気シリーズを手掛ける古沢良太。 VFXを駆使した“パラサイト”の変形や人間捕食の描写、スリリングな物語に引き込まれる。 主演を務める「ヒミズ」などの染谷将太を筆頭に、「悪人」などの深津絵里や橋本愛、東出昌大ら実力派俳優・女優が揃った。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東宝 上映時間:109分 映倫区分:PG12

【スタッフ・ キャスト】
 監督:山崎貴  出演:染谷将太(泉新一)、深津絵里(田宮良子)、阿部サダヲ(ミギー)、橋本愛(村野里美)、東出昌大(島田秀雄)、大森南朋(倉森)、北村一輝(広川剛志)、ピエール瀧(三木)、新井浩文(浦上)、國村隼(平間警部補)、余貴美子(泉信子)、浅野忠信(後藤)ほか。

【あらすじ】
 ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操り、他の人間を捕食する“パラサイト”と呼ばれる謎の寄生生物が出現。平凡な高校生活を送っていた泉新一(染谷将太)も、一匹のパラサイトに襲われる。しかし、新一の脳を奪うことに失敗した“パラサイト”は、そのまま右腕に寄生し、自らを“ミギー”と名乗って新一と共生することに。当初は困惑した新一も、次第にミギーに対して友情に近い感情を抱くようになるが、やがて“パラサイト”と人間とが殺し合う事態が発生。新一と“ミギー”もその争いに巻き込まれていく…。
第9位 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル







公開日: 2014年12月13日(土)

[] 先週の4位から5ランクダウンした。

 「仮面ライダー」シリーズ最新作とその前作の2作品がクロスオーバーする「MOVIE大戦」第6弾。 仮面ライダーでありながらバイクではなく自動車に乗るという設定が話題の「仮面ライダードライブ」と、14年9月まで放送されていた前作「仮面ライダー鎧武(ガイム)」がクロスオーバーする特撮アクション。 強大なパワーを持つ謎の機械生命体を前に立ち上がった鎧武らと、仮面ライダーの称号を手にしようとする怪盗アルティメット・ルパンを追うドライブが、人類の未来を懸けた戦いを挑む。 各作品の主要キャラを演じる竹内涼真と佐野岳のほか、怪盗ルパン役でピースの綾部祐二が出演。 劇場版ならではのコラボレーションと、ド派手なアクションシーンには目を奪われてしまう。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:93分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:柴崎貴行   出演: 竹内涼真(泊進ノ介/仮面ライダードライブ)、佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武)、 内田理央(詩島霧子)、クリス・ペプラー(ベルトさん[声])、吉井怜(沢神りんな)、浜野謙太(西城究)、井俣太良(追田現八郎)、片岡鶴太郎(本願寺純)ほか多数。

【あらすじ】
 星と融合する謎の機械生命体メガヘクスが地球に迫り、その危機に対してドライブ(竹内涼真)や鎧武(佐野岳)ら仮面ライダーたちが集結するが、完全体となったメガヘクスは彼らの前に意外な存在を出現させる…。
第10位 劇場版アイカツ!







公開日: 2014年12月13日(土)

[] 先週の5位から5ランクダウン。

 データカードダスやテレビアニメで小学生女子を中心に人気の「アイカツ! 」初の劇場版アニメ。 カードを使用して、衣装や特殊な音響・映像空間を作り出す総合舞台演出システム“アイカツシステム”と、芸能生活を送るアイドルたちに憧れる少女たちの新たなストーリー。 アイドル養成の名門校・スターライト学園や、ライバル校のドリームアカデミーの生徒など、アイドルたちが総登場する。

【作品データ】
 製作年:2014年 製作国:日本 配給:東映 上映時間:89分

【スタッフ・ キャスト】
 監督:木村隆一  声の出演:諸星すみれ(星宮いちご)、田所あずさ(霧矢あおい)、大橋彩香(紫吹蘭)、黒沢ともよ(有栖川おとめ)、沼倉愛美(藤堂ユリカ)ほか。

【あらすじ】
 トップアイドルを目指してアイドル活動(アイカツ!)をしてきた星宮いちごは、自身が主役のライブを開催できることになり、ライブタイトルを“大スター宮いちごまつり”に、会場はトップアイドル・神崎美月のライブを初めて見た“スターライズスタジアム”に決める。ライブを成功させればトップアイドルになれるかもしれない大チャンスに、親友の霧矢あおいや紫吹蘭もいちごを全力でサポートする…。

スポンサーサイト
▽今週の観客動員数 TOP10

(2018 10/20 - 10/21)
1位宇宙の法―黎明編―
2位億男 NEW!!
3位日日是好日
4 位 ルイスと不思議の時計
5 位プーと大人になった僕
6 位魔法少女リリカルなのは Detonation NEW!!
7 位クワイエット・プレイス
8 位劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~
9 位名探偵コナン ゼロの執行人 NEW!!
10 位パーフェクトワールド 君といる奇跡

▽最新記事
▽カテゴリ

▽スペシャルインタビュー映像

◎今週1位「宇宙の法ー黎明編ー」をピックアップ!!

▽スポンサー ド リンク
▽今週公開の映画 - 映画.com


2018年(平成30年)
 10/26(金),10/27(土)
劇場公開

▽Amazon アマゾン








▽RSSフィード
 
忍者AdMax
角川映画 松竹 東映 東宝 日活 FOX JAPAN
映画館に行こう!

ホームへ戻る

[PV]